第42節

 さーて、どうしようかな。考える時間を稼ぐか。


「おい瀬良木。ここだと望月さんが寝てるから、戦いにくいだろ」

「そうだな。日没までは、起こしたくねえ」

「じゃあ場所を変えようぜ」


 俺は右手の親指で、二棟の屋上を指す。

 望月さんを残して、俺たちは、屋上伝いに東側の渡り廊下を歩き出した。


 幻銭を飲み込んでしまった以上、吐き出すしかないわ。でもここで吐くと、瀬良木に奪われる恐れがある。嘔吐しても幻銭が出てくるとは限らんけど、まずは出さんと消費できんよな。

 戦う前に、遠いとこまで飛んでって、吐くとするか。


 二棟に差し掛かり、瀬良木が背を向けて、西へ徐々に離れていく。その隙に俺は魔道で、屋上から飛び立った。フェンスの上を通過する間際――

 俺は顔面に衝撃を受けて、移動を止めた。一見、前方に障害物は一切無い。両手を伸ばしてみると、見えない壁のようなものが確認できた。硬い感触だ。


 何だこりゃ。出られんがな!


「おおっ、浮いてやがる。何してんだ古森。空中でパントマイムの練習か」


 瀬良木を見下ろす。彼は俺の魔道に、さほど驚いていない模様。顔つきに、余裕すら感じる。


「どこかへ移動して、幻銭を吐き出して、何らかの手段で消費するつもりか。だが残念だったな、屋上からは逃がさねえぜ」

「この壁みたいなのは、お前の仕業か」


 瀬良木は左掌を、今渡ってきた方に向けた。


「雨季の一刻いっこく水幕すいまく


 二棟と渡り廊下の、境目が一瞬壁でもできたように光った。瀬良木は続けて、西側の渡り廊下と、二棟の塔屋にも、掌を向ける。それぞれに同様の現象が見て取れた。


「大気中に含まれてる水分の位置を強制的に固定して、障害物を作れる天術だ」

「なっ……。外周のは、いつの間に作ったんだ」

「今日の昼休憩だ。屋上全体を包んである。フェンスから反対側のフェンスまでを、ドーム状の屋根が覆ってると思えばいい。校舎の外はおろか、中庭にも行けねえぜ。そして今、二棟の逃げ道を塞いだ。渡り廊下も、塔屋のドアもな」


 用意周到な野郎だ。


「今朝望月に聞いた話だが、新星は超新星スーパーノヴァっていう魔道とやらをできたんだろ。オマエも似たような魔道を使える可能性があったから、オレは予め手を打っておいたんだ。屋上に閉じ込めて、オレと戦わざるを得ない状況に、追い込む為にな」


 俺は、瀬良木との間合いを取って、屋上に降り立った。


「俺にここから脱出する方法を教えろ」

「オレを気絶させれば、水幕は消えるぜ。とはいえオマエには到底無理だろう。さっさと幻銭をよこせ。そうすりゃ少なくとも今日は生き延びられるぞ」

「そんなに欲しいなら、力ずくで奪い取ったらどうだ」

「オレは急いで分捕る必要なんてねえんだよ。日が沈んだ後、オマエの死体から幻銭を抜き取りゃいいんだからな。もしも途中で望月が起きて、こっちに侵入できたとしても、また寝てもらうまでだ」

「俺の体から、幻銭を抜き取る? 果たして、取れるかなぁ」

「どこに仕舞ってても無駄だ。オレの天眼で見つけてやる」

「勝手に覗くなって言っただろ。うわ、見てやがるんだな。覗き魔」


 互いに一歩も動かない。俺は、不用意に近寄るのをためらっていた。


「どうした古森。オレは今、隙を見せてんだぜ。かかってこねえのか。オマエが、学生寮に住んでるから、暴力沙汰を起こしたくねえってのは、オレも知ってる。だが気にすんな。んなことチクるようなセコいマネをするタチじゃねえよ」

「近づいたら、水鉄砲みたいなの撃つんだろ」

「抜水って呼べ。さっき間近でオマエの額に撃った時は、手加減してやった」


 あの天術は、間合いが短いほど、威力が高そうだ。全力で撃ったのを、至近距離でくらったら、致命傷になるかもしれん。


 瀬良木の表情が険しくなっていく。


「古森。幻銭をどこに隠した」

「おやおや。天眼で見つけるんじゃなかったのか」

「屋上のどっかに隠したようでもなさそうだな。……オマエ、まさか」


 瀬良木の視線が、俺の胴体に向けられた。彼は唖然とした顔になる。


「なぁ古森。オマエの胃袋は、貯金箱か」

「この歳で胃カメラは御免だわ」


 早くもバレちまったか。


「わざと飲み込んだのか」

「誤飲だ。さっきの儀式で、キャッチする時に掴み損ねて、口の中に入ったんだ」


 瀬良木は納得の声を漏らす。彼はこちらに歩き出した。後ずさりする俺。


「そう警戒すんな。ちょっと見せたいものがある」

「な、何をする気だっ」

「時空走のことは、望月から聞いたんだろ。手を出せ」

「んん、罠じゃないだろうな」

「んなことしねえよ」


 瀬良木の左手が、俺の右手を、むんずと掴んだ。

 消える物音。際立つ鼓動。止まった景色。時空走をしたようだ。手が放される。


「付いてこい」


 瀬良木に促され、中庭側の隅に歩み寄った。彼は、フェンスに向けて左手を上げる。


「雨季の三刻・抜水」


 人差し指から猛烈な勢いの水を射出している状態で、振り下げて、U型の軌道で振り上げた。飛沫が辺りを濡らす。ストライプフェンスの上下が二箇所ずつ切断され、H型の棒となって抜け落ちた。水を止めた瀬良木が、掴み取る。


「受け取れ」


 放り投げられた、フェンスの一部。俺は両手で掴んだが、ずしりと重い。


「そんな硬い金属でも、抜水で切断できるんだ。オマエの胴体もろとも胃を真っ二つにするのは、簡単なことだぜ」

「実演する為に、わざわざ時空走したのか」


 お。この棒、武器として使ってみよ。瀬良木め、迂闊だったな。


 俺は頭上に棒を構え、瀬良木を目掛けて振り下ろす。

 ところが彼は微動だにしない。俺は躊躇する。重くて寸止めできそうにない。棒の軌道を逸らし、空振りした。


「ん、どうしたってんだ古森。不意打ちするチャンスだったのによ」

「……よけるかガードぐらいしろよ。こんなもん頭にくらったら、最悪死ぬだろ」


 俺は、瀬良木を殺す気は無い。こいつが死んだら望月さんは、きっと悲しむ。彼女に、嫌われたくないし、恨まれたくもない。


「遠慮せずに、ぶちかましてみろよ。その一撃は、無防備で受けてやる」


 どういうつもりだ。まぁ、言動から察するに、こんなもんで叩いても死にはせんのだろう。

 殺す必要は無い。気絶させればいいんだ。お言葉に甘えて、やってみるか。


「後悔するなよ!」


 俺は再び棒を構え、全力で振り下ろす。槌状になった先端を、瀬良木の脳天に叩き込んだ。

 ――が。瀬良木は、首を少々傾け、突っ立っている。棒を当てたまま愕然とする俺。


「ブルんでる天道使は、己が受けたあらゆる有害なエネルギーの、大部分を精気に変換して、周囲に拡散する。但し、天道と無彩虹は例外だ。望月から教わらなかったのか?」

「初耳だ」

「魔道は、効くのか否か、気になるところだ」


 俺は棒を下げ、足元に突き立てた。瀬良木の頭部に、出血は見られない。


 単なる攻撃は、通用しないわけか。


 俺は、ふと思い出す。昨日屋上にてブルム中の望月さんを突き飛ばしたことが、脳裏をよぎったのだ。


 魔道を使いながら攻撃すれば、効くんだろう。


 俺たちの居場所と体勢が、時空走を開始した時の状態に戻った。瀬良木が手を放す。中庭側を向く俺。切り取られたフェンスは、元通りになっていた。俺は、あたふたと間合いを取る。


「望月に免じて、オマエが生存中は、切断や貫通をやめてやる。日没まであと僅か。間もなくオマエは死ぬ。只な、日が落ちるまで呑気に待ってるのは退屈だ。――そこでだ」


 瀬良木はブレザーを脱いで、傍らに投げ捨てた。普段と同じく、ネクタイは緩んでおり、Yシャツは第一ボタンが開けてあり、裾はズボンに入れていない。


「オマエに戦う意思がねえなら、今ここでオマエを殺す。生き延びたけりゃ――」


 瀬良木がダッシュで迫る。


「オレを倒してみやがれ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます