第9節 処女を貫く! 汚れ無き魔法使い

 語り終える望月さん。横は向かず、終始話を聞いていた新星さん。俺は口を挟まず、望月さんの話に耳を傾けながら、目を左右に何度も往復させていた。


 新星さん、どんな反応するかな。


「珠やん、昨日ウチから受け取ったギザ十、まだ持ってる?」

「うん。大事に持ってるよ」

「このガッコは、生徒がオクジョに行けるんやろか」

「既に気づいてると思うけど、屋上へ続く階段はある。只ね、望月さんがうちの担任に聞いてみたところ、生憎屋上は生徒の立ち入りが禁止だってさ。ドアには鍵が掛かってる」

「そう……。難儀やなぁ。皆の条件を満たさなぁ、願いは叶わへんのやろぉ」


 新星さんはメモ紙を机に置いた。右手を顎に当てて、考え込む仕草。


「その様子だと新星さんは、オテント様の効果を信じるのかな」

「どっちとも言えへんわ。実際にしてみて効果が現れたら信じる」

「さっき殴ってきたくせに、今は意外と冷静なんだね」

「詳しい話を聞いてみて、期待外れなんよ。願いが叶うかは、よう分かれへんなんて、胡散臭いわぁ。そやかて、行方不明の件は気になるんよ。ともあれ、この儀式いっぺんしてみたいわぁ。十代の人間と、ガッコのオクジョっちゅう条件もあるんやし」


 この人、現実的な考え方もするんだな。共感できる意見だ。


「なぁ、絵利果」


 呼ばれた彼女は、両肘を机につき、組んだ両手の上に顎を乗せている。


「口外を控えるような話やのに、何でウチに教えてくれたん」


 望月さんは、顔を新星さんに向けたまま、俺をチラチラと見る。


「ある少年に、緩菜さんの願いを叶えさせてあげたい、と熱望されてな」


あぁっ、望月さんっ。


「やっ、やぁん。その少年っちゅうのは、一体誰のことやろかぁ。なぁ珠やん」


 もう気づいてるじゃねーかよ。


 新星さんは席を近づけ、俯く俺の顔を覗き込み、優しく話し掛ける。


「珠やんは、ウチの願いを叶えたいん? なぁ、恥ずかしがらんと、言うてみ」

「……うん」

「いややわぁ! さぶいぼ出るわ! さすが童貞やな」

「童貞なのは関係無いでしょっ」

「ふぅん。古森君、童貞なのか」


 望月さん、それは軽蔑の眼差しですか。分からん。この人の心はイマイチ読めない。ていうか俺は他人の胸中なんて読めん。超能力者じゃあるまいし。


「あんたは何で、ウチの願いを叶えたいんよ」

「君が魔法使いになりたいって言うからだよ。最初は冗談かと思ってたけど、どうやら本心みたいだし。どんな魔法なのか、俺も興味あるんだ。もちろん、本当に願いが叶うんだったらの話だよ」

「緩菜さんは、なぜ魔法使いになりたいのだ」


 俺も知りたい。新星さんが魔法使いになりたがる理由。


「ひと言でいうと、便利やろうからよ」


 新星さんは、冷めた顔で語り始めた。


「ウチな、小学生の頃からケータイ持ってるんよ。自分が望んだんやなくて、親から持たされてな。犯罪の被害防止の為やって。要するに、誘拐とか、万が一に備えてのことよ」


 幼い頃から、さぞかし可愛らしい女の子だったんだろう。両親、特に父親は心配するわな。


「ほんでな、ケータイ持ってると、いずれはネットを始めるやろ。『れいちゃんねる』とか見るようになるわけよ」


 零ちゃんねる――インターネットのウェブサイトの一つ。日本最大の規模を誇る、電子掲示板サイトである。匿名の人々が、あらゆるジャンルに於いて、本音や裏話等をぶつけ合うことから、テレビでは見聞きできない、つまりテレビには存在しないチャンネル――いわばれいチャンネル――即ち、零ちゃんねる、と名づけられたサイトだ。略称は、零ちゃん。


「緩菜さんも、ちゃねらーか。人は見かけによらないな」


 ちゃねらー――零ちゃんねるユーザーの、通称である。


「そやろか? 絵利果は見てるん」

「私は、それなりに」

「珠やんはいかにも、ちゃねらーっちゅう感じよな。オタクっぽいもん」

「オタクっていう呼び方は、やめて。確かに、毎日閲覧してるけどさ。俺のことはいいから、話の続きどうぞ」

「よう零ちゃんとかで、童貞が三十歳になったら魔法使いになれるっちゅうやろ」

「しかしそれは、いわゆる都市伝説だろ。三十路になっても性行為の経験が無い男性に対する、皮肉を込めたブラックジョークではないのか。私はそう認識している」

「ウチは、物心ついた頃にその伝説を知ったから、頭ん中に染み付いてるんよ。一部の、鳥類や哺乳類でいう、刷り込みに、近いもんがあると思うわ」


 自身の生後初めて見た、生き物を、自分の親だと思い込んで、一生涯持続する習性だろ。雀百まで踊り忘れず、か。この人、目のでかさは日本人離れで、脳内は人間離れしてやがる。


「緩菜さんは女子なのだから、童貞云々は、関係の無いことだろ」

「処女も三十歳になったら、魔法使えるんやないかと思たんよ」

「なぜ魔法に拘るのだ」


 頬杖をつく新星さん。まぶたが目を若干覆った。


「ウチな、幼い頃は、よう男子からちょっかいを出されてたんよ」

「あぁ、私も経験がある。昔は、何かと男子に嫌がらせをされていたものだ」

「絵利果もそうなん? 悪ガキ男子って、何であないな態度なんやろな。腹立ったわぁ」


 やっぱり二人ともモテモテだったんだな。幼少期の男子って、そういう生き物だから。俺の場合は、女子を構うより、インドアの娯楽に没頭してきたけど。


「童貞魔法使い伝説を知ったウチは、その男子らを、魔法で懲らしめたいと思うようになったんよ。尤も、童貞を羨む気持ちもあったわ。憎たらしい反面、羨ましい、そないなジレンマが、当時小学生のウチに、大きな影響を与えたんよ。処女も魔法使いになれたらええのに、ちゃう、なれるかもしれへんってな」


 新星さんは両手で握り拳を作り、机に置いた。


「いつしかウチは、処女を貫くと決意したわ。恋もしいひんようになって、ウチに言い寄ってくる男子らも全員フった。恋愛してると、やがて処女を卒業することになるから。今や、恋愛は汚らわしい行為っちゅうイメージよ。けがれのあらへん人が、魔法使いになれるんよ」


 恋愛しないっていう点は俺と似てるけど、理由は全く別だな。

 話を聞いてると、点と点が線で結ばれていく感じだ。この人、俺の心に五芒星でも描く気か。


「男子が言い寄ってくるということは、やはり緩菜さんはモテるのだな」

「ガッコの中だけやなくて、外でもな。ウチ街中歩いてるとな、ようナンパされるんよ。もちろん断ってばかりやけど。中にはしつこい奴とか強引な奴とか居てな、魔法で懲らしめて追っ払えたら、さぞ快適やろうって思うわ。そやから余計魔法使いに憧れるんよ」

「成る程。緩菜さんのルックスなら、黙っていても男が寄ってくるだろうからな」


 黙ってる方がいい女、ってやつかもしれんけどな。喋るとアレだから。


「絵利果はどうなん。ウチの想像やと、昔から結構ちやほやされてきはったんやないのぉ」

「私は、街中で声を掛けられたことは何度かある。学校では、さほどモテなかった」

「へぇー。モテることを全面的には否定しいひんのな。隅に置けへんなぁ」

「緩菜さんも否定しなかっただろ」

「だって事実なんやもん。変に謙遜するのも嫌やし。そやからって、自慢するつもりで言うてるんやないわよ。まぁ、十五年後は今ほど需要が無いやろうけど、魔法があると心強いわ」


 話のレベルが高すぎる。俺が割って入る余地は無い。早く話題変われ。


「ナンパ対策に限らず、魔法が使えると色んなことに応用が利きそうやんな。ちゅうても、どないな魔法が使えるんか、分かれへんから、何とも言えへんわ」


 そろそろ俺入っていいかな。よし、今だ。


「俺は別に、新星さんの願いだけを叶えたいわけじゃないよ。自分の願いもだ」

「あんたの願いって何なん」


 言葉に詰まる。新星さんの、吸い込まれそうな瞳。俺は逃げるように顔を背けたが、望月さんに捕まった。


「私も興味あるな。古森君の願い。てっきり緩菜さんの願いだけ叶えるものと思っていたぞ」


 美少女二人にじっと見つめられ、敢え無く観念した。


 胸張って言えることじゃないんだけどな。……控えめに伝えてみるか。


 目が泳ぐ俺。右手の人差し指と親指で輪を作り、白状する。


「これ」


 俺のジェスチャーを目にした新星さんは、眉間に皺を寄せ、望月さんに問い掛ける。


「何やろ。アリさんでも摘まんではるんかな」

「金だよ金っ。大金が欲しいのっ」


 俺がアリに関するどんな願いを叶えようってんだ。


「なぁんや。しょうもない。どうせならお金で解決でけへんようなことを願えばええのに」

「同感だ。ロマンより安定を採るか。近頃の男子は不甲斐ないことだ」


 酷い言われようだな。世の中金だろーが。女子と男子では、価値観が違うのかな。


「最も実用的な願いだと思うのに」

「確かに、堅実ではあるな。……む、まて古森君。その願いは叶わないぞ」

「えっ、何でダメなの」

「オテント様では、物欲に関する願いは無効なのだ。金銭は物に含まれる」


 メモ紙にはそんな注意書きもあったな。金儲けには使えないってことか。畜生。


「じゃあ、他の願いでも考えておくわ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます