知りすぎていた男編①

昔、僕が小学生だったころ、うちの父親はパチンコが大好きでした。

朝10時開店なのに、朝8時過ぎに家を出る。

そんな父親に、疑問に思い聞いてみた。


「お父さん、パチンコ打ちに行くのに、なんでこんなに早く出て行くの?」


すると父親は言った。

「いや、そこのパチンコ屋の店員と、朝、喫茶店に行くねん。コーヒーご馳走したら、出る台教えてくれるねん!」


へえー。

パチンコ屋の店員は、出る台がわかるのか。

そして、父親がコーヒーをご馳走するんだ。

幼い頃、僕はそう記憶した。


そして時は流れ、僕は成人し、パチンコ屋でアルバイトとして働きだす。

なんだ。出る台なんて、てんでわからないじゃないか。

毎日お客さんのドル箱の上げ下げや接客ばかり。

出る台なんて、わからない。

わかるはずがない。


そして、その数年後、僕はとあるパチンコ屋のお店で平社員をしていた。


その時に起こった事件。

その出来事。


結論から言うと、パチンコ屋の店員は、出る台がわかる時がある。

出る可能性の高い台がわかる事がある。


でも、


知ってはいけないのだ。


知らない方が幸せなのだ。


・・・すべては、あの時。


今回のお話は、最もパチンコ屋で、ダークなお話になっていきます・・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます