新たなる希望編④

その店はうちの店と同じ会社の系列店で、いわば姉妹店だった。

だけど良い噂を聞かなかった。

お客さんもうちより入っていなかったし、そこのスタッフも、挨拶してくる人がいなかった。


ある日、店長から呼ばれる。

「隣の店に、行ってくれへんか?」


はい?耳を疑った。

聞くと、そこの社員が突然辞めてしまって、究極に人手不足なのだという。

僕に期待をかけて転勤を決めたのだという。


急遽転勤が決まり、最後の日に店長がまたご飯に連れて行ってくれた。

本当にこの人は僕に期待をしてくれてるのがよくわかった。


でもね。店長がいたから、この店に来たんですよ。

あの女性スタッフたちや、話の順序のおかしい主任も、みんな家族みたいに仲が良かった。ずっと働いていたかった。

それは胸に秘めて言えなかった。


なんでだろう。いつもこうなる。

突然辞める奴とかに、足を引っ張られて、奈落の底へ突き落とされる。

真面目に働いているのに。

やっと見つけた働きがいのある店も、こんな理由で引き離される。


これで次は、6軒目のパチンコ屋。

すでに妻と結婚したばかり。

もう、選んでいる余裕などない。


でも、すでに感じていた。

僕の経験が、僕の全てが、

何かを否定する。


・・・あそこの店は、あそこの店に行ったら、


・・・もう一度、地獄をくぐらなければならぬと。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます