不毛地帯編①

不毛地帯編。


転勤になったお店は少し大きく、パチンコスロット合わせて300台前後の店だった。お客さんは少なかった。そして働いているスタッフはもっと少なかった。


働いて数日でわかった。

お客さんがやりたい放題。

台叩くわ、蹴るわ、かけもちしまくるわ、それを気付かないスタッフ。気付けないスタッフ。

そこは持ち玉移動禁止の店だった(お店によりルールが異なり、現在はほぼOKの店が多い)のに、

そんな事守ってるお客さんなんか誰もいない。好き放題移動しまくってる。


まず最初にスタッフに聞いた。

「ここ、持ち玉移動禁止の店やろ?」


「・・・さあ?」


お前じゃ話にならん!

少しベテランっぽいスタッフに聞いてみた。

「持ち玉移動禁止なんやろ?」


「・・・みたいですね。」


なんやねん!それ?

お店のルールを遵守しているお客さんもいなければ、それを注意するスタッフもいない!わかっていても注意しない!

一人許されれば、まともに守って打っているお客さんもバカらしくなる。


ふと見ると、並んで打っているカップルが玉の移動をしていた。

「すいません、玉の移動はダメなんです。」

と、言うと

「えっ?ペアシートやで?」と言う。


ペアシートとは当時、カップルのみ並んで打っている状態でお店に伝えて、玉の移動がOKになるシステム。もちろんわかりやすいように、そこに札を差したり、椅子カバーを付けたりしなければならないのだが、そんなものもなかった。


スタッフに聞く、

「ここの店ペアシートあんの?」


最初のスタッフ

「・・・・さあ?」


お前はもういい!!

次のスタッフに聞く。


「ペアシート??あるって聞いた事はあります。」


なんやねん!どないなっとっねん!この店!

そしてその店の班長にあたる人に聞いてみた。

「この店、ペアシートあるんですか?」


「・・・みたいやね。」


ずっこけそうになった。

もう、初日から開いた口が塞がらなかった。この店は、ルールがないんかい!

あってもスタッフ把握してない、社員も重要視してない。

お客さんの無法地帯と化していた。


北斗の拳の世紀末の世界。

この店に、もはやルールなど存在しない。


なんで。なんで。こんな店に来てしまったのだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます