第8話

 俺が勉強した剣術の基本と神髄は、バインドにこそある。

 そう言っても過言ではないだろう。

 刃を接触させてからの駆け引きに大きな重点が置かれている。


 それが封じられるとなると、別のやり方が必要だ。

 そういう意味で、このキリマという勇者くずれのエーテル知覚は、なかなかに厄介といえた。


(もちろんまともにやれば、俺が勝つ。絶対勝つ。俺は無敵だから――だが)

 刃の切っ先まで炎に包まれた、キリマの剣閃を見ながら思う。

 知覚が加速しているから、スローモーションよりもなお遅く見える。


 ごく軽く、袈裟懸けに振り下ろしてくる片手剣の軌道。

 本来ならこんなものは簡単に受けられるし、避けられる。両手を使ったバスタード・ソードで捌けないはずがない。

 いつも通りにやれば楽勝だ。

(どっちもできないのがキツいな。畜生、トリスタンめ)


 俺は足元に横たわる、黒焦げの男のことを考える。

 蹴飛ばしてやりたい。

 俺が回避すれば、キリマはもちろん俺を無視して、トリスタンの首を切り離すだろう。


 別にそうなっても俺は構わない。

 相手はトリスタンだ。友達でもなければ、いいやつでもない。むしろ嫌いだ。城ヶ峰とはまた別の意味で嫌いだ。

 余計なことに巻き込みやがって、いっそ俺が切り刻んでやりたいと思う。


 だからこそ、という話だ。

 嫌いなやつだから、少しは真剣に恩を売ってやろうと思う。

(後で絶対にこのツケは返してもらう)

 円卓の騎士の命を助けたってのは、いかにも箔がつく話だ。今夜はマルタとジョーと《二代目》イシノオを呼び、おおげさに武勇伝を吹聴してやる。


(やるか)

 俺は意識を尖らせた。

 燃えるキリマの刃をよく見る。俺なら避けられる――それどころか、一瞬早く攻撃に移れる。


 バインドからの技が通じない相手。

 こういうときは、刺突剣による攻防テクニックが有効だ。武器を絡ませない刃の動きは、フェンシングのそれが近い。

 この手の技術はヨーロッパで発展し、フランスの勇者《ダルタニャン》ことシャルル・ド・バツが体系立てて完成させた――ということになっている。

 実際のところは誰も知らない。


 ただ、俺もこの技術に関してはそれなりに勉強した。

 まずは刃による攻撃の範囲。手元から円錐形をイメージする。

 いまの状況ではステップによる離脱ができない以上、回避運動は体のひねりと傾きで行い、体重移動で切っ先をねじこむ。


 その際、相手の防御に注意すること。

 通常ならば小型の盾やら、外套やらのことだが、目の前の相手は全身に気をつけなくてはならない。

 燃える左手だけではなく、全身を発火させることができると思った方がいい。


(もちろん、例外はある)

 さきほど蹴り技が成功したように、意表をついた箇所にあてれば燃えることはない。と思う。おそらく。

 が、いまはずいぶん通じにくくなっているだろう。

 俺なら反撃に備え、全身を発火させられるように警戒している。キリマがそれほど間抜けだとは思わないことにする。


(と、すれば、方法はほとんど一択だな)

 簡単な話だ。

 すべての攻撃を「必殺」にする。常に王手をかけ続け、炎による反撃をさせない、というか、無意味にする。


 たとえば、首を刎ねる一撃。

 これは受けたら死ぬので炎による防御の意味がない。

 腕を切断する一撃も、足を切断する一撃も同様に、反撃の意味がなくなる。エーテルの流れを切断すれば炎上することもない。

 両目を抉るのもいいし、胴体の切断でもいい。

 とにかく、すべての攻撃を「回避するしかない」一撃にすることだ。


(まずは首)

 俺はキリマの攻撃を回避しながら、捻りこむような刺突を放った。

 首筋をかすめ、そこから深く切り込む。キリマは避けるだけだ。


(次は手首)

 燃える左手を切断しにいく動き。これも避けられるが、それでもいい。

 反撃に突き出されてくる片手剣の切っ先を、こちらも触れずにかわす。


(そして、足)

 膝上から刃を落とす。斬撃の軌道を変える。

 手首を支点とした円錐の動作――そこから刃の向きによって多彩な攻撃ができるのが、この手の剣術の特徴だ。


 いける、と思った瞬間、俺は気づいた。

 キリマが飛びのこうとしていた――距離を空けられる。これはまずい。

(時間稼ぎかよ、いまのは)

 組みついてくるようなことをしなかった。当然、俺はそれに備えていたが、見事に外された。

 接近戦に付き合うような踏み込みが、そもそも時間稼ぎの一環だった。


 キリマの目の奥が燃えているのが分かった。

 俺を視界に捉えている。

(やばいな)

 背筋に焦げるような悪寒が走る。何かのエーテル知覚――攻撃型――何が来る? 時間を稼いで何をしようとしていた?


 こいつのエーテル知覚は間違いなく「燃える」とか「炎」とかに関するものだ。

 やつの目の中に炎がはっきりと見えた。キリマの視界の中では、何もかもが燃えているのではないか?

 とすれば、次の手は、最初にトリスタンを奇襲したような発火か?


 わずか一瞬でここまで考えられたのは、さすが俺だったといえる。

 普通は考える間もなく炎上している。


(対抗手段は――)

 それほどない。わかっている。奥の手を使うしかないか。

 俺にしかできない裏技をやる。


《E3》の限界を超えた加速。

 俺が炎上するよりも早く、あるいは炎上して死ぬより早く、キリマの首を胴体から切り離す。 

 キリマがこれ以上の奥の手を持っていなければいいのだが。くそ。最悪だ。思ったより追い詰められているじゃないか。


(ふざけやがって)

 俺は呼吸を切り詰める。一万分の一秒後の加速に備えた。

 ――そいつは、その瞬間にやってきた。


 こんな切羽詰まった状況でも、視野の広い超一流の俺にはそれがわかった。

 何かが視界の端をかすめて飛んでくる。

 銀の輝き。刃物だ。ナイフ。たぶん軍用のゴツいやつ、それがいくつも。俺は思わずのけぞった。そうしなければかわせなかった。


 最初は俺を狙ってきたのかと思った。

 だが、その飛行するナイフの群れは、俺ではなくキリマを狙っていた。


 腹部、胸、首。

 回転しながら切り裂く軌道だ。キリマは顔をしかめながらも、対処するしかない。燃える片手剣で弾き飛ばす。

 空飛ぶナイフは、明らかに俺を援護していた。


「邪魔が多すぎるな」

 キリマは呆れたような口調でつぶやいた。それからもっと大きな声で怒鳴る。

「新井木! 状況がまずい。引き上げるから援護しろ」


 誰か人の名前を呼び、俺に背を向けた。

(舐めやがって)

 とは思ったが、追えない。足元で炎が燃え上がるのがわかったからだ。すでに攻撃は終わっていたか。

 吹きあがる火柱を睨みながら、こっちも後退するしかない。


 その隙に、キリマは逃走にかかっている。

 壁を蹴って跳び、城ヶ峰やセーラの間抜けな戦いの頭上に進路をとる。


「あ」

 印堂が小さく声をあげた。やつはちょうど城ヶ峰を蹴り倒し、盛大に転ばせていたところだ。


「キリマ、待って。まだお説教が終わってない」

「そうだ! 逃がすものか!」

 城ヶ峰が跳ね起きる。鼻血がすごい出てるのに元気だな、こいつ。


 だが、空間を跳躍して追う印堂と城ヶ峰は違う。

 その眼前に立ちはだかる影がある――やっぱりクソみたいに趣味の悪い髑髏面をかぶった、金髪の女だ。

 新手の増援だ。こいつが「新井木」か?

 次から次へと、余計なやつばかり出てくる。


「ごめんね」

 と、軽い口調で言う彼女は、すでに刃を抜いている。キリマのそれとよく似た片手剣だった。

「キリマ先生の今日の仕事は終わりです。残業無しで帰してあげてね」

「笑止! この《可憐なる閃光》の城ヶ峰、悪党の都合には――」

 城ヶ峰は喋りながら踏み込もうとして、体勢を崩す。いきなりつんのめった。何かされたか?

 それでもやつは踏みとどまり、雄叫びをあげた。


「なかなか強いぞ。セーラ! この女を突破する、援護を頼む!」

「あ」

 セーラは城ヶ峰の言葉に反応しようとした。構えた刀の切っ先が震えたのがわかった。

 俺にはその背中しか見えないが、どういう顔をしているのか、見なくてもなんとなくわかった。


(ビビッてやがる、こいつ)

 その証拠に、踏み出すのが呼吸半分ほど遅れた。

 それくらいには、新手の金髪の女が強そうだったということか。だが、そいつは決定的な遅れだった。


「ふっ」

 城ヶ峰の呼吸。

 金髪の女の斬撃を受けようとして、バックラーを掲げる。その腕が途中で止まった。


 つまり、防御が間に合わない。

 金髪の女の刃は体を傾け、城ヶ峰の左腕をバックラーごと切り落とす。つづいて首を狙った。

 城ヶ峰が咄嗟にのけぞったので、これは当たらない。


 それでも十分だ。

 城ヶ峰はもつれるようにして倒れ込んでいる。側頭部が壁にぶつかる。

 激しい出血が、やつの足元を濡らしていた。


「亜希!」

 セーラが甲高い声をあげた。少し珍しい。

 そのまま、逆上したように動き出した。音が鳴るほど激しく踏み込んで、太刀を捻るように繰り出す。鋭い太刀筋。

 とはいえ、やっぱりそれは遅すぎた。

 すでに金髪の女は距離をとっている。軽くかわせる。


「あなた」

 金髪の女は少し驚いたように言った。

「いまさら踏み込んでくるの? 遅すぎるんじゃない?」

「――う」

 セーラは犬が吠えるように言葉を吐き出した。

「うるせえっ」

 さらに斬撃を放っても、あまり意味がない。相手が逃げに入っている。


「じゃあ、私はこれで」

 金髪の女はいっそ優雅にうなずいて――もしかしたら頭を下げたつもりだったのだろうか――そのまま踵を返して去った。

 印堂とキリマの姿はとっくに見えない。


 俺は頭をかきむしった。

(ひでえな、こいつは)

 一方的にやられた、という感じがする。


(最悪に近いな)

 足元で焼けこげたトリスタン。左腕を切り落とされた城ヶ峰。さっさと逃げた《勇者狩り》のキリマと、それを追っていなくなった印堂。

 ついでに、青ざめた顔のセーラ。


 それから――これが一番の最悪だが、

「ご無事で何よりです、ヤシロ様」

 俺は声のした方を振り返る。路地の奥。ひどく場違いな、夜会のドレスのような衣装に身を包んだ女がいる。

 そいつの周囲では、これ見よがしにナイフが浮いてゆっくりと旋回していた。


「滅多にないことですよね――あの《死神》ヤシロ様を助けることができるなんて」

 そいつはどこか暗い笑みを浮かべた。

「身に余る光栄です」


 ひどい皮肉のセンスだ。

 俺はその女を知っている。かつてそいつは、《嵐の柩》卿と呼ばれていた。元・魔王の勇者。

 こういう場所で遭遇する相手としては、最悪の中でも最悪の部類だ。

 今朝起きてからずっと、どうも後手にばかり回っている気がする。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

勇者のクズ ロケット商会 @rocket_syoukai

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ