第6話

 意味不明なことが起きたときは、《グーニーズ》に行くのが一番だ。


《グーニーズ》は渋谷の片隅にある、いかにも冴えない雰囲気のバーだが、特徴が一つ。

 月曜日には「勇者専門」、「堅気の客はお断り」を公言しているということだ。


 店の見た目はまったく流行っていないように見えるし、食レポ関連のレビューサイトの評価は壊滅的。

 しかしこの俺をはじめとして、客としてやってくる勇者がまさに超一流、知る人ぞ知る名店といっても過言ではない。

 最近ではサインでも飾ってやろうかなと思っているくらいだ。


 そんな店だから、情報収集をするにはちょうどいい。特に今日は、わけのわからないことが立て続けに起きすぎた。

 髑髏の仮面ども、燃える顔のやつ、生首の魔王。

 それに砕かれた《半分のドラゴン》のバッジ。

 はっきり言って混乱してきた。


 情報はレンガのようなものだ、集まらなければ推理は組み立てられない。

 かの有名なロンドンのアーサー王、《探偵勇者》ことコナン・ドイルもそう言っていた気がする。

 ――というわけで俺は『グーニーズ』を訪れたわけだが、この夜、店にいたのは顔見知りの二人。

《ソルト》ジョーと、《二代目》イシノオだった。


「ああ。髑髏のお面な。あのクソダサい連中」

 と、《ソルト》ジョーの方はなんだか知っている風な口を叩いた。

「しかし、有名になってきたもんだな。そりゃ勇者狩りだろ?」

 言いながら、ジョーはビールを大きく呷る。


 相変わらずひどい人相の男で、スキンヘッドのゴリラにしか見えないやつだ。

 夏場のこいつは常に黒のタンクトップを着て歩き回り、隙を見せるとご自慢の筋肉を見せつけてくる。最悪だ。

 目の前にいるこっちは暑苦しくてたまらない。


「なんだよ、あの髑髏。有名なやつか?」

「少しはな。オレほどじゃねえけど」

「わかるぜ。サングラスかけてるゴリラなんて滅多にいねえもんな」

「あ? 口先だけの貧弱チキン野郎が、超一流の勇者をディスってんのか?」

「いやいや、ジョーが一流なら俺はもはや殿堂入りしてる頃で――」


「……やめてくださいよ、二人とも」

 俺とジョーの無駄口が過熱しかけたところで、《二代目》イシノオが生意気にも口を挟んできた。

「二人のそれって、ほんとマジで際限ないんスから。そんなことより勇者狩りってなんです? ぼく、初めて聞きましたよ」


「そりゃ鈍すぎるぜ」

 ジョーは自慢げに鼻で笑った。ちょっとムカつく。

「どうやら、このネタはオレのような事情通しか知らねえらしいな」

「何が事情通だよ、お前のジャングルのお友達が教えてくれたのか? それとも動物園の飼育――」

「ヤシロさんストップ、やめてください! 話聞きたくないんですか!? ジョーさんは事情通ってことでいいっすから!」


 俺の横槍を遮るとは、《二代目》イシノオめ。このビビり方といい、こいつの方が貧弱チキンだ。

 後でバカにしてやろう。

「教えてくださいよ、ジョーさん。勇者狩りなんてやつがいたら超怖いんスけど」



「勇者殺しを請け負う勇者連中だよ。髑髏面被った集団らしいぜ」

 ジョーが言う、そんなやつら自体は珍しいものじゃない。

 魔王より勇者を暗殺する方がずっと簡単だ。《E3》を使っていないときに仕掛ければいい。

 主に魔王からそういう依頼もある。


 ただ、それを専門にメシを食っていくのは難しい。

 魔王殺しと違い、公的機関から懸賞金が支払われるみたいに、常に需要がある仕事というわけじゃないからだ。

 魔王からすれば自分を狙う殺し屋なんて、片っ端から絶滅させない限りどうしようもない。

 せいぜい状況次第で特にヤバイやつを消すくらいのものだろう。


 ――だが、髑髏の面の連中は違うらしい。


「勇者殺しを専門に扱うビジネスなんだってよ。まあ斬新だが、儲かるのかね?」

「儲かるからやってるんじゃねえの」

 ジョーの疑問に、俺は当たり前のことを答えた。

 問題は、誰がそいつらに依頼しているのか? あるいはスポンサーになっているのかということだ。

 そこのところがわからない。


 それに、と、俺は昼間の一件を思い出す。

「気になるな――あいつら、魔王も殺してたぜ。勇者専門って話はどうしたんだよ」

「ああ? そりゃ殺すだろ。魔王殺せば金になるんだから。ついでだよ、ついで」

 ジョーはバカにするように言ったが、それはあり得ない。


 金を稼ぎたいなら、魔王の首くらい持っていく。やつらは残した。

 つまり、魔王殺しには別の意味があるのではないか?

 たとえばスポンサーの意向。髑髏面どもが勇者殺しを仕事にしているのなら、雇い主みたいなやつがいるはずで、標的にもその意図が働いているはずだ。


(となると、手がかりは)

 俺はポケットの中で、金属の欠片を指で探った。

 昼間の一件の現場で拾ったやつだ。砕けた怪物の顔。《半分のドラゴン》。


(それと、印堂だ)

 あの後、現場から引き揚げることを優先して聞きそびれた。

 俺が切り結んだ髑髏面の男に、印堂は見覚えがあったようだ。燃える顔の男。


 やつにまず話を聞いてみるか。

 いや、その前にジョーやイシノオに半分のドラゴンの話をしてみるか? 役に立ちそうにないからやめとくか?


 そう考えていたところで、俺はスマートフォンの振動に気づく。

 この着信パターンは、「CERO」――いわゆるSNSによるテキストチャット・アプリ――によるものだ。

 半ば反射的に取り出し、メッセージの送り主の名前を見て驚いた。


《トリスタン》。

 円卓の騎士の一人。アーサー王の手下で、城ヶ峰どもの学校の教師。

 っていうかこいつ、俺のCEROアカウント知ってやがったのか。さてはセーラが教えたか?


「ま、てめえらはヘボ勇者なんだから、せいぜい気をつけるんだな。とくにイシノオ! 余計なことに首突っ込んでんじゃねえぞ。お前みたいなやつはすぐに死ぬって相場が決まってんだ――」

 偉そうに講釈を垂れるジョーの声をBGMに、俺は《トリスタン》からのメッセージを確認する。


 胡散臭い笑顔のアイコンから発信されているのは、

『アルバイトをしませんか?』

 という短い要請の一言。

『絶対いやだ』

 と、俺が返信した直後に、矢継ぎ早に後続のメッセージが着信する。


『私の護衛をお願いします』

 なんだそりゃ、と思う。

 円卓の騎士が護衛を必要とする? どんな状況だよ。

 ワケがわからないし、怪しすぎるのでまったく関わりたくない。マルタの持ってくる儲け話並みだ。


『城ヶ峰班は快諾してくれました』

『知るか』

『三人の進級ミッションの代わりにする条件です』

『余計に知るか』

『どうも命を狙われているみたいです。報酬は弾みます』


 数秒、考えた。

 といっても、引き受けるかどうかの話ではない。

 どんな罵倒の言葉を述べてブロックするか、ということだ。


「おいヤシロ、なにやってんだよ。借金取りか? それとも弟子絡みか?」

「いや」

 俺は結局、無言で《トリスタン》からのメッセージをブロックすることにした。

「知らないやつからのスパムだった」

「じゃ、問題ねえな」


 ジョーはにやりと笑ってカードの束を突き出した。

《七つのメダリオン》。

 俺たちのような超一流勇者の間で、いま最もアツいカードゲーム。

 ビールとピザ、それからカードゲーム、これさえあれは俺たちの生活はだいたい満ち足りていた。


「やろうぜ。新しい作戦を考えたんだよ」

「何が作戦だ、またキングに影響されたんだろ。叩き潰して――おっと」

 カードを取り出そうとしたところで、またスマートフォンに振動。


 おかしい。《トリスタン》のやつは確実にブロックしたはずなのに。

 まさかあいつはアカウントを複数持っているのでは?


 しかし、画面を見て俺はさきほど以上に驚かされることになった。

 それも二重の意味で。


「印堂?」

 確かにそれは印堂からのCEROメッセージだった。

 まさか。

 あのロクに電子機器を扱えない印堂が、ついにスマートフォンのアプリでメッセージを送るなどということを成し遂げたのか?


『きょうかんのいえ』

 どうやらまだ漢字変換をするだけの技術力はないらしく、全部ひらがなだった。

 そこのところが恐怖を煽る。


『ついた』

 なんだと? 俺は一気に背筋が冷えた。

『けど、いない、まってる』

「――おいおいおいおいおい」

 俺は思わず立ち上がった。勿体ないのでビールは飲み干す。


 やはり致命的で、あまりにも迂闊だったのだ。

 印堂に自宅を知られてしまったということ――その恐ろしさを、俺はいま実感として味わっていた。

 立派なホラーだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます