第5話

 炎が爆ぜるのは一瞬だ。

 すべて見えていた――その射程も、炎でゆらめく空気も。


 膨れ上がって破裂する、その一瞬で横にステップした。

 俺にはそれができる。ぎりぎりで避ける。混雑する駅で、向かってくる人間をすり抜けるように。

 

 もう俺の間合いだ。

 バスタード・ソードを両手で握り、叩きつける。

 ぎっ、と、やや鈍い衝突音。


「この距離で俺とやろうってのは」

 互いの剣がバインドする。

 うまく刃を引っ掛けることができた。

「さすがに無茶だ。そう思うよな?」


 これは別に、マジで誰かに質問したわけじゃない。

 少しでも相手の気を散らそうとしただけで、バインドしながらの技に移る。まさしく俺の勉強した剣技の真骨頂。

 ここから俺に勝てるやつがいたら『グーニーズ』に連れて来い、というところだ。

 全員で袋叩きにしてやる。


 それはともかく、俺は体を押し込む。

 こちらは両手、相手は片手――こんなのは子供の手を捻るようなものだ。

 相手の剣を押さえつけながら、こちらは刃を滑らせ、喉を突きに行く。力で勝っているならば、相手の剣を恐れる必要はない。


 こちらの突きが通る。

 普通ならば。


「お」

 その瞬間、俺は見た。

 髑髏面野郎は空いた片手で、自身の剣に触れた。意図はすぐにわかった。

 かっ、と、触れた場所に小さく赤い閃き。

 火が灯る。


「おおっ。てめえ、マジか!」

 炎があふれて、相手の剣を覆った。燃え移るように炎が走る。切っ先まで――マジか。刀身にガソリンでも塗ってんのか、こいつは。


 そんなはずはない。落ち着け。

 俺はすぐに判断した。

 剣を引き、バインドを外して飛び下がる。


「そうか。下がるか」

 髑髏面の男の声に、わずかな警戒が滲んでいた。

 踏み込んでくる。

「冷静だな。それで正解。実はすごく強いのか、あんた?」


 空気を裂いて、軽い斬撃がやってくる。

 まるで扇子でも振り回しているような軽さだ。片手剣はこれが困る。しかも刀身を覆った炎が鼻先をかすめてくる。

 それでも俺はすごく強いので、三度くらい避けた。

 ビルの壁際に追い詰められた四度目は、バインドで防御するしかなかった。


 そして俺はまた見た。

 髑髏面野郎の片手剣と絡み合った瞬間、今度は俺のバスタード・ソードに炎が引火するのを。

「だと思ったよ! 畜生!」


 仕方がない。俺は奥の手を使うことにした。

 力づくで相手の剣を抑えつつ、炎が柄に迫る前にカタをつける。

 強引に押し返す――ふりをして、相手が反射で押し返してくる勢いをそらす。決定的な隙を作り出す。


 俺の師匠は、これを《寄せ》の技と呼んでいた。

 必殺の型、といってもいい。初見なら確実にひっかかる。


 このときもうまくいった。

 途中までは。いや本当に、あとちょっと。

 俺の剣は、体勢を崩した相手の頭部を砕きかけていた。

 バスタード・ソードの刃が髑髏の仮面を半分だけカチ割ると、明らかに不健康そうな、陰気な目つきがむき出しになった。


 その顔面が燃え上がった。

 俺の剣の直撃を避けようと、首を捻ったときだった。


「うお!」

 俺はバスタード・ソードも手放して、後退するしかない。

 我ながら見事な判断力だったと思う。


「あ」

 髑髏面野郎は、すさまじい悲鳴をあげてよろめいた。

 転げまわらなかった根性を褒めるべきか。

「ああああああああ! ああっ! おおおおっ!」

 涙交じりの悲鳴。泣き声に近い。いまやその顔全体が燃えていた。髑髏の面が焦げていく。


 俺は追撃できなかった。

 足元でバスタード・ソードが燃えていた。触れば燃え移る。そういう性質の炎だということは、推測がついていた。

 そうでなければ片手剣で俺には挑むまい。


「くそ」

 まさにこれぞ本物の『燃える目』で、やつは俺を睨んだ。

 いくぶん炎が収まりかけていたが、皮膚は焦げ、眼球がじゅうじゅうと音を立てて焦げているのがわかった。超怖い。

 どういうエーテル知覚だよ。


「しくじった――けど、その顔。その剣は覚えた」

 結局、それが捨て台詞になった。

 最初は千鳥足で、三歩目からは弾丸の速度で走り出す。さすが《E3》。

 路地の隙間を猿のように跳ねて、すり抜けていく。


「誰が逃がすか。印堂!」

 俺は傍らの少女に声をかけた。

 このために温存していた――追撃を確実にかけるために。

「やれ!」


 このとき俺はいつものように、短いが迅速な返事が返ってくると思っていた。

 それが何もない。まったくの沈黙。

 だから、完全に追撃し損ねた。


「印堂! 寝てんのかよ、おい!」

 俺は顔をしかめて振り返る。

 そして気づいた。

 彼女の様子は、明らかにいつもと異なっていた。


「……おい?」

 こんな印堂の顔は初めて、いや、久しぶりに見た。

 立ち尽くす印堂の、瞳孔がすっかり開いている。


 この顔。

 あれは確か、《嵐の柩》卿のくそったれパーティーに紛れ込んで、めちゃくちゃなことになったとき。あるいは北海道に行ったとき。

 見た記憶があった。


「どうした? あいつ――」

 俺は路地を指さした。髑髏面は逃げ去って、もう後姿さえ見えない。

「あいつ。お前の知り合いか?」


「……わからない」

 案の定、印堂はまったくアホみたいな答えを返してきた。

「わからないじゃねーよ、ちゃんと言えよ。なんでそんな驚いてんだ」

「たぶんの話、でもいい?」

「いいよ、違ってても別に怒らねーから。半端に黙るなよ」


「うん。じゃあ」

 印堂は眉間にシワを寄せ、路地裏を指さして首を傾げた。

「……あれは、教官?」

「ああ?」

 なんだそりゃ、と俺がさらに質問を続けようとした時だった。


「師匠!」

 こういうとき、決まって邪魔をするのは城ヶ峰だ。

 やつは非常階段の手すりから、こちらを見下ろして手を振っていた。

 その横ではセーラが憮然とした顔をしている。ひどく疲れたような表情だった。


「師匠、やりました! 不肖、この城ヶ峰! 髑髏の仮面の不届き者どもを成敗し、完全! 完璧! 完膚なきまでに撃退しました!」

「……完膚あるだろ。それ、逃がしたっていうんだよ」

 セーラが呻くように指摘し、表通りの方を指さした。

「センセイ。警察来てる。逃げる……よな?」


「当たり前だ」

 俺は最後に地面を見た。

 焼け焦げた死体。勇者たち。魔王の眷属も。あとは魔王の生首――《蹉跌する泡》卿。


 それと、踏み砕かれた小さなバッジがいくつか。

 意図的に破壊されているのは明らかだ。

 

 とある怪物の顔を模したそれを、俺は知っている。

 半分のドラゴン。

 これはもしかすると、少し面倒なことになるかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

勇者のクズ ロケット商会 @rocket_syoukai

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ