番外編・アーサー王の教場(5)

「マジでやるのかよ」

 セーラは半分呆れた、あるいは不安そうな顔で俺を見上げる。

「《トリスタン》……先生は、結構ガチめに強いんだけど」


「そういう風に見せてるだけって可能性もある。お前とか、かなり騙されやすいし」

 せめてこれだけは、と強制された胴体用のプロテクターをつけながら、俺も答える。

 あと必要なのはヘルメットか。バイク乗るときみたいなフルフェイスのやつ。かなりダサいけど、やるならこっちも被るしかない。


《トリスタン》が特例として認めた、部外者を交えての試合の、これが条件だった。

 やつは「どうしてもやりたいなら」、と言っていたが、どう考えてもやりたかったのは《トリスタン》の方だ。

 なにせ「勝ったらなんでも質問に答える」という賭けの条件を設定しやがったからだ。


 これにはトモエのやつがアホだから食いついたし、実のところ俺もここで教えている技を見ておきたかった。

 利害は一致したというわけだ。


「……まあ、《E3》なしなら怪我とかしないか……。ってか待った。私、別に騙されやすくねーし」

「詐欺にあうやつはみんなそう言う。でもまあ……」

 俺はヘルメットを被る前に、試合場を注視する。《トリスタン》と、トモエが向かい合っている。

 俺の前に、あの二人の立ち合いが先になった。理由はすぐにわかるだろう。

「実力がそこそこあるのは嘘じゃなさそうだ」


 そういう俺の言葉に反応したわけじゃないだろうが、《トリスタン》は爽やかに笑って模造剣を正面に構えた。

 剣を立て、半身になるオーソドックスな構え。やつが選んだ武器は両手剣だった。果たして本来の得物かどうか、俺にはわからない。


「いつでもいいですよ」

 と、《トリスタン》は言った。

「もしも私に勝てたら、なんでも一つ質問に答えます」


「あ、そう」

 トモエは模造の槍を下段に構えたまま、無造作に見えるくらいの足取りで距離を詰める。フルフェイスのヘルメットがやっぱり間抜けだ。

「じゃあその前に一つ確認しときたいんだけど。私らって、ほら、勇者狩りの」

 と、すべて言い終わる前に動く。


 意表をつこうとしたのだろう。

 下段――相手の足を狙う刺突をフェイントに、穂先で顎を叩き割ろうとする。一瞬、《トリスタン》はその通りに打ち込まれた、ように見えた。

 その体の軸がほとんど動かなかったからだ。


「はい。終わりですね」

 ばちん、ばちん、と異様な音が続けて響き、トモエの手から槍が叩きとおされた。

《トリスタン》は長剣の切っ先をトモエの首筋に触れさせている。

「フェイントをかけるなら体重移動にもっと注意してください。いまのは、格上には通じにくいですよ」


 痛烈な嫌味。たぶんトモエ本人にしか通じなかっただろう。

 おおお、と、試合を見ていた周囲からどよめきが上がった。一部の女子生徒は歓声さえあげている。

「《トリスタン》先生!」

 ――だ。すごい人望じゃないか。


 一方でトモエはつまらなさそうに舌打ちをし、背後で見ていたニナと視線を合わせる――ニナは顔をしかめて首を振った。

 もうやめとけ、という感じだ。


「なるほど。大人気だな、《トリスタン》先生は」

 俺が呟くと、セーラは複雑な心情を持て余すように顔をしかめる。

「まあ、見た目が割といいし……ウチの学校女子多いし」

「なるほど、さてはお前もファンだな」

「いや私は普通に顔面的にセン――おい待った。関係ないだろ! 別にファンじゃねーし!」

 セーラは束ねたポニーテールをしきりと触っていた。

 このときは金髪をかきむしったくらいだ。動揺している。本当にファンという説もあり得る。


「じゃあ、コテンパンにしてもいいな。親父に言いつけるなよ」

「言いつけねーよ……」

 セーラは唇を噛み、俺を睨んだ。憤りが半分。おちょくられてイラついている。

 一方で、俺は気分がリラックスしていくのを感じる。単純な人間心理だ。動揺した人間を見ると、相対的に落ち着く。

「ってか、ホントに強いよ。《トリスタン》先生は。仮にも《円卓》のメンバーだしさ」


「どんな戦いでもそうだけど、強い弱いは要素の一つでしかない」

 俺はフルフェイスのヘルメットを被り、留め具のベルトを締めた。

「勝つ負けるはまた別の問題だ。俺だって、真面目に勝とうと思ってない。手の内を見せるのは嫌だしな。ただ……」


 トモエを退場させた《トリスタン》が、俺に対して爽やかに笑って手招きする。周囲からまた歓声らしき声があがった。

 俺はゆっくりとそちらに歩き出す。


「普通にやられるのはムカつくんで、それなりにはやる。見とけ。参考にしろ、後でテストするからな」

「えええ……?」

 セーラの少し慌てたような顔。俺は気にせず《トリスタン》と向き合う。

 使う得物は長剣。《トリスタン》と同じ両手使いのものだ。バスタード・ソードとはずいぶん扱いが異なるが、このくらいがちょうどいい。

 互いにハンデ戦ということだ。


「じゃあ、来ていいぜ。軽く揉んでやる」

「手加減してくださいね」

《トリスタン》は図々しいことを口にした。

「たとえ練習でも、私は《円卓》ですから」


 睨みあう。その時間は短い。

 どのみち、俺たちは二人とも手の内を見せあうつもりはない。

「ヤシロさん、一つ私からも聞きたいことが」

「なんだよ」

「あなたの三人の生徒――」

「あ、ちょっと待った。このプロテクターなんだけど」


《トリスタン》のアホが何か言うのを止めて、俺は左手を長剣から一瞬だけ離し、背中に回そうとした。

 その瞬間に片手で撃ちかかる。

 直線的な歩法、単純な袈裟切り。


「これはどうも」

 苦笑して、《トリスタン》がそれを受ける。

「テンポが速いですね」


「だろ」

 受けられるのは想定済みだ。

 片手とは言え、俺が上になった形でのバインド。俺は即座に柄に左手を添え、《トリスタン》の剣との接点を支点に、梃子の原理で剣を動かした。


 下から、刃の下をかいくぐる動き。

 同時に柄のポンメル――柄頭を突き出して、《トリスタン》の鼻っ柱を殴りつけにいく。

 これを師匠は《廻しの技》と呼んでいた。やっぱりネーミングセンスが単純すぎる。


「ふ」

 それは笑ったのか、単なる呼気なのか。

 さすがに《トリスタン》は見事に防いだ。肘で突き出す柄を弾き、半身になって飛び下がる。距離が開く。それも一瞬。


 そこから始まった斬撃の応酬は、《E3》のない俺が実況できるような種類のものじゃない。


 《トリスタン》の横殴りの斬撃を弾いて、刃を滑らせながらスライス。

 柄に引っかかっても、そこを支点に刃を動かして斬りに行く――これも《廻しの技》の変形――《トリスタン》は体を傾けてかわす。最小限の動き。反撃の刺突。当然、俺もかわす。


 お返しの斬撃。防御される。また斬撃、回避、フェイント、脛切り。防いで、擦り上げながら捻って胴。手首。腹部、鎖骨、首筋――


「……おい」

 俺はいつしか動きを止めていた。

《トリスタン》のやつが、剣を取り落としていたからだ。俺の模造剣は、《トリスタン》の頭部を叩き割る寸前で止まっていた。


 周囲から、どよめきの声があがる。

 中には悲鳴のような声も聞こえた。どうせ《トリスタン》のファンだろう。

 俺は非常に呆れた。


「待てよ。いま、俺、相打ち気味に負けてやるつもりだったんだけど」

「奇遇ですね。私も、ヤシロさんに勝つより負ける方が楽だと思ったんですよ」

《トリスタン》は嫌になるほど爽やかに笑った。

「気が合うじゃないですか。私たち、いいコンビになりそうじゃないですか? バディとか組みません?」

「絶対やだ」


 俺は《トリスタン》に前蹴りを食らわせた。

《トリスタン》は尻餅をついたが、あまり手ごたえはなかった――やつは自分から跳んだと思う。

「どういうつもりだよ、お前」

「もちろん、こういうつもりで――みなさん!」


《トリスタン》は立ち上がると、両手をあげて振り返った。

「この私も負けてしまいました。素晴らしい技量でしょう? この方こそは《死神》ヤシロさん。かのアーサー王も一目置く、敏腕の勇者です」


 そうして《トリスタン》は拍手をした。

「今日は特別にここで練習を監督していただけるそうです」

 やめろアホ。既成事実を作ろうとしているんじゃねえ――と俺は思った。生徒たちの間に再びざわめきが走っていた。

 最悪だった。

「皆さん、質問があったらぜひ彼に――」


「おい、こら」

 と、声をかけたのは俺ではない。

 あと一秒あったら、俺も止めに入っていたところだ。冗談じゃないことをさせられそうだった。


 が、《トリスタン》が最後まで発言する前に、また体育館の入り口から、こちらはずいぶんとガラの悪い女が顔を覗かせていた。

 片目に眼帯をした女だった。滑らかな黒髪と、顔立ちからして恐らくアジア系。

「《トリスタン》! 何をしてる。部外者と試合してるとか連絡があった。なんだお前? 舐めてんの?」


 なかなかに威圧的な物言い。

 しかし《トリスタン》はまるで動じない。

「《ガウェイン》。落ち着いて。こちらが彼ですよ、私が《円卓》に推薦している《死神》ヤシロ。ご存知でしょう」

「そんなもん知るか」

 吐き捨てるように言って、眼帯の女は俺を一瞥し、すぐに視線を外した。


「いくら戦争の手駒が足りないからって、無節操にスカウトするなよ。訳の分からんやつの素性調査に駆り出される《アグラヴェイン》の身にもなれ」

「彼は信用できますよ。アーサー王のお墨付きです」

「だからなんだ。私は納得してねえぞ」


 そうしてやつは、俺を睨みつけた。

「《死神》だかなんだか知らないけど、いますぐ消えろ。《トリスタン》のやつは私がぶち殺しておく――生徒どもも、散れ!」


 別の意味で騒がしくなってくる体育館の中、俺は横目にセーラを見る。

 そして、そのクソまずい薬を飲み込むような表情で察した。

 こいつ、この《ガウェイン》に口調を影響されているな、と。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます