番外編・アーサー王の教場(3)

 アーサー王の《アカデミー》を訪れるのは久しぶりだ。

 ろくな思い出がない。

 訪れるたび、何かしら面倒ごとと関わることになっている気がする。それもこれもアーサー王のせいだ。俺はそう考えることに決めている。


「すげえな」

 俺は来客用カードホルダーをなんとなく弄びながら、校門から続く道を歩く。

 目は自然とグラウンドの方に向いていた。かなりの人数が整然とランニングをしたり、剣術稽古のまねごとをしたりしているのが見えた。

「休みの日でも、これだけ人がいるのかよ。どれだけ真面目なんだ」


「真面目っつーか、まあ。部活とか補習とかあるし。コースと班によっては普通に授業あるし……」

 セーラは言い訳のようなことを言いながら、目つきを尖らせて俺の前を歩く。

 一応、案内しているつもりなのかもしれない。何か決まり事でもあるのか、学校指定の制服の、上着だけを申し訳程度に羽織っている。


「……センセイ。グラウンドの方、見たいわけ?」

 考えていると、セーラが振り返った。妙に落ち着かなさそうな顔だ。

「いや別に」

 たいして見るべきものはなさそうだ。

 ランニングだとか素振りだとかいったトレーニング、セーラの言う『部活』と思しき陸上競技――高飛びや幅跳びの類――にも、あまり興味は惹かれない。


 唯一、グラウンドの片隅にそびえる樹木の周りで座り込み、瞑想している一団は嫌でも目に付く。

 普通の学校では見ない光景。


 しかし、これもよくあるトレーニングの一種でしかない。

 体内エーテル濃度を制御するためには、あの手の瞑想が割と効果的――らしい。

 俺の師匠は「単なるプラシーボ」とか言っていたが、プラシーボが抜群に効果を発揮するのがエーテル知覚というやつだ。リラックスするだけでも意味はある。俺もたまにやる。


「俺は体育館の方が見たい。競技場っていうのか?」

「う」

 セーラは具合の悪いニワトリみたいなうめき声をあげた。

「校舎、やっぱり入るのか……」

「なんか嫌そうだな」

「そりゃそうだよ。クラスメイトに、なんか、こういう感じで出くわすと……あれだよ……やりづらいっていうか……」

「――あ!」


 説明しようとした、セーラの頭上から声がかかった。

 校舎の二階だ。そこの窓から、女子生徒が顔をのぞかせて手を振っていた。


「カシワギさんだ! 珍しい! 休みの日に来るなんて」

 底が抜けたような笑顔で、窓枠から身を乗り出す。

 きっちりと学生服を着こんだ、下手をすると中学生に見えそうな童顔の少女。能天気そうなやつだ、と俺は思った。

「もしかして! 生徒会に入る気になったの? そっち行くね! ちょっと待ってて!」

 そしてセーラの返事も聞かず、彼女は顔をひっこめた。びたん、と窓が閉じる。


「うう」

 セーラは再びうめいた。

「い、いきなり面倒なのに見つかった……」

「あれがクラスメイトか?」

「まあ、うん。っつーか、うちの学校の生徒会長。……宗像菜緒っていうんだけど」

「仲良さそうだな。お前、生徒会とかやるタイプだったのか。さすが優等生」


「違う、役員に勧誘されただけだって! 入る気ねーし!」

 セーラは噛みつくように否定した。

 優等生と呼ばれるのは耐えがたい屈辱らしい。俺もそれはわかる。


「――カシワギさん!」

 俺たちが喋っている間に、ばたばたと近づいてくる。あっという間に階段を下りたようだ。

 宗像とかいう少女は、ほとんど息を切らした様子もなく俺たちの前に立ちはだかった。そして一気呵成に喋りだす。


「いまね、生徒会室に他のみんなもいるよ。仕事してんの。夏休みの巡回運動あるじゃん? 今年もやるからそのガイダンスづくり。あとあれ、職場見学の企画も! これ意外と楽しいからカシワギさんも見学してかない? してく? ってか手伝ってく?」

「い、いや、今日は私――」


「あ!」

 セーラが答える前に、ようやく宗像は俺に気づいたようだった。

「カシワギさん、その人!」

 目を丸くする。

「噂のヤシロさんでしょ! カシワギさんと印堂さんのバイト先の、プロの勇者の人! 城ヶ峰さんが迷惑かけてるっていう! うわー! なんていうのかなー、カシワギさんから見せてもらった写真よりも――」


「宗像」

 セーラは急に低い声をあげ、宗像の肩を掴んだ。

「その話はやめよう。な! 頼むから!」

「えー。じゃあ生徒会入ってくれる?」

「入らねーよ! そういうこと言い出すなら、亜希に生徒会を手伝わせるぞ!」

「あっ。それは困るホント」


「……いや、ちょっと待った。一旦止まれ」

 俺は思わず口を挟む。ツッコミたい部分がいくつもあった。

「セーラ。なんだよバイト先って。てめーらを雇った覚えねーんだけど」

 俺がセーラを睨むと、やつは気まずそうに顔を背けた。

「いやー。センセイのこと説明するのに、他になんかうまい説明の仕方、思いつかなくて……」

「城ヶ峰が迷惑かけてるって部分だけは本当だけどよ」


 まあいいか、と俺は思うことにする。こいつらの間で俺がどう扱われていようと、知ったことではない。

 城ヶ峰の親戚だとか言われるよりは百倍マシだ。


「どーも。紹介してもらった通り、無敵の勇者のヤシロだ。いまは学校見学してる」

「ああー! 学校見学! いいですねえ、興味を持っていただいてありがとうございます!」

 ちょっとオーバーなくらいのリアクションで頭を下げる。

 さぞや教師からは受けがいいだろう、と俺はなんとなく思った。企業の広報のような言葉がすらすら出てくる少女だ。


「体育館で稽古してるところみたいんだけど、いま大丈夫か? できれば実戦形式のやつがいい。こいつの太刀筋とか見ときたいし」

「え」

 俺がセーラを指さすと、彼女はひどく動揺した。

「わ、私? マジで? 心の準備できてねーんだけど!」


「やった! カシワギさんの本稽古が見られる! ぜひぜひ任せてください!」

 宗像はピースサインを天に突き上げるという、珍妙なポーズをとった。

「いま、ちょうど私も見学者を案内してたところなんですよ。二人とも体育館が見たいって――ほら!」


 宗像が背後を示す。

 俺とセーラの視線はそちらに移動し、そして固まった。セーラは口を半開きにしていたし、俺も大差ない顔をしていたと思う。

 学生服ではない、二人の少女がそこにいた。


「あ。すごい。奇遇だね」

 片方は、えらく挑戦的な笑みを浮かべた小柄な少女。

 つい最近、切り結んだことがある。トモエだ。

「さすがに、これはだいぶ想定外。どうしようか、ニナ?」


「……毎回、想定外に出くわしてる気がする」

 もう一方は、派手なパーカーを羽織った、顔面にピアスだらけの女。

「シズを連れてくりゃよかった。あいつホントに夏は外出たがらねーから」

 こっちもやはり見覚えがある。この前――《二代目》イシノオを連れて行った、刃物の店で見かけた女――どうやら名前は『ニナ』と呼ばれているらしい。

「やめとけよトモエ。こんなところで仕掛けられるわけない。教授からも『控えろ』って言われてるしさ」


「だね。言いつけ守らないと、後が大変だしね」

「嘘つけ。トモエ、この前やりあったらしいじゃんか」

「あれは不可抗力。それはまあ、とにかく」


 トモエは俺の腕を気安く叩いた。

「一緒に仲良く学校見学しない? ウチらもここの学生のスキルとか興味あるしさあ。なんなら」

 彼女はセーラに視線を向け、目を細める。

「私、そっちの相手してもいいよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます