番外編・冷たい散歩(エピローグ)

 昔の夢を見るのは、調子が悪い証拠だ。

 それか、よほど気分がへこんでいるか。たぶん両方だろう。

 特に《音楽屋》イシノオが出る夢は、最悪の部類に入る。


 あの日の仕事もひどかった。

 当時の俺は《光芒の蛇》卿の眷属に潜り込み、イシノオとともに『狩り』に精を出していた。うすら寒い春の夕暮れ、暗い路地裏でのことだった。


「ありがとうございます、ヤシロさん」

 と、イシノオが言った。それはよく覚えている。

 やつは足元に転がった人間の一人を、その眼鏡の奥から見下ろしていた。まだ死んでいない。ひどく痛めつけられただけで、辛うじて呼吸はしていた。


「この人、残りはぼくがいただいても?」

「勝手にしろよ」

 俺はこの悪趣味なメガネの殺人鬼が嫌いだった。

 いまでもそうだ。友達じゃなければ殴っている――たとえもう死んでいる人間だとしても。死体を掘り起こしてもう一回殴りたいほどだ。


「新しい楽譜を用意したんですが、どうでしょうね。この人の声、ちょうどよくハマると思いません?」

 イシノオは歌うように言った。そんなもん知るか。俺が無反応でいると、やつは生き残った最後の一人の口元に何かを近づける。

 そいつ――まだ若い男はこっちを見たが、俺は目を逸らした。

 だが、あのときはそれが良くなかった。


「……お兄様!」

 そらした視線の先から、誰かが駆け寄ってくる。白いぼろ布の塊のような人影。《光芒の牙》、という。

 このとき俺が組んで仕事をしていた、とある魔王の眷属のひとりだ。


「お待たせしてしまいましたか?」

 やつは俺の前で足を止めると軽く跳躍し、弾むような声で言った。

「こちらはすっかり終わっていますね! さすがです、お兄様。私は少してこずってしまって」

「そりゃご苦労。今日の仕事は終わりだな。俺はこれで――」

「良かったです。お兄様、今夜のご予定は、その、何か……何かあったりしますか?」


 白いぼろ布の塊は、何かを主張するように蠢いた。

「あの。私、美味しいお店を見つけたんです。『碧玉楼』。あの――中華料理、なんですけど。お兄様、お好きでしょう? えっと、なので、だから。……ご一緒にいかがですか?」

「いや」

 確かにあの当時、餃子は好きだと言ってしまった覚えがある。

 妙な懐かれ方をしていると思った。正直、気分が重い。結局俺はお決まりの台詞を口にする。


「また今度な」

「あ! では、お兄様が教えてくださった居酒屋はいかがでしょう? 私、あそこの――なんと言いましたっけ。焼き鳥? が、とても美味しくて――」

「やめとく」

 今度こそはっきりと首を振った。


「食欲が湧かないんだ。吐き気がする」

「そんな。それは――大変です、お兄様の身に何かあったら、わ、わたし――じゃなくてお姉様も悲しみます。お医者様のもとへお連れしますっ。歩けますか?」

「やめろ、いいよ。一人で立てる」

 寄ってきた《光芒の牙》を押しのける。気分は良くない、当たり前だ。こんな商売どうかしている。


「誘うなら、イシノオにしろよ。暇だろ、こいつ」

「おや」

 イシノオが顔をあげる。その足元で、死にかけた男がうめき声をあげていた。地の底を揺らすような呻き。


「ぼくは遠慮しておきますよ。お二人を邪魔したくない」

 ひどい笑顔だ。またしてもぶん殴りたくなる。

「ねえ、ヤシロさん。たまにはお付き合いしたらどうですか? 大事ですよ、そういうの」


「黙れ、《音楽屋》」

 これを言ったのは俺ではない。

《光芒の牙》だ。苛立ちの混じった冷たい声――気持ちはわかる。イシノオの本性を知ったとき、だいたいのやつはこういう口調になる。

「余計なことを言うな。いくらお前がお姉様のお気に入りでも殺すぞ」


「おっと、それは大変」

 イシノオは快活に笑って、足元の人体を踏みにじる。

 うめき声がいっそう強くなる――ぶうん、と空気が震えるような声があがる。

「ん。音階ずれましたね。失敗だな」

 言ってから、やつは無造作に足元の男を蹴飛ばした。白い歯が何本か砕かれて、アスファルトに転がる。イシノオはそれに目もくれない。


「ねえ、ヤシロさん。ここはお願いできませんか? ぼくが殺されないように、ひとつ、その子の機嫌をとってあげて――」

 いたぶられている男の、うめき声が止まらない。空気が震えている。軽い頭痛。


 そこで俺は気づいた。

 単なるうめき声ではない。携帯電話のバイブレーション機能にも似た音。


「誰だ?」

 俺がそう言ったとき、周囲の時間が止まった。イシノオも、《光芒の牙》も黙り込み、ぴたりと固まった。


「用があるなら、はっきり言え」

 このときにはもう、俺はこれが夢であることを完全に自覚していた。

 夢を通して、誰かから話しかけられている。そういうエーテル知覚なのだろう。なんとなく、それがわかった。


『実に奇妙な夢だ、《死神》ヤシロ』

 イシノオの声に似ていたが、違う。空気を満たして響くような、そんな不思議な声だった。

『いくつかの相反する感情が入り混じっている。珍しい類だな』


「人の精神分析はやめろ。殺したくなる。よく言われるだろ、あんた?」

『まあな』

 やつは簡単に認めた。俺はため息をつく。

「名前くらい名乗れよ」

『失礼。私の名前は《焦がれの霊糸》卿。《三弦同盟》の一人――もうご存知だろうが。このような形での接触、失礼する』


「ほんとに失礼だよな」

 だが、俺に拒否権はない――この夢の世界は、おそらくこの魔王のテリトリーなのだ。

「で? 俺のプレゼントはどうだった? 余計な駆け引き無しで頼む」

『率直に言うと、非常に助かる。あの《貪婪たる鱗》とかいう三流の首ではなく、きみたちが我々の側についたという事実が』


《焦がれの霊糸》卿は落ち着いていた。

 少なくとも、そう思わせる喋り方ができていた。


『はぐれ柳生の《もぐり》のマルタ。《死神》ヤシロ。きみたちの助力はありがたい。まもなく戦争になる――夏が明ければ。《ローグス》と雌雄を決するだろう』

「ああ。俺はそっちにつく。――だが、条件が一つ」

 俺はその場に座り込んだ。夢の中ではあるが、こちらも落ち着くのは重要だ。

「《ローグス》には、俺がケリをつけなきゃならない男がいる。《ルービック》って名前だ。そいつは俺がやる」


『結構』

《焦がれの霊糸》卿の声は冷たく、無機質に聞こえる。

『では、成立だ。こちらの陣営の者を接触させる。――だが、我々からも一つだけ忠告を』

「なんだよ。裏切ったらどうのこうの、って話か?」

『違う』


 急激に周囲の風景がぼやけていくのを感じた。

 夢が終わりかけている。あるいは、《焦がれの霊糸》卿が接触を切ろうとしている。


『勇者狩りに気をつけろ』



――――


「――勇者狩り?」

 俺は声に出してそれを繰り返し、目覚めていることに気づく。

 耳元で鳴り響くバイブレーションの音は、スマートフォンだ。現実のもの。


「くそ」

 目覚ましではない。着信――名前。セーラ・カシワギ・ペンドラゴン。

 ひどい気分だ。吐き気がする。《焦がれの霊糸》の野郎、あんな夢を見せやがって。敵対することがあったら容赦しねえ。


 だが、しばらく震え続けるスマートフォンを見つめて、俺が思うことは一つだ。


 俺はもっと真面目に、丁寧に、「師匠」をやる必要がある。

 レベルアップをしなければ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます