番外編・冷たい散歩(8)

 印堂の状況は危機的だった。


 足の負傷はすぐに治るだろうが、そう簡単には距離をとって休めない。

 トモエの追撃が厳しい。

 理由は相手の使う武器だ。短槍というだけでなく、穂先に鎌状の棘がある。これが極端なまでに印堂の攻め手を防いでいた。


 未知の形状の武器は、それだけで難易度のレベルを跳ね上げる。どうやって捌くべきかノウハウがないからだ。

 特に印堂のような反射で戦うタイプなら、珍しい武器ほど効果的だった。


 ダガーを使う印堂の強みは、小柄な体とエーテル知覚を活かした奇襲――その斬撃から続く至近距離での格闘術にある。

 近づけさせないトモエの槍と、隙の少ない刺突がそれを封じていた。


「よっ」

 と、わざとらしいくらい軽い掛け声とともに、トモエの槍が旋回する。

 というよりトモエの場合、イラつく言動はすべて故意にやっていると思った方がいい。


「遅いじゃん、印堂」

 これもだ。

 印堂のナイフが弾かれ、鎖骨すれすれを刃がかすめる――いや。穂先の棘が肩をえぐった。かわしたと思っても、避けきれていない。

 印堂の足が止まっているせいもある。


「なにやってんだ、おい」

 俺はといえば、野次を飛ばすことしかできない。

「印堂! 負けたら後で城ヶ峰とセーラにバラすぞ!」

 トモエと《貪婪たる鱗》卿の距離が近すぎる――引き離すことができていない。いま攻めても二人を同時に相手にさせられるだろう。

 すなわち、逃げる隙を与えてしまう。


「いいねえ、その感じ」

 答えたのはトモエだ。踏み込んで突きを放ちながら笑う。

「あんたのところの師匠、だいぶ追い込んでくるじゃん? 教えるの下手すぎない?」


 印堂は答えなかった。

 だが、その瞳を細めたのがわかった。太ももの負傷から血があふれ、傷口が開くのも気にせず、反撃に移る。

 トモエの槍の引き手にあわせ、左右の連撃。


「ふぅぅっ」

 獰猛な印堂の呼吸。小柄な体を伸ばして、ひらりと蝶が羽ばたくような刃の切り替えし。見事な高速のコンビネーション――だが、読まれている。

 もともと、トモエの刺突自体が誘いだった。


 俺の目はすべてを見ていた。

 トモエの動きに迷いはなかった。

 槍の旋回で左右のナイフを捌き、ステップアウトして連撃を避ける。

 印堂の攻め手が止まった。そう思った瞬間には頭部へ穂先の一撃――致命傷を狙うやつ――印堂はきっと避けきれない。

 紙一重でかわそうとする印堂の回避動作では、左目が抉れる。


 畜生。


 俺はありったけの言い訳を並べた。

 どうせ失敗だったから。トモエが十分に引き離されていなかったから。印堂が負傷するとうるさい連中がいるから。この件に巻き込む形になったから。

 あとは――そうだ。これがある。


 トモエの野郎、俺が教えるの下手なんて言いやがった。

 これだけで万死に値する。


「印堂」

 俺は加速し、トモエと印堂の間に割り込んだ。

 ぎりぎりで間に合う。トモエの槍の穂先を、抜き打ち気味のバスタード・ソードで叩き落す。

「お前、あとで補習だからな!」

 おまけの片手斬り上げはガードされたが、距離が詰まっている。俺は槍の柄を、空いた左手で掴もうとする――が、外された。

 トモエは飛びのいて距離をとる。


 そして、この二秒ほどの攻防は、《貪婪たる鱗》卿に十分な機会を与えてしまっていた。

 側面からの銃撃も、まばらになってきている。《輝ける紫煙》卿の三流眷属ども、徐々に引き上げ始めていやがるらしい。


「お前が、噂の《死神》か――俺を迎えにくるのはまだ早いぞ」

 やつは余裕あるような寝言をほざいて、片手を車に伸ばした。

 ぐぎん、と異様な音が響いて、そのドアが剥がれた。まるで紙を一枚、無造作に剥ぎ取るような仕草だった。

 単なる腕力ではなく、そういうエーテル知覚なのだ。事前情報通り。


 やつは剥がした車のドアを、こちらへ向かって投げつける。

 弾丸の速度で追おうにも、それが俺を阻んだ。俺のバスタード・ソードなら切り裂けないことはないが、トモエの牽制もしなければならない。

「クソ野郎」

 結論として、俺は飛んできたドアを蹴り飛ばすことにした。トモエをさらに飛びのかせることはできたが、追いかけるきっかけを失った。


《貪婪たる鱗》卿が逃げていく。

 倉庫と倉庫の隙間へ、脱兎のごとく駆け込むのが見えた。手下どもを見捨てるかなりアホな逃げ方だが、なりふり構わない割り切り方はさすがだ。


 トモエは嬉しそうに笑った。

「失敗だね。《死神》って看板、下ろしたら?」

「お前、まだわかってないようだな」

 俺はバスタード・ソードを担ぐように構える。

「《死神》に狙われたら助からないんだよ。剣の腕なんて手札の一つでしかない。あいつ、もうすぐ死ぬぜ」


 俺の発言はすぐに証明できた。

 倉庫の隙間から、《貪婪たる鱗》卿が蹴りだされてきたからだ。その左足首から先が失われていて、血が噴き出ている。

 やつの悲鳴はよく響いた。


「あ。あーあ……」

 トモエが引きつった声をあげ、一歩後退する。


「な? 言っとくが偶然じゃないぜ。なんでここで仕掛けたと思う?」

 何が起きたのか、トモエは気になっているだろう。

 俺は顎でそちらを見るように促す。

「あの魔王はこの辺りにクルーザーを隠してるだけあって、さすがに道に詳しい。で、逃げるならあのコースだって推測できた」


 倉庫と倉庫の隙間から、マルタがぬっと顔を出した。返り血を浴び、片手に日本刀をぶら下げている姿。

「んん」

 注目を浴びて恥ずかしかったのか、軽く咳払いをする。


「よくねえよ、旦那」

 マルタは日本刀を下段に構え、地面を這う《貪婪たる鱗》卿に近づく。

「エイスケを蹴飛ばしたな? そういうことやっちゃダメだよ。メシの皿までひっくり返しやがるんだからなあ」

 マルタはぶつぶつと呟きながら、自分の首筋をかきむしる。


「……エイスケ? って誰?」

 印堂が不可解そうな顔で尋ねてくる。どうせマルタが適当につけた野良猫の名前だろう。

《貪婪たる鱗》卿は不幸にもマルタが猫に餌をやっている現場に突入してしまい、なんらかの狼藉を働いてしまったというわけだ。


 しかも猫を蹴飛ばすとは――マルタはそういうやつに相応の罰を与える。

 すくなくとも、蹴飛ばした足は切り落とす。


「なあ。ヤシロ」

 マルタは顔をあげて俺を見た。

「こいつ、もう一太刀だけおれがやってもいい? おれさあ、ほんとダメなんだよ。動物を蹴ったり殴ったりとか、そういうのほんと見てらんなくて――」


 いいよ、と俺が言うよりも早く、《貪婪たる鱗》卿が動いた。

 馬鹿め。

 やつは地面のアスファルトを掴み、それを軽々と「引き剥がした」。

 ひとかたまりの巨大なフリスビーができあがり、そいつをマルタにぶつけようとするが、無駄なあがきだ。


「え、っと」

 マルタは少し悩んだ様子で、身を翻した。

「どこ斬ろうかな。やっぱり、この……」

 軽々と飛来した巨大フリスビーを避け、一閃。今度は右足首から先が飛んだ。

「じゃあ、ここで」

 再び魔王の悲鳴。かわいそうに。


 トモエが舌打ちとともに、こちらに背を向けるのがわかった。逃げるつもりだろうが、追っている暇はない。

《貪婪たる鱗》卿にトドメを刺す。それで終わりだ。


 だが、動き出そうとした俺の上着の裾が掴まれた。

「……教官。言いたい、ことが、あるんだけど」

 珍しく息が切れている。

「前々から。言いたかった。重要なこと。いま、言わせて」


「いま忙しいんだけど」

 俺はそれとなく断ろうとしたが、印堂は止まらない。

 普段は無口なくせに、こうなると言い切るまでやめない。こいつにはそういう頑固さがある。


「一つ目。動いてる最中に、アドバイスされても、ぜんぜん集中して聞けない……」

「あ」

 なるほど。と、俺は思った。

 目から鱗だ。

 俺が師匠からそういう教育をされたから、無意識にこいつらにも同じようにしてしまっていた。

 俺のエーテル知覚なら、戦闘中だろうが複雑な助言を聞きつつ行動することができる。そのせいで完全に失念していた。


「二つ目。教官のアドバイス、長すぎる……」

「おう……」

 二度目のなるほど、だ。

 印堂が理解するには長すぎる。余計な部分は端折るべきだというのは、確かに。言えてる。


「最後、三つ目……」

 印堂は眉間にしわを寄せ、立ち上がる。

「私はアキより弱いわけじゃない。これは本当。トモエ……あいつ、すごく強くなってた。前に会った時よりぜんぜん速かった。あれはちょっと変。おかしい」


「……なるほど」

 三度目。今度は声に出してしまった。

 いくらなんでも、印堂が苦戦するレベルだ。

 俺から見れば隙だらけのように見えたが、いや――それはそうかもしれない――俺の横ざまからの一撃を生意気にも防ぎやがった。


 何かがある。

 俺はこの前のゴスロリ女と、《ルービック》のことを思い出した。

 また嫌な予感がする。思ったより大きな事態が動いているのかもしれない。


 だが、なんにせよ、いまは散歩を終えておこう。

 勇者の一日の終わりには、魔王の死が必要だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます