番外編・冷たい散歩(6)

 品川区から、太田区へ。

 東京湾に沿って歩けば、人工的に成型された陸地が続いている。

 埋め立てられた沿岸部は直線と角で構成され、幾何学的な形状で海を切り取っているように見える。

 だが、その途中には大きな欠けがある。


 数年前の抗争でえぐられた、大型のクレーター群だ。

 とある魔王のエーテル知覚により、この沿岸地域は激しく破壊された。そのせいで海上からの東京支配を狙っていた《輝ける紫煙》卿の目論見は潰えることとなった。


 おかげで貿易や漁業に多大な損賠が出たし、いまだに影響は残っている。

 この一帯は、いまでも政府の目の届かないスポットが多い。


 俺と印堂が歩くのは、そういう砕けた沿岸を臨む、海浜公園の一つだった。

 露店で軽食を買って、呑気な足取りで歩く。傍目から見れば、平日昼間からの気楽な散歩にしか見えないだろう。

 ――腰に吊った剣を除けば。


「……久しぶりに見たけど、だいぶ修理が進んできたな」

 俺は亀裂の走った地面を跨ぎ、海浜公園の景色に目を向ける。

 そこそこ人の影はある。満員御礼とはいかないが、海外からの観光客が多いようだ。これはあまりいい傾向ではない。

 何人か、武装した俺に注目するやつもいるからだ。

「夕方になると、もうちょい人が増えそうだ。さっさと片をつけるか」


「教官は、前もここに来たことがある?」

 印堂はぼんやりと水平線を眺めながら歩く。

「例の、大きな抗争のときに?」

「まあな。俺は勇者業界で期待のホープだったからな。《輝ける紫煙》卿の眷属とも張り合ったよ」


 あのときは、《光芒の蛇》卿という魔王に雇われていた。

 思いっきりこの一帯での戦闘に関与した。

 実のところ、このクレーター群をつくって沿岸を破壊したのは、《光芒の蛇》卿に他ならない。一夜のうちに光の蛇が沿岸を焼き払い、抉り取るのを、俺は見た。


「一晩中殺し合いやって、朝になったら、この辺はひどかった。花火大会の後のゴミみたいに死体が散らばってたんだぜ」

「ふーん」

 あまり興味のなさそうな返事をして、印堂はやや足を速めた。

 無理やり俺の半歩前を歩くような形になる。それから振り返って俺の顔を見た。


「……教官の思い出、他には?」

「あの夜は戦車まで持ち出したアホな魔王がいてな、砲弾が直撃すると《E3》で強化された人体でも持たないんだな。だいぶグロかった」

「そういうのじゃなくて……もっと……」

 言いかけて、印堂は首を振った。


「やめた。教官にはそういう話無理そうだし。それより……ここで、やるの?」

 失礼なことを言われた気がするが、いちいち否定しているほど暇じゃない。

 俺は腕時計を見て、いまの時間を確認する。そろそろやって来てもおかしくはない。


「やるならここだ。たぶん、《貪婪たる鱗》卿はここに来る」

「どうして? 自分の城に帰るんじゃないの?」

「あいつがクルーザーを買った履歴を見つけたんだよ。あっちの倉庫だらけの区画に隠してある」

 間違いなく、逃走用のクルーザーだ。こんな場所に隠しておくのだから、《ローグス》内での立場が悪くなったときのことを考えていたに違いない。


「手に入れた道具ってのは使いたくなるもんだからな。まあ、七割くらいの確率でこっちに来ると思う」

「そう? じゃあ、残りの……三割になったら?」

 印堂は指を折って数え、残った指で「三」を示した。こいつの計算力、かなりヤバいな、と俺は思った。

「向こうの城に乗り込むの?」


「ちょっと面倒だけどそうなる。仕掛けはしてあるけど」

 具体的に言えば、《二代目》イシノオが下っ端の小間使いとして城に侵入している。何事もなければ「バイト代金」を勝手に持ち帰るだろう。

 やつらが城へ逃げ帰るなら、あいつが内側から攪乱することになる。

 イシノオにとってはどっちにしても楽な仕事だ。


「でもたぶん、そうはならねえよ。《貪婪たる鱗》卿の性格は調べてある。こういうときは逃げの一手だ」

「ふーん」

 また印堂はどこか上の空のような返事をした。


 が、少し周りに視線を配り、また口を開く。

「……マルタ、さんは? 別行動?」

「そんな感じ。近所の猫に餌やってくるってさ」

「それも何かの仕掛け?」

「違う、マルタの趣味だ。迷惑だからやめろって言っても聞かねーから言うのやめた。お前もそっち行きたかったか」


「違う」

 印堂は眉間にしわを寄せ、やや不機嫌そうに否定した。

「ぜんぜん違う。いままでマルタ……さんがいたから、あんまり感じが出なかった。……そう思っただけ」

「なんだ、感じって」

 俺は少し意外な気がした。

「お前、マルタ苦手なのかよ。ちょっと似てるのに」

「ん……?」

 もしかすると動物の縄張り争いみたなものかもしれない。俺はそう推測したが、印堂の眉間のしわがさらに深まった気がする。


「んんん……? 似てる、っていうことは……んん……?」

 唸り声をあげて、印堂は珍しくも何かを考え込む表情をした。本当に珍しい。

「教官の感想、だいぶ複雑。あの人のことは苦手じゃない。別に。けど……」

「けど?」

「感じが出なかったのは、確実」

「だから、『感じ』ってなんだよ」


「んんんん……。それ、言うの?」

 さらに眉間のしわを深くして、印堂は唸り声をあげた。

「感じは、感じ。アレの。アレしてる感じ」

「城ヶ峰並みの説明やめろ」


「だから」

 印堂は一瞬、目を逸らす――大通りの方を見る。理由はすぐにわかった。俺もそちらを見る。

「……こんなときに来る」

「意外と早かったな」

「せっかく、……ふつうに散歩してる感じになってきたのに」

 ため息混じりに印堂が呟き、俺は騒音を聞いている。


 車は三台。いかにも高級そうな黒塗りの車体が、通りを駆けてくる。

 法定速度を明らかに超えているだろう。こちらの倉庫街へ一直線だ。


 俺はポケットから《E3》のインジェクターを引っ張り出す。

「《貪婪たる鱗》卿は、トモエってやつを護衛で雇ったらしいな。張り付かれてると面倒だから、引きはがしたいところだ」

「もしかして、トモエって槍使いの子? アキにボコボコにされてた?」

「まあ、十中八九そうだろうよ。お前、自信ありそうだな」


 俺が笑うと、印堂も澄ました顔でうなずく。

「楽勝だと思う」

「どうかな。腕を上げてるかもしれない。妙なやつの指導を受けたりとか」

「アキに負けた相手に負けるとか、ない。私は強いから」

「言うじゃねえか。それならお前がやってみるか?」


「いいけど。報酬は?」

 これも無表情のまま、わずかに首を傾げて印堂は言う。

 だが、俺にはなんとなくわかってきた。

 こういう顔でこういう発言をするときの印堂は、ちょっとふざけている。というか、甘えているのに近い。セーラや城ヶ峰相手にはよく見せる仕草だ。


「夕飯ぐらいは奢ってやろうか。高級な店を予約してあるからな」

「約束」

 うなずいた印堂もまた、《E3》のインジェクターを引っ張り出す。何気ない、まさに散歩するような足取りで、俺たちは道路へ進み出る。


 黒塗りの車は三台続いて、俺たちをひき殺さんばかりの速度で迫り――そして、横合いからぶち込まれた機関銃の弾丸の嵐を浴びることになる。


「派手な援護だな。よし、終わらせるか」

 間違いなく《輝ける紫煙》卿の眷属ども。これで車は止まる。

 俺は《E3》を首筋に打ち込む。慌ただしい世界の流れが鈍化して、冷たい感覚が広がっていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます