番外編・冷たい散歩(1)

 眠りが浅いせいか、このところ夢をよく見る。

 しかも、決まって悪夢を。

 こういうのは気候のせいだ。俺はそう思うことにしている。六月末。夏は目の前にあるのに、どうも肌寒い雨の日が続いていた。


 その日の夢の中身は、こんな感じだった。

 体のどこかに穴が開いていて、俺は死にかけている――夜の廃墟だかどこか、薄汚れた場所――動く気力もない。


「なんでだよ」

 妙にイラつく。

 誰かが助けに来てくれるのを待つ。こういう風景は記憶にある。あれはイシノオと組んで仕事をしたときだったか――


 あまりにも憂鬱で、いい加減に目を覚ましたいと思っていたところで、現実の方から呼ばれた。


 ドアを叩く音だった。

 がんがん、と、やや乱雑なノック。


「なんだよ」

 口の中でだけ呟いて、俺は体を起こす。眠気が染みついた目をこする。

 いつも通りの、自分の部屋のベッド。

 でかすぎる作業用のデスクが目立つ、殺風景な部屋。引っ越してからまだ開けていない段ボールがいくつか。


 春先にこの部屋を借りてから、もうそろそろ慣れてきた景色ではあった。

《嵐の柩》卿に追われてホテルを転々とする生活が終わって良かった、と思う。


 がんがんがん、と、ドアを叩く音は強く速くなっていく。


「うるせえ!」

 一声だけ怒鳴って、サイドボードのコップを手に取る。昨日の残りの水割り焼酎を捨てる。顔を洗って、歯を磨く。

 ここまでがルーチンワーク。

 意識しなくてもやってしまう動作だ。


 昨日の記憶――よし。はっきりと残っている。

 変なトラブルに首を突っ込んでいない。勇者にも魔王にもかかわっていない。《グーニーズ》にも立ち寄らなかった。俺にはやることがあった。


 そうして俺が歯を磨いている間にも、ドアを叩く音は勢いを増す。

 勿体をつけるのも、もう限界か。

 口を濯いで髪の毛を撫でつけて、俺はようやく玄関に向かう。右手にはバスタード・ソード。左手には《E3》。

《嵐の柩》卿を相手にした数か月で覚えた備えだ。


「そんなにバカみたいに叩かなくても聞こえてるよ! いいから黙れ!」


 怒鳴って、俺はドアを開ける。

 バスタード・ソードと《E3》の準備は万全。どんな攻撃であれ、俺は後出しジャンケンのチャンピオンだ。返り討ちにしてやる。


 だが――


「おはよう。ござい、ます」

 印堂雪音がそこにいた。

 相変わらずの仏頂面で、ぎこちなく頭を下げた。


 俺は目まいがした。

 玄関を叩いていたのはこいつか――いつもの制服姿ではない。薄いグレイのサマーパーカーに、えらく無骨なカーゴパンツ。

 おまけにリュックサックを背負った姿で、彼女はそこにいた。


「教官。もうお昼なのに。寝てたの?」

「嘘だろ、おい」

 俺は印堂の質問を無視した。

 なぜ印堂が俺の部屋に。突き止めたというのか。

 空間転移を可能とするエーテル知覚の使い手――まさか犬みたいな嗅覚まで併せ持ち、俺の居場所を探り当てたんじゃないだろうな。


「印堂。早速でなんだが、帰ってくれ。そして俺のねぐらの場所を忘れてくれ。ここに来たこととか、できれば全部」

「え。……無理」

「そこをどうにか! お前ら三人のうち誰かに居場所がバレてるとか、超こええぇぇーーんだよ! いやマジでコズミックホラーだよ! わかってくれよ! ってかどうやったんだ? どうやってここが――あ」


 そこで俺は気づいた。

 印堂雪音の背後に、やたらと猫背なハンチング帽の小男がいることを。


「やあ、どうも。ヤシロ。久しぶり」

 マルタだ。あいつは気弱な笑顔で一礼しやがった。

 別に久しぶりってわけでもないが、マルタの時間感覚はよくわからない。


「マルタ」

 俺は呆れて、倒れそうになった。

「なんでお前……印堂を連れて、ここに……」


「いやー。ヤシロ、昨日は《グーニーズ》に来なかっただろう。月曜日なのに」

「まあな」

《グーニーズ》の月曜日は特別だ。勇者専門の営業になる。このところ、暇だった俺は毎週のように顔を出していた。

 だが、昨日は別だ。やるべきことがあったので、《グーニーズ》には顔を出せなかった。


「俺だっていつも暇なわけじゃねえよ。昨日はやることがあった。それがどうした?」

「それがね、俺は止めたんだけど、この子がね……どうしてもヤシロに会いたいって聞かなくて」


「うん。教官。……セーラとアキが」

 印堂が不意を打つように口を開いた。

「昨日の夜、たくさん、えっと……メール? とかをしたって聞いた。教官に用があって」

「お? ああ、メールか」


 俺はポケットの中のスマートフォンを手に取る。

 なるほど。確かに城ヶ峰のアホとセーラから大量のメールが届いていた。城ヶ峰からは『緊急事態!!!』というタイトルで37件。

 セーラからは『頼み事があるんだけど……』というタイトルで2件、に加えて、SNS経由でメッセージを1件ずつ。


 着信履歴は――まあ、見るのはやめておこう。

 なにがあったのか、少し気になった。


「――だから。私が、教官に直接会いに来ようと思って。メールしか頼れない、不甲斐ない二人の代わりに」

 印堂はマルタを指さす。

「この人に、がんばってお願いした」

「がんばってお願いされちゃあ、しょうがないよね。これって、おれ、いいことしてるよね? そうだろ?」


 マルタが気弱な微笑みを浮かべる。

 畜生。

 この二人――インターネットの「イ」の字もろくに理解していないアナログ原始人どもめ。メールが使えないからこそ、家に直接来るという選択肢を選びやがる。


「マルタ。お前、俺たちがこの前買ってやったスマホどうしたんだよ」

「え? や、あれね。電池が切れちゃって」

「あれは充電式だよ、そういうんじゃねえよ! くそっ! 解約してやる!」

「――教官」


 俺が頭をかきむしってうつむくと、印堂が回り込んで俺の顔を正面から見つめてくる。

 小動物、というより、真剣な犬みたいな顔つきだ。


「教官。大変なことになってる」

 印堂は神妙な顔でそう言った。

「期末試験が、マジでヤバいの」


「――はあ?」

 俺はものすごく嫌悪感に満ちた顔をしたと思う。

 期末試験など知るか。そう言いたかったのだが――


「なあ、頼むよヤシロ。おれたち、友達だろ? この子にこれ以上付きまとわれたら、おれ、ストレスたまっちゃうよ。おれの嫁が黙っちゃいねえよ」

「お前の嫁か。……なら、しょうがねえな」

 我ながら、俺はマルタに甘い。というより、《グーニーズ》のメンバーは誰もがマルタに甘い。


「とりあえずマルタ、お前は風呂入れ。くさいから。で――印堂、とりあえずてめーの話を聞くから入れ。その代わり! 俺の住所、絶対に城ヶ峰とかセーラとかには言うなよ!」

「え、おれ、くさい?」

「はい」


 マルタは不思議そうな顔をしたが、印堂は鋭くうなずいた。


「誓って、誰にも言わない。マジで。それで――ちょっとだけ教官の部屋、探索してもいい?」

「絶対ダメだよ。そこに座れ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます