番外編・ブレイブソード(1)

「あの、ヤシロさん」

 と、その日、《二代目》イシノオは間抜け面で切り出した。


 いつもの《グーニーズ》。

 エド・サイラスの店での話だ。

 互いに生ビールの一口目を呷ったタイミングだった。他に客の姿はない、梅雨が明けたばかりの蒸し暑い夜。

 どこか憂鬱な晩だった。


「ヤシロさんの――あの剣って、どこで仕入れてるんですか? 特注ですよね、絶対」

「まあな」

 単純に質のいい刃物なら、新宿の「専門店」で手に入る。

 取り回しのいいナイフやショートソード。だが、俺のバスタード・ソードは話が違う。こいつはイシノオの言う通り、特注している逸品だ。


「いいっすね」

 テーブルに立てかけているバスタード・ソードを見つめ、イシノオは呟く。

「ぼくもそろそろ、オーダーメイドで武器とか欲しいんですけど」


「なるほど、また剣を壊したな」

 俺はイシノオの顔面を見ながら断定的に言った。

 イシノオのやつは右目の上に絆創膏を、右手には包帯を巻きつけている。挙句の果てに、唇が腫れていた。


 どうせ前回の仕事で失敗したに違いない、と俺は思った。

 こいつは出会ったときから、いつもなんらかの負傷をこしらえている。仕事のやり方が雑なのだ。


「お前みたいなやつが、特注の剣なんて百年早えよ。ホームセンターで包丁か鉈でも買ってこい」

 俺はビールを口にして、イシノオを叱咤激励する意味で言い切った。


 そもそもイシノオには、腕のいい武器商人を――有料で――紹介してある。

 量産品だが、それなりの刃物なら手に入るはずだ。

 にもかかわらず、オーダーメイドが欲しいなんて、調子に乗っている証拠だ。俺はそう決めつけることにした。


「いやいや。ぼくはせめて、その辺のチンピラとかに舐められないように、ですね……ちゃんとしたのを持ちたくて」

「バカ。一流の勇者ってのは、経験からにじみ出るオーラってものを纏ってるもんだ。そうすりゃ自然と舐められない」

 そう、たとえば俺のように。そういう意味をこめて、俺は親指を立てた。


「オーダーメイドの武器はそれからだな。じゃ、オーラの身に着け方から教えてやろうか?」

「あ。それは面倒臭そうなんで、鍛冶の人を紹介してくれたら金払うことにします」

「……仕方ねえな」

 面倒臭そうとはひどい言い草で、大いに引っかかる物言いだが、金を払うなら話は別だ。

 俺は大きくビールを呷った。


「特別だぞ。どんな得物にするつもりだ? 鍛冶職人にも鍛える剣の得手不得手ってのがあるから、まずはお前の使いたいやつから聞こう」

「うむ。そうだぞ、《二代目》。勇者の魂とも言うべき武器だ。慎重に選ぶといい」

「そうそう、武器ってのは勇者の――」


 言いかけて、俺はそのまま固まった。

 横合いから、信じられないほど不吉な声が聞こえた気がする。

 カウンターの方からだ――そこにいるべき存在は、エド・サイラスのはず。俺たちにビールを注ぐまでは、確かにいた。


 だが、いまやそこには変なカエルのエプロンをつけた少女――城ヶ峰の姿があった。

「勇者の志は、剣にこそ宿るもの」

 やつはクソ真面目な顔でうなずいて、ごく自然な笑顔を俺に向けてきた。

「そうですよね、師匠!」


「いつの間に」

 俺は呻いた。

「エドはどうした。なんでお前がそのエプロンつけてカウンターにいる。いますぐ帰ってくれ……いやマジで頼むわ。今日はなんかだるいから、お前みたいなカロリー高い存在と関わりたくない……」


「マスターは外出です、師匠。所用があるそうで」

 城ヶ峰はむかつくほどよく通る声で応じた。

「そしてこのエプロンは、アルバイトの正装です! つい最近、アルバイトが約一名ほど脱走したとのことで、私が志願しました! ただいま店番中です!」


「最悪」

 俺の感想は、まずそれだった。

 飲み込んだはずのビールの気泡がせり上がってきそうだ。

「エドも止めろよ……いくら自分が楽するためだからって、城ヶ峰はねえだろ……。暴動が起きるぞ。いや、むしろ起こすわ。俺が主導で計画する……」


「あのー、ヤシロさん」

 《二代目》イシノオは、思い切り顔をしかめていた。

「ぼく、あの子苦手なんですけど」

「ってか得意なやつ見たことねえよ」


「ふっ」

 俺たちの会話を聞いていたのか、いないのか。城ヶ峰はかすかに笑って、こちらのテーブルに近づいてきやがった。

「恥ずかしがることはない、《二代目》イシノオ」

 毅然とした目つきで、尊大に胸を張る。城ヶ峰はどうも《二代目》イシノオに対してはタメ口をきくようだ。

 よく考えればこいつらは同い年か、彼女の方が年上という可能性もある。


「私も同行して、お前の武器選びに付き合ってやろう。そう――勇者稼業の先輩として!」

「えええ……城ヶ峰さんは必要ないんじゃない、ですか……?」

 勢いに押されて、イシノオまで敬語を使っている。

「ぼく、ヤシロさんから鍛冶職人さんを紹介してもらうつもりなんで……」


「だからだ!」

 城ヶ峰はついに俺たちのテーブルにたどり着き、ばん、と両手をついた。

「師匠! ぜひ私にも紹介してください――師匠のバスタード・ソードを鍛えた、素晴らしい職人の方を! この通り、お願いいたします!」

 深々と頭を下げた、城ヶ峰のポニーテールが机に垂れ下がった。

「そもそも《二代目》イシノオにだけ紹介するのはいかがなものかと! 上下関係でいえば、私の方が姉弟子にあたるはず……! そうではないですか、師匠!」


「お前を弟子と認めるのは置いといて、体育会系の発想だな……」

 俺は辟易した。

 断ることは容易い――だが、こうなったが最後、俺が紹介するまでつきまとうだろう。


「ヤシロさん」

 イシノオは勢いよくビールを飲みほし、城ヶ峰を指さした。

「行くならさっさと行きましょう。この人、たぶん引き下がらないっすよ。めちゃくちゃしつこいですし、諦めませんよ」


「知ってる。スゲーよく知ってる」

 紹介料が二倍に増えたと思えばいい。少なくとも、その程度の慰めは必要だ。

 俺もビールを飲み干した。

「もう一杯注げ、城ヶ峰。エドが戻ったら出るぞ」


 それにしても、不幸なのはイシノオだ。

 前世でどれだけの業を積めば、城ヶ峰の「後輩」などという最悪のポジションに収まることになるのだろうか。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます