番外編・梅雨の勇者(エピローグ)

 船の上は最悪だった――寒いし、濡れているし、目の前で巨大な船が爆発していた。

 波も風も、雨も強い。

 おまけに隣には《トリスタン》ラムジー・ヒギンズ――あのイカれたアカデミーの教師までいる。


 ジョーを引き上げて、一息つく頃には、俺はもう苛立ちが限界に達しつつあった。

 俺はさっさとコートを脱ぎ捨て、ラムジーに投げつけた。

「話しかけるなよ。っつーか、喋るな」


「そういうわけには、いかないですね」

 ラムジーは投げつけられた俺のコートを、見事に受け取った。

 さらに苦笑いまでしたが、そこには鼻につくような、インチキくさい爽やかさがあった。

「ヤシロさんには、私の生徒がお世話になったようで」


 ラムジーは俺の背後に隠れようにして座る、榊原エレナを一瞥した。

 いまの彼女は毛布にくるまっている。バニーガールの衣装はそのままであるため、なんだか場違いな漂流者みたいな雰囲気がある。

 《ソルト》ジョーによく似た、その目つきだけが強気だ。


「どうでした? 《夏枯れの鏡》卿。実力的には、東京都南部の五指に入ると思いますよ」

 ラムジーは俺の表情をうかがっている。何かを探るように――それを隠そうともしない。

 なんて腹立たしいやつだ。

「彼は自分を小さく見せるのがうまい。おかげで魔王の勢力争いを生き延びてきたようなものですね」


 もちろん俺には、答えるつもりはない。すごく不機嫌だったからだ。

「知るかアホ。てめーは喋るなっつったろ」

「仕方ない。では、榊原さん。いかがでした?」


「……かなり手ごわいと感じました。ヤシロさんも、馳夫ストライダーさんも凄腕の勇者だと思いますが、結果的に逃がしてしまったので……それなりにしぶとい魔王なのではないかと」

「おい、いまなんつった? 適当なこと言ってんじゃねえぞ」

 素直に答えやがったエレナを、俺は強く睨んだ。


「あんなやつ、ちょっと本気になりゃ楽勝だよ。そもそも今日はオフのつもりだったんだ。見学っつーか見物っつーか、それをお前、面倒な話にしやがって――」

 あえて乱暴にまくしたてたが、これはよくなかった。

 エレナの背後でガーゴイルのようにうずくまっていたジョーに、俺よりさらに凄まじい目つきで睨まれたからだ。


「どうしろってんだよ」

 俺はジョーを咎めるように吐き捨てた。やつの事情も、もう洗いざらいぶちまけてしまおうかと思った――だが無理だ。

 後々が面倒臭すぎる。

 ジョーは俺から顔をそらした。気まずい沈黙。エレナが戸惑ったように俺とジョーを交互に見る。


「しかしですね――今回の件は大ごとですよ。ヤシロさんたちが意図したにせよ、しないにせよ」

 ラムジーは俺たちの空気を、たぶん故意に無視した。明るい声を張り上げる。

「やはり、戦争になりそうですね。このテロ事件、確実に南北の境界線を揺るがすでしょうし」


 テロ事件。

 この豪華客船爆破による騒動のことか。確かに、他の何物でもあるまい。

 俺はますます嫌悪に満ちた目でジョーを睨んだ。やつは一言も発しないが、いっそう気まずそうな気配を漂わせ始めた。


 だが、そのまま睨んでいても仕方がない。

 俺は舌打ちをして、気になった単語を聞き返すことにした。

「――で、いまなんつった。戦争だって?」


「ええ、まあ。《嵐の柩》卿が消えて、小競り合いが増えたんですが、夏には一段落するでしょう。勢力の統合です。そしたらもちろん、次は勢力同士の戦争が待っています」

「勇者にとっては稼ぎ時ってわけだ。そりゃよかった」

 言ってから、しまったと思った。

 稼ぎ時。こいつはあの気に食わないアーサー王の思惑通りの状況というやつだ。


 ラムジーは快活に笑った。

「はい、それはもう戦争ですからね。東京北部の《三弦同盟》と、南部の《ローグス》。ヤシロさんたちはどっちにつくおつもりで?」

「お前らと違う方」

 そのことだけは明確にしておこうと思った。


「どうせ悪だくみしてるんだろ」

「まさか。我々は戦争に介入して、民間人への被害を少しでも減らすよう努力するつもりですよ。どちらかに加担などしません。勇者は魔王を討つのが仕事ですからね」

「アホか」


 俺は鼻で笑った。ひどい御託だ。

 聞こえはいいが、つまり戦争による小競り合いを活発化させて、戦争を泥沼に引きずり込むような動きをするのだろう。

 最終的にいずれかの勢力が勝利し、「大魔王」と呼ぶべき状況になるのを待つ。

 そこから「アーサー王の大征伐」というわけだ。

 バカバカしい。


「いかがですか、ヤシロさん。あなたも我々と一緒に活動しませんか?」

 爽やかな笑顔のまま、ラムジーは俺に片手を差し出した。

 手の平にはバッジが光っている――怪物のバッジ。半分に割られたドラゴンの顔。

「ちょうど、円卓には二席ほど空きがあります。ぼくはヤシロさん、《パーシヴァル》の席に推薦しようと思うんですが――」


「馬鹿じゃねえのか」

 俺はラムジーの手から、銀色のバッジをひったくった。

 そして、思い切り荒れた海へと放り投げる。バッジは波にのまれてすぐに見えなくなった。


「ああ。勿体ない」

 ラムジーが呟いたのはそれだけだった。まるで残念そうでもない。

 こいつ、俺を舐めていやがる。少なくとも俺はそう思った。そういうやつを相手に、俺は容赦しないことにしている。


 やはり、この男とはいずれ決着をつける必要があるだろう――

 そう確信したときだった。


「――あの、ヤシロさん」

 背後から、エレナが小声で呼びかけてきた。

「さっきの話なんですが。私がバカなこと言ってると思ったら、すみません。あの――ヤシロさんって、妹とか」

「最後まで聞く価値ねえな。バカなこと言ってるよ、お前」


 ジョーが不愉快そうに眼を血走らせたが、俺は気にしない。

 もう今夜のような茶番はうんざりだ。


「お前みたいなフツーの間抜けの兄貴が、勇者のはずがない。絶対なれねえよ」

「でも私――幼い頃に、兄さんが」

「無理だね」

 俺はエレナが頭からかぶっている毛布を掴み、その視界を隠すように引きずりおろした。

 こいつの目つきは、どうも苦手だ。


「お前の兄貴はとっくに死んでるか、さもなきゃその辺でクソ真面目に働いてるだろうよ。プロの勇者の俺が言うんだから、間違いねえ」

 そうして俺はジョーに対して、とっておきの皮肉な笑みを浮かべてやった。

「そう思うだろ、馳夫ストライダー


 何も言えないジョーの怒りの表情が、今夜の唯一の報酬といえた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます