番外編・梅雨の勇者(7)

「やってられるか、こんなの」

 俺はありったけの憤懣をこめ、吐き捨てた。

 甲板に立ち込める煙の向こうから、赤いローブを翻して《夏枯れの鏡》卿が近づいてくる。

「何をした」

 《夏枯れの鏡》卿は声をあげた。やつの瞳にあったのは、俺たちへの怒りと疑念が半分ずつというところか。

「お前たちに聞いている。いま、何をした!」

 冗談じゃない――こっちは金網の中にいるというのに。

 それに悪いのはほぼ完全にジョーの方だ。


「ジョー、こいつは貸しだからな! 俺は逃げる!」

「誰が逃がすか変態クソ野郎」

 マジかよ、と俺は思った。ジョーはまだやる気らしい。

 血の混じった唾を吐き捨て、大股に踏み込んでくる。弾丸の速度。真正面のストレートだ。


 大粒の雨を砕き、迫る拳を、鼻先の紙一重でよける。

 続いて撃ち込まれるのは、脇腹へのショートフック。これも捌く。

 俺なら余裕。怒り狂ったゴリラの連打が、《E3》を使った俺に通じるはずもない。先ほどのように捕まえることもできただろう。


 しかし、いまは悠長な関節技でジョーを仕留めている場合ではない。

「このバカ」

 仕方なく、俺はジョーの足を払った。

 一度、距離をとる――言葉をかける。


「やめろ、本物のバカか? 当初の目的を忘れてんじゃねえよ!」

「うるせっ」

 俺の主張は通らなかった。が、結果はそう悪いものでもなかった。

 ジョーの手が空中で何かを掴み、引きちぎるような仕草をした。次の瞬間、再び爆発が起きる。


 ちょうど俺のいた空間を、弾ける炎の連鎖が走り抜けていった。

 そいつは金網を吹き飛ばし、その向こうから接近していた《夏枯れの鏡》卿を飲み込んで膨れ上がった。

《ソルト》ジョー。

 どういう原理だ? いままで知らなかったが、こいつ、空間そのものを爆発させることもできるのか。それとも爆発のさせ方にバリエーションがあるのか?

 いったいジョーの視界にはどれだけの量の「導火線」が見えているのか――


 ともあれ、それは金網を吹き飛ばし、《夏枯れの鏡》卿を炎に巻き込んだ。

 と、思う。

「んん……うまくいったな。ヤシロ、やれ」

 ジョーが低い声でささやいた。

 あのハゲふらつく足取りで、酒の入ったスキットルを取り出すのが見えた。


「ここまでがオレの計画ってわけだ。どうよ?」

「ウソつけアホ。完全に途中まで忘れてただろ」

 絶対嘘だと思った。こんなめちゃくちゃな計画があってたまるか。

 が、いずれにせよ、このチャンスを逃す俺じゃない。


 最高加速だ。

 爆発で破けた金網をすり抜け、《夏枯れの鏡》卿に迫る。傾く船体、降りしきる大粒の雨、黒い煙。誰かの悲鳴と怒号。それをかき分けた後には、あの《夏枯れの鏡》卿の大きな人影が。


 ――いや。なかった。


「避難を! 船が持たない」

 これもまた、どういう原理だ?

《夏枯れの鏡》卿は、すでに天幕の下にいて、なにやら大声で指示を飛ばしていた。雨にも濡れていない。

 そういうエーテル知覚なのか?

 さっき爆発で吹き飛ばしたように見えたのは――


「その顔」

 《夏枯れの鏡》卿は、俺たちを指さす。

 こけおどしと苛立ちに満ちた、ことさら冷酷を装った目で。

「覚えたぞ。何者だ?」


「何者じゃねえよバカ、俺は無敵の《死神》ヤシロだよ」

 面倒なことになる。そう思った俺は、再加速して《夏枯れの鏡》卿に接近しようとした。ここで始末をつけようと思った。

 だが、船全体に走った、致命的な振動がそれを阻んだ。


 俺がコケそうになったとか、そういうわけじゃない。

 ジョーの妹――榊原エレナが転倒するのを見た。


「あ」

 彼女は甲板をすべり、そのまま海へ落ちていく。完全にそのコースに乗っていた。俺とジョーはほぼ同時に駆け出している。


 俺たちはクズだ。

 人殺しを生業とする、勇者だ。

 だが友達の妹を見殺しにするような、最低のラインを踏み外してはいない――そうだろう。


 俺がこんな善人みたいな真似をするのは、友達にそういうアピールをしたいからかもしれない。

 俺はジョーの肩をぶん殴った。


「ジョー、俺が飛ぶ」

「ざけんな変態ロリコン野郎、オレの妹に指一本触れてみろ。ぶち殺すぞ」

「言ってる場合か、命綱出せ。例の『導火線』」

「てめーが持て! 妹はオレが助けに――」

「お前にしか触れねえだろ! 俺の『導火線』を離すなよ!」


 言うが早いか、俺は跳んだ。

 砕ける船体から、榊原エレナを抱きかかえて海面へ。自殺行為ってわけじゃない。


 ジョーが俺の「導火線」を掴んでくれると思ったからだ。別にあいつを信用していたとか、そういうチンケな理由じゃない。

 あいつが妹を見捨てられないやつだとわかっていたからだ。


 そして、それはうまくいった。

 俺と榊原エレナは、海面を砕いて盛大な水しぶきをあげた。


 気分は最悪だった――雨が降る夜の海は、ある種の力に満ちていた。波と冷たさ、暗さと得体のしれない厳かさ。どれも吐き気がする。この力に飲み込まれれば帰ってこれないような予感。

 ジョーが俺の命綱を確保していなければ、間違いなくそうなっていただろう。


「ヤシロさん」

 海水と雨と波に翻弄される合間に、かろうじてエレナの声はそれだけ聞こえた。

「絶対助けてくれると思ってました」

 彼女は蒼白な顔で、しかもバニーガールの衣装で、滑稽なほど真面目な微笑を浮かべた。

 俺は彼女を離すわけにはいかず、力の限り抱きかかえているしかなかった。


「ヤシロさんに、聞きたいこと、もうひとつあったんです」

 海の水しぶきを浴びながら、エレナは俺の耳に唇を寄せた。

「ヤシロさんって、もしかして」

 俺はといえば、六月の海水の冷たさにただムカついていた。それどころじゃなかった。が、エレナの考えていたことは、想像以上にロクでもなかった。


「――私の、お兄ちゃんじゃないですか?」

「あ?」


 俺の返答はよほど間抜けに聞こえたに違いない。


 だが、致命的なことになる前に、助け――みたいなものがやってきた。

 俺たちを照らした光がある。

 月の光でも、ジョーの爆炎でもない、もっと人工的で無機質な光。


「――やあ、どうも」

 白いライトを照射しながら、ひとつのモーターボートが俺たちに近づいてきていた。

 その舳先にいる人物が、片手をあげて俺たちに挨拶をした。

「妙なところでばかり会いますね、《死神》ヤシロさん」


「先生」

 と、榊原エレナも口に手を当てて驚いた。

「いらしてたんですか?」


 胡散臭いほど、うんざりするほど爽やかな笑顔の男。

 見覚えがある。

 アーサー王の側近、《トリスタン》ラムジー。

 やつは弦のない変な弓を片手に、この夜の海の主であるように腕を組んだ。

「もしかして、この《戦争》に一枚噛むつもりで? それは興味深いですね。ええ。本当に興味深い」


 そうしてやつは、爽やかに笑って見せた。

 最悪だ、と俺は思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます