番外編S3

番外編・梅雨の勇者(1)

 梅雨の季節は、いつも憂鬱だ。

 気圧が低いと頭も痛むし、なんだか妙に体もだるい。仕事もする気にならない――のは、いつものことか。とにかくその日、俺は普段以上に機嫌が悪かった。

「金と、女だな」

《ソルト》ジョーは阿呆なので、いつものようにビールを飲みながら断言した。


「それが足りてないから、お前は機嫌が悪いんだ。そうに決まってる」

「お前と一緒にするな」

 俺はジョーから顔を背けた。この単純な男にはどうせ、俺のメランコリックで複雑で繊細な心がわかるはずもない。

 だが、ジョーはテーブルに身を乗り出し、俺にそのゴリラのような顔面を近づけてきた。

「な。だからヤシロ、女のいる店に行こうぜ。たまにはいいだろ?」

「悪くねえけど。俺は金もねえんだよ、仕事してねえから」

「気にすんな。そのくらい、オレが奢る」


「――おい、なんだどうした」

 俺は思わず身を引いた。

 ジョーのゴリラ顔が近づいてきて不快だっただけではない。やつの口から『奢る』などという発言が出たためだ。

 すわ、天変地異の前触れか――それとも何かに取りつかれているのか。俺はそう直感した。

「ジョー、お祓いに行こうぜ。大丈夫。マルタのやつは腕のいい神主と知り合いだから」


「違う」

 ジョーは真面目くさって、握りこぶしをテーブルに叩きつけた。

「もうこの際、なりふり構っていられねえ――正直に言うぞ。なあ! 一緒に来てくれ、ヤシロ。オレの妹がヤバいんだ!」

「なるほど」


 俺はすべてを察した。ジョーのシスコンぶりは目を覆わんばかりのものがある。

 この無敵に近いエーテル知覚の持ち主である《ソルト》ジョーを、からかって遊ぶ絶好の機会が到来していることを察した。シスコンをこじらせた大人の男は気持ち悪いが、俺には良心というものが残っている。

 こいつは妹を勇者にしようとしている――それも伝説に残るくらいの、すごいやつ。


 まったくもって、どうかしている。その事実だけで胸やけがしそうになるが、いまはそれどころではない。

 面白くなりそうな予感がした。

「話を聞こう」

 俺はジョーに額をぶつけるように、身を乗り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます