• 勇者のクズ

  • 番外編(前日譚)
  • レッスン0:クソみたいに素晴らしき勇者の日常
  • 印堂雪音の場合

印堂雪音の場合

 印堂雪音にとって、世界はあまりにも複雑だ。

 空間を満たす亀裂。無数の歪み。《E3》がもたらす聴視覚を通して、彼女はその『隙間』を見る。この人気のない路地裏にも、『隙間』はそこかしこに存在している。印堂雪音は不思議に思う――なぜ世の人々は、この『隙間』に転がり落ちずに済んでいるのだろう。

 そうして取り留めもない思考を巡らせつつ、印堂は足元の『隙間』を踏み越える。

 耳元で声が響いたのは、そのときだった。


『おい! ――雪音?』

 ノイズの混じった、多大な緊張を含む女の声だった。セーラ・カシワギ・ペンドラゴンという。彼女のクラスメイトで、同時にチームメイトだ。印堂と同じアカデミーで学ぶ、勇者候補生でもある。

 勇者養成機関を名乗るアカデミーという学校は、進級時に『実習授業』を課すことで知られている。三人一組となり、標的と定めた魔王を狙う。印堂とセーラは、その実習授業のためにチームを組んだ仲間だった。


『雪音、何やってる? ってか、聞こえてるのか?』

 しかし、やや聞こえてくる声のボリュームが大きすぎる。印堂はわずかに眉間に皺を寄せ、右の耳に手を当てた。そこには耳朶に引っ掛けるタイプの、小型のインカムがある。

『まさかぶっ壊したんじゃないよな? これ、アカデミーの備品なんだからな』

 やはり、ボリュームが大きい。

 確か、音量を調整する方法を教わったような気がする。印堂は思い出そうとしたが、声の主はそれを邪魔するように立て続けにまくし立ててきた。

『なあ雪音、聞こえてるなら返事くらいしろよ』


「――うん」

 印堂は口元のマイクに手を当てて、短く答えた。

「聞こえてる」

 つい、ぶつ切りのような返答になってしまう。

 印堂雪音にとって、世界はあまりにも複雑だ。現にいまの印堂は、『隙間』を縫って歩きつつ、インカムの音量調整方法を思い出しながら、さらに会話までこなしている。どれか一つに集中させてほしい、と、印堂は思う。

「聞こえてるけど、声が大きい。セーラ。これ、どうすればいいの?」

『ええ? 声? 胸ポケットに入れてやった本体あるだろ。そいつの音量調整ボタン使えよ』

「本体……」

 印堂は沈黙し、胸ポケットに触れた。確かにそこにはインカムの本体らしき装置がある。ボタンが複数。印堂はそれらを眺めて、さらに眉間の皺を深めた。

 いったいどのボタンが、音声の調整の役割を果たすのだろう。


『それより雪音、どこにいるんだ? もう合流の予定時間過ぎてるぞ!』

 印堂が考え込む間にも、声は切迫した様子で喋り続けている。

『まさか迷ってるんじゃないだろうな』

「ん」

 印堂は曖昧な答えを返して、また一歩、足元の『隙間』を踏み越えた。

「全然」

 彼女の眼前には、入り組んだ路地裏がある。

「……迷ってない」

『なんで一瞬でバレる嘘をつくんだよ! いまのリアクション、それもう絶対迷ってるだろ!』

「迷ってない、と思う」

『嘘つけ。だったらいまどこにいるか、自分で言えるか?』

「……ええと」

 印堂は足を止めない。角を曲がり、さらに狭い路地裏へと小柄な体を滑り込ませていく。その足取りには迷いがない。ただ表情を感じさせない瞳が、左右を素早く確認した。


「だいたいわかってる。すぐ大通りに出るから、安心して」

『できるか!』

 ノイズ混じりの声には、悲痛な響きすらあった。

『しっかりしてくれよ――状況わかってるか? 亜希と連絡がつかないんだ。何か想定外のアクシデントでも起きたのかもしれない』

「うん」

 印堂は、城ヶ峰亜希の顔を思い浮かべる。印堂、セーラとチームを組む、もう一人のメンバー。今夜の襲撃のために待ち伏せしているはずだが、恐ろしいほど隠密行動に向かない少女だった。しかし、勝手に持ち場を離れたり、連絡を怠ったりするようなタイプではない。

 単なる連絡用機器の不調ならともかく、危険に晒されている可能性もある。

『私もこれからフォローに行くけどさ。雪音、さっさと迷子状態から脱出しろよ』

「わかってる」

『だったら急いでくれよな! まだ失敗って決まったわけじゃない。《琥珀の茨》卿を不意打ちできるチャンス、今夜を逃したら次はいつあるかわかんねーし……!』


《琥珀の茨》卿、という。

 今夜、彼女たちが標的とする魔王の名だ。

 アカデミーという――勇者養成機関に所属する印堂たちには、進級試験として魔王を討伐する実習授業が課されている。東京にひしめく魔王の数は、数百もいるとアカデミーでは教えられた。《琥珀の茨》卿は、その中では決して強力な方ではない。

 だが、その行状から懸賞金が跳ね上がり、アカデミーで管理しているリスク評価も上昇した。

 手頃な獲物、というやつだった。

 少なくとも印堂たちにとって、計画した段階ではそのように思えた。


『亜希がしくじってたら、速攻で救出して引き上げだからな。予定通りな』

「うん」

 うなずきながらも、印堂の頭の中に失敗のイメージはない。

 城ヶ峰がしくじっていたとしても、《琥珀の茨》卿の足止めさえ成功していれば、印堂ならば一手で仕留めることができる。その自信がある。魔王さえ取り除いてしまえば、その眷属どもは瓦解するだろう。組織的な抵抗などできはしない。

『で、いまどこだ、雪音? もう大通りには出たか? 何が見える?』

「……道」

『いや、そうじゃなくて。ほら看板とか、店とか。何でもいいから。目印になるような何かあるだろ?』

「ええと」

 印堂は視線を左右にさまよわせながら、さらに角を曲がる。

 狭い路地が、まだ続いていた。

「特にない」

『おい! 本格的に迷ったな、てめえ!』

「迷ってない……、あ」

 印堂はそこでようやく足を止めた。


 人間がいたからだ。

 道を塞ぐようにして、三人。いずれもひどく目つきの悪い、大柄な男性だった。印堂はほとんど反射的に振り返る。元来た路地の方にも、二人。

 複数の人間に追われていることには、数分ほど前から気づいていた。だから、まずは路地裏に入り込んで誘い出そうと思った。《E3》を使用しているのも、そのためだ。追っ手をセーラとの合流地点につれていくわけにはいかない。

『ああ? どうした雪音、何があった?』

「うん」

 うなずきながら、印堂は前後から近付く相手との距離を確かめる。

「人がいた。さっきから、私を尾行してたやつらだと思う」

『尾行――おい、尾行されてたのか? なんだよそれ、そういうことはもっと早く言えって!』

 言おうと思った、と、印堂は弁解しようとした――が、すぐに諦めた。会話、歩行、道の確認、インカム機器の操作。これに加えて尾行の察知。それらを同時にこなすという行為の困難さを、どう説明すればいいかわからなかったからだ。

 印堂が迷っている間に、セーラの抗議の文句は続いている。

『っつーか雪音――』


「――なあ。誰と話してるんだ?」

 印堂の正面を塞いだ男のうち、もっとも目つきが悪く、体格のいい一人が低い声を発した。威嚇の要素を孕んだ声だった。片手に拳銃を握っている。印堂の目は、他の四人も同様に拳銃を持っていることを確認した。

 印堂は無表情のまま、少しだけ安堵した。

 こいつらは、まだこちらが《E3》を使っていないと思っている。あるいは、アカデミーの学生に《E3》が支給されていることを知らないのかもしれないし、《E3》の怖さを知らないのかもしれない。現在の形の《E3》が開発されて以来、まだまだ市場には十分な量が流通しているとは言えない。

 しかし彼らの事情など、印堂にはどちらでも良かった。


「その制服って、アカデミーの生徒だろ?」

 正面の男は拳銃を見せびらかすように持ち上げ、銃口を印堂に向けた。

「お前ら、何日か前から嗅ぎまわってたよな。なあ? 《琥珀の茨》卿がお怒りだ」

 印堂はその言葉で、大体の状況を理解した。《琥珀の茨》卿を狙う、自分たちの動きは察知されていた。城ヶ峰と連絡がつかないことも、それで説明がつく。アクシデントがあった。待ち伏せは失敗していた――そういうことだ。

「大人しくついてきた方がいい。無駄に暴れてくれんなよ、商品にはあんまり傷をつけたくねえからさ」

 威嚇するような口調から、不自然な猫なで声になった。そういうやり方で、いままでずっと他人を脅してきたのだろう。

 しかし銃口を突き付けられ、威圧されても、印堂は表情をまるで変えなかった。

 それどころか、眉間の皺が消えた。


『おい、雪音!』

 インカムからは、セーラの声が聞こえている。かなり焦っているようだ。先程までよりも声が大きい――これでは、戦いに集中できない。

「これから、追っ手を排除する」

 印堂は簡潔に答えた。

「こっちの動きがバレてたみたい。私はアキを助けに行く。セーラは逃げるべき」

『待てよ、とにかく私もそっちに――』

「ちょっと忙しい。また連絡する」

 印堂はセーラの言葉の途中で、インカムを耳から強引に外した。五秒以内に片をつける、と、印堂は心の中で宣言した。


「お? なんだ、お前――」

 道を塞ぐ男たちの間に緊張が走る。五つの銃口がこちらに向く。

 構わず、印堂は腰のナイフに手を伸ばし、『隙間』に向かって足を踏み出す。印堂にとって『隙間』はトンネルのようなものだ。空間の『隙間』に潜り込めば、それと繋がる別の『隙間』から出ることができる。相手からは瞬間移動したように見えるだろう。

 一瞬の暗転。

 空間を飛び越える。直後には、もう正面の男たちの背後に出現している。誰も反応はできない。ナイフを閃かせ、喉元に刃先を触れさせる。

「あっ」

 あまりにも間の抜けた、男の悲鳴があがった。


 印堂雪音にとって、世界はあまりにも複雑だ。

 だが戦闘のときだけは違う。複雑な世界がその『隙間』を覗かせ、とてもシンプルな構造になる。戦うときに難しいことは何もない、と、印堂は思う。ただ目的に意識を集中させればいい。それこそが勇者の仕事だろう。

 すなわち、敵に暴力を振るうこと。

 敵を殺すことだ。

 どこまでも思考を純化させながら、印堂は殺戮を果たしていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!