• 勇者のクズ

  • 番外編(前日譚)
  • レッスン0:クソみたいに素晴らしき勇者の日常
  • セーラ・カシワギ・ペンドラゴンの場合

セーラ・カシワギ・ペンドラゴンの場合

 セーラ・カシワギ・ペンドラゴンは目を覚ました。

 何か夢を見た気がするが、ほとんど覚えていない。最初に感じたのは喉の渇き。目を開ければ、いつも通りの自室、白い天井が視界に広がっている。彼女一人には、ちょっと広すぎるくらいの部屋の天井だった。

 一度だけ、セーラはゆっくりと瞬きをする。

 目蓋にわずかな抵抗を感じた――珍しい。


 寝起きは悪くない方だと、自分では思う。

 いつもの起床時間は、平日ならば六時半。休日は七時半。時間を計ったように眠りから覚める。目覚まし時計の世話になることもあまりない。鳴る前に起きることがほとんどだ。

 それは長年の習慣のせいかもしれないし、自分の性格の問題かもしれない。つまり、この違和感のある眠さには、理由があるのだろう。ならば、それは何か?

 セーラは視線を枕元に滑らせた。

 誕生日、骨董品のように古めかしいデザインを気に入り、買うことにした置き時計がある。わずかに錆びたような音色のベルを鳴らす時計だ。その針が示しているのは七時十五分。

 本日は日曜日であり、これは彼女にとってはやや早い起床ということになる。

「う――」

 セーラは中途半端な唸り声をあげながら、布団を持ち上げ、ゆっくりと上半身を起こしていく。

 そして時計の傍ら、同じく枕元に立つ一人の人物を視認する。


「おはようございます」

 中世ヨーロッパ風のメイド服――セーラにとっては見慣れた衣装に身を包んだ、長身の女性だった。どういうわけか、笑いを堪えているかのような表情でセーラを見下ろしている。

「朝ですよ、セーラお嬢様」

 静かな声だ。

 セーラの記憶にある限り、彼女はいつも静かだった。声の音量だけの話に限らず、感情的な発言をしたことはないし、騒々しい物音を立てたこともない。足音でさえ抑制されている。

 だから、セーラも彼女が枕元に立つまで気づかなかったのだろう。

「おはよう。……ケイさん」

 メイド服の女性の名を呼び、セーラは自分の長い金髪を掻きむしった。

「頼む。『お嬢様』はやめてくれよ、もう子供じゃないんだし。真似して呼ぶやつがいるんだから」

「そうですね」

 あくまでも静かに、ケイがうなずく。

「ではセーラさん、改めて。もう朝ですよ。起きてもいい時間でしょう」

「そうだけど」

 セーラは欠伸を嚙み殺した。彼女の前では、なぜか礼儀正しい振る舞いをしたくなる。そういう気配が、ケイにはある。

「ケイさんが起こしに来るなんて、今日、何かあったっけ? また親父が文句言ってきたとか」

 声に不機嫌な響きが混じるのを、セーラは自覚する。単なる眠さのせいだけではない。父親のことを考えたからだ。


 彼女の父は、名前をアーサー・ペンドラゴンという。現代社会における勇者たちの最大の支援者、《円卓財団》の長。五百七代目のアーサー王。

 彼は、一人娘であるセーラが勇者を目指していることに否定的だ。勇者養成校であるアカデミーに所属していることも快く思っていない。たまにこの家に帰ると、呼び出されて説教じみた言葉をかけられることがあった。

 それもしばらく姿を見ていなかったので、もうすっかり諦めて黙認したのかと思っていた。


「それとも」

 セーラはなんとなく窓の外に目をやった。白いレースのカーテン越しに、庭の緑と、よく晴れた空が見えている。

「ママがまた気まぐれで帰ってきた?」

「いえ。どちらも違います」

「じゃあ、なんだよ?」

「セーラさんにお客様ですよ」

 珍しく、ケイは嬉しそうな気配をはっきりと声に滲ませていた。

「学校のお友達だそうです。初めてではありませんか? お友達が休日にいらっしゃるなんて」

「友達って」

 セーラはまた金髪を掻きむしった。自慢ではないが、入学して以来、ずっと学校では孤立しているという自覚がある。友達と呼べる相手は、クラスにもいない。

 そう名乗る者がいるとすれば――


「あ」

 セーラは一人の女子生徒の顔を思い浮かべた。

「もしかして――そいつって、城ヶ峰って名乗ってなかった?」

「ええ。そういうお名前です」

 ケイは抑制された笑みを浮かべた。思わず自分の顔が強くしかめられるのを、セーラは止められなかった。

「あいつ、マジに来たのかよ……しかもこんな時間に!」

「セーラさんは身支度をして、応接室までお越しください。せめてそのジャージは着替えた方がいいでしょう。できるだけ急いで。あまりお友達を待たせるものではありませんよ」

「いや、ちょっと待った。違う。そいつは別に友達じゃなくて」

「セーラさんにお友達ができるなんて」

 セーラの弁解を、ケイは聞く耳も持たないようだった。

「私はとても嬉しいです」

 こうなったケイには、何を言っても無意味だとセーラは知っている。

 せめて不快感を表明するため、彼女は熊のような唸り声をあげてみせた。


――――――――


 身支度を終えたセーラが応接室のドアを開くと、そこには予想した通りの少女の顔があった。

 真顔だと、どことなく冷たいような印象を受ける顔立ちだ。が、セーラは何度か会話をして気づいたことがある。この少女の場合、冷たいのではなく呆れるほど頑固なのだ。その意志の強さが、普段の表情を形成しているに過ぎない。


「おはよう、カシワギ・ペンドラゴン!」

 ソファを立ち上がり、セーラが辟易するほど清々しい声で朝の挨拶をしてくる。心の中に一片の悩みもない、とでもいうような挨拶だった。

 一方のセーラは仏頂面で、頭を下げるというより軽く首を傾けた。

「……まあ、おはよう、なんだけど」

 ケイが呼んだところの『友達』――この訪問者の名前を、城ヶ峰亜希、という。

 アカデミーにおけるセーラのクラスメイトで、すなわち勇者候補生である。とはいえあまり親しくはなかった。

 話をするようになったのも、ここ数日のことでしかない。

 クラスで浮いている少女、という認識だけがあった――セーラと同様に。


「今朝は素晴らしい歓待に感謝する」

 城ヶ峰は深々と頭を下げた。

「きみのご家族から、非常においしい紅茶をご馳走になった。きみからも礼を伝えておいてくれ。瓶詰のジャムまでいただいたぞ!」

「ああ。ロシアンティーな、それ」

 セーラの目が机の上を見た。苺のジャムの瓶と、すでに飲み干された紅茶のカップがある。

「ジャムは紅茶と一緒に食べるやつ。ケイさんの中でブームらしい」

「なんと! そうだったのか。瓶ごといただくのは申し訳なかったので、何かお返ししなければと考えていたところだった」

「や、別に――そのジャムも、ケイさんが趣味で大量に自作してるやつだから。持って帰ればいいし」

「そういうわけにもいくまい! しかし、きみは大変に懐が深いな。寛大だ」

 城ヶ峰は感心したように腕を組み、何度かうなずいた。

「やはり私の見る目は正しかった!」

「それな。そのことだけど――」

 セーラは欠伸を隠すことなく、城ヶ峰の対面のソファに座った。


「やっぱり例の話か? 休みの日に来いって言ったけど、いくらなんでも朝早すぎるだろ」

「善は急げ、というだろう! 私たちにはきみの力が必要なのだ。心の底からだ!」

「ああ」

 セーラはため息をついた。

 例の話、というのは、アカデミーの『実習授業』に関わることだ。セーラたちが通うアカデミーは、勇者育成機関である。二年次の終盤には実習授業と称される試験があり、魔王を実際に討伐するプランを立て、実行に移さなければならない。

 それも、単独ではなく三人編成のチームで、だ。

 セーラはアーサー王の娘という特殊な立場であり、これまでもクラスで浮いていたところがあった。あえて親しく付き合う相手もいなかった。それ故に、気づいたら実習授業で声をかける相手もおらず、時間だけが過ぎ現在に至る。

 もはや期限は差し迫っている。残り二日以内にチームを結成しなければ、実習不参加となる窮地に立たされている状況だった。

 そして、同様の状況に立たされている者もいる。それこそが城ヶ峰亜希。それからもう一人、印堂雪音という二人の少女だ。現在、セーラはその二人からチームを組むように頼まれていた。


「その――実習授業なんだけどさ」

 セーラは言いづらそうに口を開く。

「正直、かなり迷惑かけるから。止めた方がいいと思う」

「なぜだ? きみの剣技は見せてもらった。素晴らしいものだ。背中を預けるにふさわしい!」

「そうじゃなくてな」

 セーラは城ヶ峰を睨んだ。あまりにも能天気な声と顔だった。

「私はほら――家がコレだろ。アーサー王の娘ってことで。親父からは勇者になることを反対されてるんだ。そもそも入学することだって、ダメだって言われてた」

 アカデミーは、アーサー王を長とする《円卓財団》が多額の出資をすることによって成立した。その意向を無視できる者は、ほとんどいない。それでもセーラの入学自体が拒否されなかったのは、アーサー王自身の公正さを意味するのか、それともどうせ長続きはしないと考えているのか。

 そのことについてセーラも考えたことはあるが、どんな推論も不愉快な結論に繋がるのでやめた。

「私がチームにいると、採点とか不利になると思う。親父が私の入学に反対してたこと、学校の先生ならみんな知ってるし。露骨に『別の進路』の話もされたことある」

 というより、指導しにくい生徒なのだろう、と他人事のように思う。セーラはため息をついて、ソファにもたれかかる。

「だから今年の実習授業はパスする。期末の個人実技で、特別奨学生枠を狙ってみるつもりだ。あれなら実習の単位もらってなくても進級できる。要は実力で認めさせりゃいいんだ――親が誰だろうが、文句なしの成績で」


「いや、それは困る」

 城ヶ峰の拒否は、鋼のように断固としたものだった。

「実習授業には挑んでくれ。私たちのチームにはきみが必要だ、カシワギ・ペンドラゴン! いま述べたデメリットなど些細なものだ、まったく気にならない。必要なら私たちがカバーしよう。約束する!」

「いや。あのさあ」

 セーラは困惑し、返答に迷った。

「私の話、聞いてたか? 止めた方がいいって言ったし、迷惑かけたくねえんだよ」

「迷惑ではない。きみの力がどうしても欲しい」

「なんでだよ?」

「不利な状況にあっても折れない闘志。そして相手を気遣う精神。寛大さと優しさ。そうした心こそが勇者には必要だと考えている。まさに正義の魂! 私のチームメイトには、技術があるだけのメンバーは不要なのだ!」

 やたらと力強く語る城ヶ峰の言葉には、一切の迷いがなかった。妙なやつがいるものだ、とセーラは思う。ここまで恥ずかしげもなく正義を語るとは。


「カシワギ・ペンドラゴン。きみの言動からは、確かな正義の魂を感じる」

 まるで握手を求めるように、城ヶ峰は片手を差し出した。

「ぜひ頼む!」

「嫌だよ! ってか、別にそんなご立派な考え持ってるわけじゃねえし――」

「ええ? ――そんな! いまのは受け入れる流れだったはずだ! もう一度だ、どうか頼む!」

「お前、ゴリ押し以外に交渉の方法知らねえのかよ」

「そうだ。知らない!」

 城ヶ峰は笑った。

「知らないので、教えて欲しい! 私を助けてくれ!」

 よくも堂々とそんなことを言えるな、と、セーラは思った。

 自分にはない強さだった。

 同時に、遅かれ早かれ彼女はチームメイトにされてしまうだろう、という予感もあった。自分がいかに押しに弱いか、ということを、セーラは理解している。

 城ヶ峰は深々と頭を下げた。

「頼む、カシワギ・ペンドラゴン! なんでもいいから私たちのチームメイトになってくれ!」


「チームどうこうの前に」

 セーラは自分が露骨に不機嫌な表情をしていることに気づいた。

「まずその、私を苗字の方で呼ぶのはやめろ。嫌いなんだよ」

 言ってしまった。

 この調子では城ヶ峰のチームに入るまで、あと数分もかからないだろう――と、セーラは悲観的に自分の気持ちを観察していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!