第4話

「こんな有様で、兄貴だなんて言えるわけねえだろう」


 《ソルト》ジョーは不愉快そうに窓の外を見ながら語る。

「あいつがまだ、ほんのガキのうちに実家を出たからな」

 どうやら、こいつも実家にいた頃はスキンヘッドではなかったし、サングラスもかけていなかったらしい。

 ついでにその厳つい顔面も、俺が知る限り最低二回は整形したせいで、もはや原型をとどめていない。


「っていうか」

 俺は素直な気持ちを語ることにした。

「お前、妹とかいたのか。ぜんぜん似てないな」

「オレもこの店で働いてるってのは、最近知った。《初代》イシノオのガレージを漁ったことあったろ。あのとき『お楽しみメモ』って見つけたからよ、遺書じゃねえかと思って読んだら、その中に書いてあったんだよ」

「マジかよ、イシノオあの野郎。死してなお最悪レベルに気持ち悪いな」


 なにが『お楽しみ』なのか、そのメモには他にどんな秘密が書かれていたのか、気になったが聞きたくはなかった。

 イシノオのやつは《ソルト》ジョーの妹の勤務場所を知って、いったいなにを企んでいたのだろう。永遠に明るみに出て欲しくない。ちょっと類を見ないくらいの不気味さと、えげつない気持ち悪さがある。


「まあ、なんだ。とにかくオレは裏稼業から転がり落ちて、こんな商売やってる。兄貴が勇者――プロの人殺しなんて、最低じゃねえか。絶対に言うなよ」

「そうかもな」

 ジョーの気持ちは、それなりにわかる。

 俺だって、いまさら家族と顔を合わせる気にはなれない。『プロの勇者やってます』なんて、笑顔で言えるやつは正気じゃないだろう。俺は一人だけそういう人間を知っているが、あいつは正気じゃない。

 つまり、そういうことだ。

 俺たちは仕事で人を殺したり、暴力を振るったりするが、決して趣味でやっているわけではない。他に適性がないから、やむを得ずにこの仕事をやっている――という言い訳を、どこの誰が真面目に聞いてくれるものか。

 考えるだけで辛気臭い気分になってくる。俺は辛気臭いのが嫌いだ。


 だから俺はあえて軽薄に、ジョーの真面目さを茶化してやることにした。

「それで、こうやってたまに接近して、たったひとりの妹をビビらせてるってわけだ。泣かせるじゃないか、《ソルト》ジョー。勝手にお前の妄想の中で、あの子を妹だと思い込んでるんじゃなければ」

「うるせえ。殺すぞ」

 ジョーは低く脅すように悪態をついたが、やはり声が小さい。店に迷惑をかけまいとする意図が感じられた。


「なあ」

 俺はちょっとからかってやりたくなった。

「妹の名前、なんて言うんだ? お前に似てなくてよかったな。ちょっと話しかけてみようぜ」

「てめーには絶対に教えないし、話しかけさせねえぞ。この薄汚い人殺しが! 妹が汚染されたらどうしてくれんだ」

「いいじゃん、ちょっとぐらい。あ、そうだよ、メイド喫茶ってメイドさんがゲームとかしてくれるんだよな? 《メダリオン》やってもらおうぜ! それならジョーも遊べるだろ」


 俺はまさに名案を閃いたぞ、と思った。

 《メダリオン》は、俺もジョーも熱心に遊んでいるトレーディング・カードゲームである。互いに軍隊を指揮して、敵の首都を落とし、諸王の証であるメダリオンを奪い合う。

 これがまた、実に繊細な駆け引きや戦術を必要とするため、世界的にも非常に人気が高い。

「俺の山岳騎兵の強さを見せつけてやるぜ。大丈夫、ジョーが妹の前で無残な姿にならないよう、ちょっとは手加減してやるよ」


「ふん。このど素人のにわか知識のヤシロ野郎。レッスンしてやる」

 ジョーは『何もわかってねえな、こいつ』とでも言いたげに、大きくため息をついてみせた。

「まずメイド喫茶がゲームやるっつってもな、《メダリオン》なんてやらねーよ。メイドさん相手に山岳騎兵の強さなんざ見せつけるバカがいるか」

「ちょっと待った、じゃあどんなゲームやるんだよ。ボードか?」

「アホか。それ以前に、ここは客とゲームするとか、そういうタイプのメイド喫茶じゃねえんだ。エンタメ系ならアリな店もあるけどな。まず、この本格派の雰囲気でわかれよ。センスねえな。これだからヤシロは」

「なんでそんなボロクソにこき下ろされなきゃいけないんだ」


 ここまで言われる筋合いがあるだろうか。

 しかし、この手の店に詳しいジョーが、そう言うのならば仕方がない。俺は取り出しかけていた《メダリオン》のデッキを引っ込めた。

「だったら、普通に話しかけるか。ジョー、聞きたいことがあったら、シャイなお前に代わって俺が聞いてやるよ」

「やめろクソが」

 ジョーは真剣な顔で俺を睨んだ。

「脳みそをカチ割るぞ」

「なんでだよ、世間話するくらい問題ないだろ」

「妹に人殺しを近づかせるわけにはいかねえ」

 本当に苦しそうに、ジョーは窓の外にまた目をそらす。ジョーの「妹」だという店員と、目が合いそうになったのかもしれない。


「いいんだよ、これで。文句あるか」

「あるけど黙っとく」

 意外な発見だ、と俺は思う。ジョーがここまで妹思いだったとは。

 俺は《ソルト》ジョーと、あの店員とを交互に見る。やはりぜんぜん似ていない。あっちの見た目をリスとかハムスターとかの小動物とするなら、ジョーは地獄の使者だ。かろうじて共通点を探すとすれば、それは度胸のあるところだろう。あとは気の強そうなところ。


「おい、あんまりジロジロ見てんじゃねえぞ」

 かなり真剣な口調で、ジョーが俺に警告してきた。

「三秒間以上は許さねえからな」

「過保護すぎるぜ」

 俺は《ソルト》ジョーをもうちょっとコケにしてやりたかった。再びできるだけ軽薄に笑って、次におちょくるネタを思いつこうとした。今日は愉快な日だ。久しぶりに気晴らしができる。

 だが、厄介事とは、油断した瞬間に訪れるものだ。


「――どけ!」

 最初は、何が起きたかわからなかった。

 異様なほど長身の人影が、わめき声をあげながら店内に飛び込んできた。

 それは比喩でもなんでもない。そいつは文字通り、背中から翼を生やしていた。巨大なコウモリに似た、黒い翼だった。

 黒いボロ布のような黒衣を身にまとい、頭から目深にフードをかぶっていたが、死人のような白い横顔がちらりと見えた。そいつは入口のドアを破壊しながら入店し、そのまま床に墜落して、転がる。


 マジかよ、と俺は思った。

 こいつは魔王だ。

 この異形、この青白いツラ、この独特のかすれた声。間違いない。

 エーテル手術にプラスして、魔王の中では見た目の恐怖感を高めるため、あるいは単に利便性のため、化物じみた動物の器官を移植することがしばしばある。角だとか第三の目だとか、翼だとか。

 ただし、それらの器官の実用性は極めて低い。

 特に翼なんて、人間の体を飛翔させようと思ったら、相当な工夫が必要だ。こいつの場合は体重を極端に絞ることで、短期間の滑空ならできるようにしてあるかもしれない。


 そして、そんな小細工は二流どころのやることだ。

 秋葉原には、この手の野良魔王が相当な数存在する。地下に構えたねぐらから、魔王同士の抗争で追い出されたか、あるいは勇者に狩り立てられたか。そういう事情を抱えた輩だ。

 この魔王の場合は、どちらかよくわからないが、どうやら相当に切羽詰っているらしい。そうじゃなきゃ一般人の集う店に転がり込んでこない。何があったのか。

 そんなどうでもいいことを考えていたので、俺もすっかり対応が遅れた。


「――動くな!」

 起き上がりながら、翼の生えた魔王は右腕を振り上げた。職業柄、俺には一瞬でその手に握られているものがわかった。

 剣だ。片刃の長剣。


「貴様ら、全員だ。命が惜しければな」

 そいつは大声をあげながら、今度は左手を伸ばす。近くの店員を捕まえ、力任せに引き寄せる。ずいぶんと強引な手口だ。しかもなかなか素早い。

 長剣を不幸なメイドの喉頚に押し付け、あっという間に人質を確保してしまう。

「両手を頭の上にあげて、伏せろ! 殺すぞ!」

 遅ればせながら、店内に悲鳴があがった。異形の魔王は、もしかすると威嚇のためだろうか、翼を大きく羽ばたかせて見せる。黒い翼が幕のように広がり、店内がすこし陰ったように思えた。


 だが、なんてこった。

 その魔王が捕まえた人質の気の強そうな横顔を、俺は呆然と見ていた――もちろん、こんなときは最悪のケースが発生する。

 そいつはジョーの妹だった。

 よりにもよって、彼女を人質に選んでしまうとは。

「おい、ジョー!」

 そして呆然としている場合ではないことに気づいて、スキンヘッドの勇者を振り返る。


 こいつはまずい。

 ジョーの顔が、邪悪な怨霊のように歪んでいた。あまりにも歪みすぎて、俺にはちょっとだけ笑っているようにも見えた。

 俺は知っている。

 こうなった《ソルト》ジョーが、ほとんど手のつけられない悪魔的な破壊を振りまくことを。残虐にして情け容赦もない。その場合、周囲のことはほとんど考慮されない。以前に何度か、カードゲームでイカサマをされたとき、この状態になったことがある。


 俺は何よりもまず、《ソルト》ジョーの暴発を防ぐ必要があった。

 ヘタをしたら、店ごと爆破して皆殺しだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます