第2話

 秋葉原駅周辺には、俺も仕事の準備でたまに訪れる。


 この界隈は《丸の内キャズム》の一角ということもあって、勇者相手に商売する店は多い。武器や弾薬、《E3》を非合法に扱う店は、街のあちこちに点在している。

 有名どころで言えば、《ボルタック東京》や《ケレブリンボール》。オンラインで調達している時間がないときは、俺もよく利用する。この手の店は、摘発を逃れるために、しばしば窓口の場所を移す。

 しかし、今日の目的はその手の店ではない。


「なんだ、そりゃあ」

 と、《ソルト》ジョーは駅前で俺を見るなり、まず文句をつけてきた。

「ちゃんとした格好で来いっつっただろ。なんだよ、てめーその薄汚い身なりは。アホか。チンピラか」

「そりゃ俺のセリフだ。ジョー、お前」

 反撃のため、俺はジョーを指差しだ。

「なんでスーツなんだよ」

 ジョーは大男であり、スキンヘッドであり、サングラスをかけている。

 そういう人物がスーツ姿だと、まず間違いなくカタギの職業とは思われまい。実際にカタギではないのだが、とにかく目立つ。


 七年くらいまえの大規模な魔王間の抗争以来、色々とあって、東日本のヤクザはすっかり魔王どもにその地位を奪われた。もうヤクザの生き残りは魔王になるか、魔王の下僕になるかの末路を辿っている。

 が、ヤクザの見た目の怖さだけはしっかりと残っているため、ジョーの外見が善良な市民を威圧してしまうのは間違いない。


「あのさあ、今日はパソコン買って、メイド喫茶行くだけじゃなかったか? なんでスーツなんだよ」

「ふん」

 ジョーは鼻を鳴らしただけで、俺の発言はほとんど無視した。

「てめーのようなボンクラに、わかってたまるか」

「喧嘩売ってんのか? 笑えるからいいけどさ」

「まずは、パソコンだな」

 やっぱり俺の言葉には耳を貸さず、《ソルト》ジョーは背中を向けた。人ごみの中を歩き出す。なんだか、異様な感じがする。

 こういうとき、俺はいつも自分の直感を信じるべきだった。

 あの《ソルト》ジョーが張り切っている場合、ろくなことになるはずがない。





 そして案の定というべきか、電気街を回っている間、《ソルト》ジョーは上の空であった。

 どうやら、もともと見当をつけていたモデルがあったらしい。さっさと自分が買い換えるパソコンを選んでしまうと、あとはイライラとした表情で俺の買い物を睨んでいた。

 明らかに早く終わらねえかなあ、という顔だったので、こいつはいよいよ様子がおかしい。それほどメイド喫茶に行きたいのだろうか。

 いったいジョーに何があったのか、大いに疑問が湧いていた。


「もういいだろ」

 とすら、《ソルト》ジョーは言った。

「俺は新しいの買ったし、よく考えたらヤシロにパソコンなんて勿体ねえ。電卓でじゅうぶんだろ」

「いや、俺もパソコン買い換えたいんだけど」

 最近の勇者は、インターネットと無関係ではいられない。ジョーも俺も個人用のブログを開設して依頼を請け負っているし、魔王の賞金額をリアルタイムで確認するウェブサイトもある。

 そういったオンラインのサービスを利用できてはじめて、スマートな一流の勇者といえるだろう。


「でも、これだけ多いと、さすがに迷うな」

 俺は店内に目を向ける。

 正直言って、雑然と並ぶディスプレイを前に、俺はいささか圧倒されていた。俺はこの手の家電量販店が苦手だ。あまりにも選択肢が多いので、もう面倒くさくなって、最後には直感で選ぶ羽目になる。

 ジョーさえいなければ店員から声をかけられたり、店員に声をかけたりするところだ。が、こんなマフィアみたいな男と一緒にいると、客も店員も近づいてこない。

 当然だ。自力で選ぶしかないだろう。


「安くて高性能なやつがいいな。ジョーは意外とパソコン詳しいんだろ、オランウータン並みの知能のくせに。俺のも選んでくれよ」

「あん? ああ」

 俺の悪口を、ジョーは完全に聞き逃していたらしい。

 やはりこれは重症だ。生返事で答えて、適当に近くの棚を指差す。明らかに面倒くさそうな反応だった。

「そのへんの一万円台のやつにすりゃいい。それ以上は、てめーには無駄だ」

「そりゃ安いけど、見るからに古いじゃん。性能は優秀なのか?」

「ンなわけねーだろ、OSなんて二世代前だぞ。ヤシロが使う分にはじゅうぶんって意味だ。ネットさえ見れればいいだろ」

「失礼なやつだな、俺だってオンラインゲームとか始めようかと思ってるぜ。あの《ソルト》ジョーがやってるくらいだからな」


「やめとけ、てめーには向いてねえよ」

 《ソルト》ジョーは失礼なことを言った。

「性格が腐ってるからな」

「なんだよ。俺もジョーのギルドに入れてくれよ、なんのゲームやってんの?」

「ヤシロは絶対ダメだ。お前という存在がギルドの和を乱す。ギルドのマスターさんに迷惑がかかっちまう」

「存在レベルでダメかよ、ひでえな。俺はうまくやるって」


 俺だって、オンラインゲームにまったく疎いというわけではない。これでも多少の知識はある。いま、その一端を披露しようと思った。

「あれだろ。ジョーが在籍してるぐらいだし、たぶん他のギルドと仁義なき抗争とかやるんだろ。俺はそういうの得意だぜ!」

「ふざけんじゃねえっ」

 俺は親指を立ててアピールしたが、ジョーはサングラス越しに俺を睨んだ。

「誰がゲームの中でまで、ンな血なまぐさいことやるか!」

 なるほど一理ある。俺は己の発想を反省し、愕然としながらも納得するしかない。

「確かに、俺らマジで普段から人殺しとかやってるし、ゲームの中でまでそんなことしたくねえな……」

「だろ。アホか?」


 ジョーは偉そうな態度で俺を見下ろした。

「うちのギルドのモットーは『のんびり、まったり』なんだよ。休日はみんなで穏やかにピクニックに出かけるような、仲良しギルドなんだよ」

「ピクニック? なに? マジかよ、ジョーが?」

「ああ、そうだよっ。ハチミツ集めとか、家具の手作りとかしてるんだよ! こいつは俺の安らぎなんだ、わかるか? てめーをギルドに入れるくらいなら、刺し違えてでもぶっ殺す」

「怖すぎるだろ……。こいつ、リアルよりバーチャルに重きを置いてやがるな」

 俺は肩をすくめるしかない。このように暴力的な商売を営む人間は、すぐに人を殺すとか口にするので困る。刺し違えてでも、ときた。

 ジョーと本気で殺し合うことになった場合のことに、俺はふと思いを巡らせた。

 たぶん、どっちも死ぬ。

 本気の《ソルト》ジョーと戦えば、誰も無事では済まない。あのアーサー王ですら、後れをとるだろう。とにかく個人としてジョーと向き合いたくはない。


「わかったよ」

 俺はすぐに諦めることにした。

「じゃあ、もうなんでもいいや。パソコンはジョーと同じモデルにするか。チンパンジーでも使えそうだし」

「ん? ああ、おう。勝手にしろ」

 やっぱりジョーは上の空でうなずいた。

 腕時計を確認する回数といい、やたらと時間を気にしている。パソコンを買うという目的は、本当に建前だったようだ。こいつはいよいよ怪しくなってきたぞ、と俺は思った。

 いったい、なにがあるというのか?


「――なんだ、おい。騒がしいな」

 考え込む俺をよそに、ジョーが不機嫌そうに唸った。

 店の奥にある、窓の外のことだ。俺もつられて、そちらを覗き込む。

 ちゃんとした制服に身を包んだ警察官や、見るからに物騒な武器を手にしたゴロツキども――あれはたぶん勇者だろう。そいつらが表通りを走り抜けていくのが見えた。何か口汚く怒鳴り合いながら、民間人を押しのけるようにして道を急いでいる。

 さすが秋葉原は《キャズム》の最大のホットスポットだけあって、勇者や魔王どもの小競り合いは日常茶飯事だ。


 ジョーはそいつらから目をそらし、厳つい顔をさらに不機嫌そうに歪めた。

「こりゃあ、さっさと済ませて帰ったほうがいいな」

 何の気なしに言ったことかも知れないが、俺はその言葉に衝撃を受けた。

 ジョーにやはり目的地があったことはどうでもいいとして、まさかジョーの口からそんな発言が出てくるとは。マジかよ。


 いつものジョーなら『何があったか見てくる』とか言い出しかねない。

 こいつは派手なことが好きだし、他人の喧嘩とか殺し合いがビールやピザと同じくらい好きだ。

 あえて無言を貫いたが、俺はますます警戒を強めることにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます