番外編S1

補講1:メイド喫茶に近づくな

第1話

 あの《ソルト》ジョーが、休日の真っ昼間から「遊びに行こう」と誘うので、俺は非常に強い警戒心を抱いた。

 しかも、行き先は雀荘でもパチンコでもないという。


 もちろんカードゲームで遊ぶなら、いつだって付き合う。

 が、そういうときのジョーは「遊びに行く」という言い回しはしない。「てめーをぶっ殺すから遺書を書いてこい」とか、「永遠に忠誠を誓わせてやる」とか言う。馬鹿め、それはこっちのセリフだ。

 とはいえ今日は、その手の話ではないらしい。


『秋葉原に行こうぜ』

 と、電話をかけてきた《ソルト》ジョーは珍しいことを言った。

「秋葉原?」

 俺はかなり疑念に満ちた返事をしたと思う。

「なんでまた、秋葉原なんだよ――まさか、潜るつもりかよ」


 秋葉原とは、東京都の東部にある地区の名前である。

 普段の俺たちの行動範囲からは、やや外れている。というのも、東京都の山手線沿線は西と東でまったく様子が違うからだ。

 山手線西部は《嵐の柩》卿と呼ばれる強力な魔王が、ちょっと前まで幅を利かせていた。小競り合いはあったが、強力な魔王がいた分だけ秩序のある地域といえた。普段から俺たちが活動しているのも、このあたりである。


 一方で山手線東部には、飛び抜けて強力な魔王という存在はいない。

 その分、そこそこの実力を持つ魔王があちこちにアジトを構えている――しかもその多くは、地下深くに。

 まるでアリの巣のように張り巡らされ、文字通りアンダーグラウンドでの抗争が行われている状況だ。

 このアリの巣状の魔王の住処を、誰が呼んだか、《丸の内キャズム》という。


 秋葉原も《キャズム》を形成する区画の一つだ。

 その地底部は、まさにダンジョンと化しており、魔王の隠し金庫やら、武器庫やらが存在しているという。そういう財宝や、あるいは魔王の首そのものを狙って、キャズムに挑む勇者も少なくなかった。俺も師匠と一緒に潜ったことがある。

 だが、俺は《ソルト》ジョーとは組みたくない。

 何につけても派手なことが得意なジョーと、密閉された地下ダンジョンに潜るというなら、命がいくつあっても足りない。あいつのエーテル知覚は危険すぎた。


 だから俺は断固として宣言する。

「俺は絶対にジョーとは組まない。潜らないからな」

『なんだと? そんなもん、こっちこそお断りだぜ』

 《ソルト》ジョーは吐き捨てるように言った。

『てめーみたいな嘘つき疫病神野郎なんかと潜りたくねえっつうの。百歩譲ってマルタと組むぜ』

「じゃあ、なんだよ」

 自然と、俺の答えは険悪な響きになった。

「喧嘩売るため電話してきたのかよ。俺はお前と違って暇じゃねえんだよ」

 これは嘘だ。暇である。

「お前が秋葉原に何の用だよ。誰か殺すのか?」


『いや、パソコン買いたくてよ』

「はあ?」

 ジョーの口から、これはまた意外な単語が出たな、と思った。

『オレな、オンラインゲーム始めたんだよ。知ってるか? MMOってやつ。したら、オレのパソコン、処理遅くてギルメンに迷惑かけちまうんだよな。だから――』

「待った、なんだそりゃ。ジョーがオンラインゲーム?」

 俺は笑ってしまう。

「マジかよ」

『悪いか。ヤシロ、やったことねえだろ』

「キング・ロブがやってるっていうゲームだけ、ちょっとやったよ。ぜんぜんお近づきになれなくてやめたけど。っていうか、ジョー、パソコン使えたのかよ! そっちが驚きだな」

『使えるに決まってんだろ、勇者なんだからよ』


 なるほどジョーの言うとおり、勇者たる者、非合法に調達できる武器や《E3》のルートは確保しておく必要がある。最近ではインターネットがその主な手段だ。

 しかし、ジョーがパソコンを使うという発想は、なぜか俺の中にはなかった。

 どうも俺は基本的に《ソルト》ジョーをゴリラかオランウータンの仲間だと、無意識に考えていたらしい。でも、これからもその認識は変わらないだろう。


「まあ、それなら行ってもいいけど、俺はあんまりパソコンとか詳しくないよ」

『いいんだよ。その後にメイド喫茶行くから、てめーは間抜けヅラでついてこいや』

「ああ?」

 またしても、意外な単語が出た。


「メイド喫茶? 昼間から風俗かよ。ジョーと行きたくないな」

『メイド喫茶は風俗じゃねぇーよ! おいっ、ぶっ殺すぞヤシロ!』

 なぜか、とんでもない剣幕で怒られた。かなり本気の様子だったので、俺はおとなしく引き下がるべきだと思った。

 俺が黙っていると、ジョーはさらにまくし立ててくる。

『二度とそういうこと言うんじゃねえ。いいな? メイド喫茶ってのは清く正しい飲食店なんだよ。メイド衣装を着た店員さんが、心をこめて俺らをもてなしてくれるんだ。わかるか? おい?』

「すまん。区別ついてなかった」

『つけろ。とにかく、行くからな。来いよ』


「わかったよ」

 要するに、一人でそういう店に入るのが恥ずかしいから、俺について来いということだろう。たぶんパソコンの話はついでというか、俺を誘うきっかけのようなものではないか。

 考えてみれば、これはなかなか笑える話だった。メイド喫茶に入店するジョーを想像するとさらに笑える。写真に納めておけば、あとで皆に見せて馬鹿にして、もうひと笑いできるはずだ。

 これはぜひとも行くべきだ。


「ついて行ってやるよ、《ソルト》ジョー。面白そうだ」

『ヤシロ、お前、メイド喫茶行ったことねえのか』

「ないよ」

『ふん。だろうな』

 なんで馬鹿にされなきゃいけないんだ、と俺は思った。

 が、面倒くさいので黙っていた。


『じゃあ、秋葉原に午後イチだ。忘れんなよ。ちゃんとした格好で来い』

「まあ、暇だったらな」

『嘘つけ。どうせ予定なんてねぇだろ』

 俺は無言で電話を切る。

 同じレベルの暇人であるジョーに、そんなこと言われたくない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます