第5話

 セーラとセキの戦闘は、初手から目まぐるしく動いた。


 まずはセーラが仕掛けた。黒煙を突き抜けるように突っ込むと、セキは顔を引きつらせる。やつは一歩だけ前進し、空中の足場を踏んだ。

 少しでも高所を得ようとする。単純だが、効果的だ。


「トモエ」

 と、セキは叫んだ。

「早くそっちを終わらせて、助けてくださいよ! 何度も言いますけど、ぼくはこんなの――」

 台詞の後半は、セーラの斬撃に遮られた。


 日本刀を抜き打ちに、長いリーチを活かした斬撃。素人ならば、これで終わっている。予想外に伸びてくる、片手の居合い抜きだった。

 ただし、それも防御に集中したセキには届かない。

「わっ」

 慌てたような声で、セキは剣の柄に両手をかけた。そのまま振り下ろした剣によって弾かれ、逃げられる。セキの足が空中へ踏み出す。後退する。

 ごくわずかなステップで跳躍して、セーラの間合いぎりぎりに留まった。


 こうなると、セーラは常に踏み込みながらの斬撃を強いられることになる。つまり相手に刃が届くまでの時間が、ほんのコンマ以下数秒ほど長くなる、ということだ。《E3》の使い手にとって、この時間は大きい。

 さらに言うなら、セキは常に高所の利を活かすことができる。

 当然のことだが、振り下ろされる剣は、斬り上げてくる刃に対して常に威力で勝る。それはセーラの腕力を殺す形となる。


「くそ」

 セーラが間合いを詰める。刃が閃く。しかし届かない。再び放った斬撃を弾き返されながら、セーラは短く悪態をついた。

「逃げてんじゃねえよ」

 たぶん自分に気合を入れるためだろう。あまりにも自分勝手に怒鳴って、今度は鋭い刺突を放つ。それでも、反撃を警戒しているため、極めてコンパクトな一撃にしかならない。

 セーラの弱気な癖がまた出ていた。


「そりゃ逃げますよ」

 セキは青ざめた顔で、その刺突から身をかわす。大きなバックステップで宙を踏み、高度を保つ。動きに余裕はないが、完全に見切っている。

「きみ、結構強いんで。アーサー王の娘さんでしょう?」

「それがどうした」

 セーラは追い打ちをかけない。刃を正面に構え、ただ隙を窺う。そんなものがあれば、の話だが。

 これでは相手の思うツボだ。


「いや別に。どうもしないです。ただ、ぼくは――」

 セキは打ち合いを避けて、膠着状況を長引かせたいのだろう。そのために喋りまくって、少しでもセーラの手を止めさせようとしている。

「アーサー王の娘さんが、なんでこんな稼業に手をつけたのかな、と思ったから」


「黙ってろ」

 吐き捨てて、セーラが斬り込む。刃をひねり、セキの手首あたりを狙う。引っ掛けるだけでいい、という刃の使い方だった。

 しかしやはり、踏み込みが浅い。

 セキはその斬撃を受け流し、また横にステップして距離をとる。

「すごいな」

 セーラの刃をまともには受けない。

「手が痺れた――」

 セキは喋りながら、片手剣を握り直す。右手だけでなく、柄に左手を添えていた。

 実際、こいつは厄介だ。かなり切羽詰まった顔をしながらも、あの男のやっていることは冷静そのものだった。正面からの戦いは避けて、ひたすら相手を消耗させる。あるいは時間を稼ぐ。

 もしかしたら、俺との戦いで深追いしすぎたことを学習したのかもしれない。


 こうやって防御に徹するセキを崩すのは、容易いことではないだろう。

 セーラにとって有利な腕力勝負で拮抗状態に持ち込まれ、空中を移動する相手には鍔迫り合いからの『技』にも持ち込めない。

 セキが位置取っているのは、地上およそ五十センチの地点に過ぎないが、それだけで上等にやりづらい相手になる。


 実際のところ、俺はトモエよりもセキの方がかなり手強い、というより面倒くさいと見ていた。『戦闘』よりも『殺人』に執着する人間の方が、対応に困るケースはある。セキがそれだ。

 エーテル知覚もそれに向いている。相手の長所を封じて、自分が一方的に有利になれる立場から攻撃する。

 実に陰険だが、これこそ勇者の戦い方だ。

 このままでは、力でも技でも不利になる。疲れればいずれ押し込まれるだろう。そういう膠着状態を打破するのは、ひとつしかない。


「トモエ、はやく! こっち手伝ってください!」

 セキがもう一度、悲鳴のような声をあげる。おそらく、心の底からそう思っているに違いない。セーラはその瞬間に、大きく踏み込んだ。


「うるせえっ」

 間合いぎりぎりからの斬撃では、決着をつけられないと踏んだのだろう。

 床を蹴っての跳躍。上段から思い切り斬り下ろす。今度は防御もさせない。腕力で押し込む、という一撃。普段のセーラではありえない、思い切りのいい攻撃だった。無謀すぎる、とすら言える。

 もちろんセキは迅速に対応した。

 これを待っていた、というかのような動きだった。ほかに有効打を入れる方法がないのだから、そのセーラの強打を誘い出すのは当然の戦術だ。


 瞬間、セキは半歩分だけ後方にステップすると、空中から床に飛び降りた。

 それだけで、セーラの斬撃の間合いから逃れることができる。これはセーラの大振りの隙をつく形になった。

 こうした大胆な攻撃は、打ち終わりにどうしようもない隙をさらす。仕方がないことだ。その一瞬、セーラは唇を噛んだ。

 セキの片手剣が走る。

 大きく体を伸ばし、狙いは一点、セーラの首しかない。


「おあっ」

 が、それはセーラも承知の上のことだった。アホみたいな雄叫びが、彼女の喉から漏れた。己の恐怖を押し殺すような叫びだった。

 防御に徹する厄介な相手を仕留めるなら、どうにかして向こうも攻撃に釣り出すしかない。そこに勝機が生まれる。

 そういうことを、セーラが理解していたかといえば、少し疑問だ。臆病者だのビビリ野郎だの散々言われたせいで、いい加減頭にきただけかもしれない。単なる自滅覚悟の突進だった可能性はある。


 とにかくセーラは、突っ込んでくるセキとその剣に対して、まるで回避行動をとらなかった。突っ込んだ勢いを殺さず、むしろ甲高い叫び声をあげながら、逆に転ぶようにして踏み込んでいく。雄叫びのつもりだっただろうか。加速して、前へ。

 それは、セキの斬撃のさらに内側だった。

 刃が無効になる距離――互いに銃弾の速度で動く《E3》使いが前進し合ったら、そういうことになる。間合いが潰れる。両者はただ単に激突した。

 こうなれば、体格に恵まれ、エーテルがもたらす膂力に優れた方が勝つ。あとは体勢がより安定している方。セーラの首筋に刃の切っ先を届かせるため、セキの体は伸びきっている。

 つまり、セーラは思い切りセキを突き飛ばした。


「いっ」

 かすかな苦悶の声とともに、セキの体が吹っ飛ばされた。

「逃がすかよ」

 セーラはその機会を逃さない。追い打ちに踏み込み、刃を振るう。それは渾身の力を込めた斬撃だった。

 息を呑むほど鮮やかに、鋭利な刃が一閃する。セキが防御のために片手剣を掲げようと、構わず両断するような一撃。

 セーラ・ペンドラゴン。このフィジカルの強さこそが、彼女の強さだった。

 誰にも真似のできない体格、膂力、天性のセンス。

 そのすべてを、セーラは持っている。


「い」

 セキは転がって、空中に手をかけ、逃れようとした。火事場のなんとか、というやつだ。腕一本で、自分の身体を『階段』の上へ引っ張り上げる。その生き残りへの執念は見事――だが、もう遅い。

「いやだ!」

 金切り声とともに、セキの右足が膝下から斬り飛ばされた。血の飛沫が一瞬だけ弧を描く。ケリはついた。セキの肺から、昆虫のように甲高い鳴き声が吹き出す。

 セーラはまるで自身が斬られたかのような顔で、セキが床に転がるのを見ていた。


 セキにとっては、仕方がない。

 あいつの精神は殺すことを嗜好しすぎていた。

 セーラが隙を見せたとき、またそれが自分の思った通りの隙だったとき、瞬時に『殺せる』という判断を下してしまったということだ。

 『殺せる』と思えば、『殺す』行動に走ってしまう。《E3》の常習はそうした精神の緩みを作る。だからこそ、俺たちは何かで自分の精神を繋ぎとめなくてはならない。


「親父のことは、もういいんだ」

 セーラは、セキを見下ろしながら呟いた。

「私が勇者になるのを止めたのもわかる。でも、いまはこれも悪くないと思う。勇者はクズかもしれないけど、ただのクズじゃない――」

 ため息のように、大きく息を吐いた。

 俺は日本剣術にあまり詳しくないが、これが残心、というやつかもしれない。ゆっくりと刀を構え直す。こいつなりのマインドセットの方法だろうか。


「上出来だ。臆病者にしてはな」

 俺はセーラに声をかけた。

 彼女はこわばった顔で振り返る。なにか言い返そうとしたようだが、ただ口を開閉しただけで終わる。

 人を傷つけることに慣れていないのか、緊張状態が解けて放心していたのか。どちらでもよかった。

 言っておくべきことがある。


「忘れるなよ。お前は強い。簡単にそういうことができる。それと」

 俺はあえて厳しく告げることにした。

「お前がどう考えていようと、やっぱり勇者はクズだよ。誰がどう見てもな」


 ――ここまでは、問題ない。

 俺もこの二人については、それほど心配していなかった。

 工夫すること。恐怖心を克服すること。どちらも勇者に必要なものだったが、印堂とセーラには致命的に欠けていた。いま、ほんのわずか、蟻の一歩ほどの距離ではあるが、それが埋まった。

 ならば、まともな訓練も受けていない、勇者くずれの弟子と立ち会って負ける要素はない。


 問題なのは、あとひとり。

「絶対に手を貸すなよ」

 俺はセーラと印堂に聞こえるように告げた。

「貸したら俺が斬る」

 印堂とセーラが、そろって城ヶ峰を振り返った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます