第4話

 もっとも素早く動いたのは、意外にもドリットの巨体だった。

 誰よりも先に床を蹴って、炎の熱気が生む陽炎を踏み越える。


 立ち込める黒煙が、大きく渦を巻いた。かすかな唸り声。よく見れば、フルフェイスのヘルメットの右半分が砕け、肉の抉れた額が露出していた。おそらく印堂が与えた手傷だろう。

 大粒の砲弾のようにまっすぐ、接近してくる。

 俺の鈍化した時間感覚は、ドリットの筋肉の収縮にあわせて、ヘルメットから覗く傷口が蠢くのを見た。そのような感情があの男に残っているのなら、きっと怒っているのだろう。


「あいつ」

 印堂雪音はそれに応じた。

 真っ先に動く。

 彼女もまた怒っていることが、眉間の歪みでわかった。

 このマッチアップは正しい。超常的な反射神経、運動能力、生命力を持つドリットを相手にするのは、城ヶ峰はもちろんセーラでも無理だろう。印堂以外に有効な攻撃を加えられるやつがいない。


 そしてなにより、印堂には理由があった。

 何度か、ドリットとその同類に痛い目を見せられている。家族同然の仲間を失い、自分の指も失った。屈辱を感じただろう。最近気づいたことだが、印堂は密かにプライドが高い。


「私が殺す」

 右手の片手剣を、わずかに持ち上げる。左手はベルトからナイフを引き抜くと、逆手に握り、後ろ手に構える。欠けてしまった人差し指の分だけ、左手の動きは少しだけぎこちない。

 そうして印堂は跳んだ。

 空間の『隙間』をすり抜け、一瞬のうちにドリットの背後へ。

 後頭部を狙うように、空中に飛び出している。

 印堂はまったく冷徹な目で、身体をひねる。片手剣で斬り込む。狙いは、ドリットの首筋――ただ一撃で断ち切るつもりの、十分な遠心力を込めた一撃。


 しかし、その手は一度使って、しかも失敗したやつだ。

 ドリットの右腕が、瞬時にどす黒く肥大化していた。

 ヘビが獲物に襲いかかる光景にも似て、見た目以上に俊敏に振り回される。印堂の背面からの攻撃がわかっていたかのように、斬撃を防ぎながら振り払う軌道だった。黒煙をかき分け、さらなる渦を作り出す。


「わかる」

 印堂の唇が、そんな風に呟いた。

 空中で体をひねり込み、ドリットの右腕を蹴る。狙ったのは肘だ。打撃の支点を制した形になる。


 ばん、と、強い音が響いた。

 印堂の小柄な体が跳ねた。決して殴り飛ばされたのではない。自分で跳んだ。それを追って踏み込んだドリットの二撃目は、左腕での原始的な振り下ろしだった。

 空中のハエを叩き落とすような、無造作な打撃。


「これも、わかる」

 印堂は避ける。

 というより、空間の隙間に自分の身を滑り込ませ、消えた。同時に再びドリットの背後をとる。今度はドリットも反応しきれなかった。自らの腕の遠心力に振り回され、対応が遅れる。攻撃動作の最中を狙ったわけだ。

 悪くない。

 陽炎の中で空間の『隙間』を飛び跳ねる印堂は、彼女自身が幻であるかのように素早く動く。


「――ふ」


 と、印堂の短い呼気が聞こえた気がした。

 ドリットの首筋を、右の片手剣が抉る。


 しかし浅い。首の皮一枚でしかなかった。どす黒い体液がわずかに飛び散り、ドリットは異様な金切り声をあげる。

 あの、耳障りな笛の音に似ていた。それはたぶん、激怒の叫び声なのだろう。

 ドリットは子供が駄々をこねるように、大きく腕を振り回した。

 首筋に刃を突き立て、動きを止めた印堂を、今度こそ捉えようとする。巨体の足が下手なダンスを踊るようにもつれて、巨大な腕が印堂を殴りつけにかかる。

 だが、そこまでだ。


「そこ」

 その瞬間に彼女がやってみせたことは、ごくシンプルな動作でしかない。

「ちょうどいい」

 ナイフを握る左手が、ごくわずかに動いた。肘から先を差し込むように鋭く。それだけでいい。

 印堂の左腕は、肘から先が消失した。


「お前、確かに私より弱い」

 唐突にバランス感覚を失ったように、あるいは足を滑らせたように、ドリットの体勢が崩れた。右側に傾き、よろめく。

 その右足首に、ナイフが深く突き刺さっている。


 ドリットは首をかしげて、自分の足首に視線を向けた。

 痛みを感じている、というよりも、ただ不思議そうな目だった。印堂の左肘から先だけが、ナイフを握り、ドリットの足首を突き刺していた。

 あまりにも単純な工夫だった。印堂は左手の先だけを空間の『隙間』に突っ込み、ドリットの足首まで転移させた。それだけのことでしかないが、ドリットの知能では理解できまい。


 そこには雄叫びもなく、罵倒の一言もない。

 印堂雪音には必要がない。

 ナイフの柄を握る左手で、そのまま刃を足首に抉り込む。欠けた人差し指の分だけ握力が弱いのだろう。それを補うように、容赦なく、確実に、刃が肉を引き裂くのが見えた。それもほんの一秒未満のことだ。


 血が飛び散り、腱が千切れて、ドリットの巨体が片膝をつく。

「ぐ、ぐっ」

 と、ドリットは短く唸った。

 苦し紛れに振り回す右腕は空を切る。

 すでに印堂はそこにはいない。空間の『隙間』を飛び越え、またドリットの背後に回っている。ただ連続して死角に回り込む、シンプルな戦術――印堂のこれを追いきれるやつは、滅多にいないだろう。思いつくのは、俺かマルタぐらいのものだ。

 そしてまた印堂が一撃を加える。


「ぐ」

 唸り声が漏れて、黒い体液が溢れ出した。

 非常に鮮やかな剣筋だった。膨張したドリットの右腕の付け根を、印堂の片手剣が斬り飛ばした。あとは一方的な殺戮になる。少しずつ四肢を破壊し、削ぎ落としていけばいい。

「死んで。今度こそ」

 印堂はそれだけ、吐き捨てるように言った。

 小柄な体が加速する。

 右と左の刃が、瞬く間にドリットの肉を、骨を、削り取っていく。ドリットが残った左腕を振り回しても、まったく追いつけない。その姿を捉えることすらできない。


「それが出来るなら、最初からやれよ」

 俺は思わず印堂をぶん殴りたくなった。よくない傾向だ。《E3》が効きすぎている。善なる世界に意識を集中させる。考える。


 印堂にとって体の一部を空間の『隙間』に突っ込み、部分的に瞬間移動させるのは、おそらくそれなりにリスクがあることなのだろう。

 片手を『隙間』に突っ込んだまま、殴り飛ばされたりしたら、ろくなことにはなるまい。その危惧があったから、近距離戦闘では試す気にならなかったか。

 まさか、そういう使い方を思いつかなかったなどということは――


「いや、有り得る」

 印堂雪音ならば、有り得る。

 俺は自分の胸にその疑問をしまっておくことにした。

 いまはただ、褒めておくことにしよう。俺は優れた指導者だから、そのタイミングがわかる。印堂雪音は、ちょっとは工夫をするようになった。とても劇的な成長とは言えないが、少しずつだ。それでいい。


「いいぞ、印堂」

 俺が声をかけると、印堂は素早く振り返った。犬のようだ、と俺は思った。

「《九本指》を名乗ってもいい」

 どうせ意味などわからないだろう。

 それでも印堂は、珍しく嬉しそうに笑った。俺は顔を背けるしかなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます