第3話

 仕上がりとしては、まず上々と言えると思う。

 さすがにサイズぴったりとはいかないが、あのイシノオが趣味のために収集しただけあって、パーティードレスの品質は良かった。


 それに三名とも、あまりに間抜けなので失念することもあるが、もともと見た目はそう悪くない。セーラ・ペンドラゴンが用意した衣装に着替えると、池袋駅前で注目を集めることになった。

 イシノオは草葉の陰で喜んでいるだろう。


 しかし難点としては、まず城ヶ峰だった。顔を合わせたときから、ひたすら不服そうな顔をしていたし、反論というか愚痴のような文句を延々と聞かされることになった。印堂に関しても、決して黙っていたわけではない。

「動きにくい」

 というのが、印堂雪音の第一の感想だった。先程からしきりに足踏みをしている。たしかに彼女の白いパーティードレスの裾は長く、下肢に巻き付いているように見えた。どうやら、それが気に入らないらしい。

「セーラ、もっと裾が短いのはなかったの?」


「仕方ないだろ」

 印堂を相手にするとき、セーラは子供をあやすような口調になる。

「結構ちゃんとしたパーティーだって言うからな。だいいちドレスなんて、どれでも動きにくいのは一緒だ」

「じゃあ、もっと、セーラみたいなのがいい」

 印堂はセーラのドレスの裾を掴んだ。彼女の喪服のように黒いドレスは、無駄に裾が広い。それになんだかフリルの類の装飾も多かった。

 服飾知識のまったくない俺の私見だが、やや少女趣味すぎるのではないかと思った――が、俺は賢いので、口に出すのはやめておいた。

「これはこれで動きにくいんだって。マジで」

「そうなの?」

「そうなの。それに、雪音に似合う白いドレスから選んだ。好きだろ、白?」

「好き」

「じゃあいい」


「――待った。それでは、私の衣装については」

 横から城ヶ峰が口を挟んだ。

「この――これだ。なぜこのデザインなんだ?」

 城ヶ峰のドレスについては、もっとも池袋駅の利用者の注目を集めているといっていい。赤い。それに露出も多く、裾は短かった。彼女はそのことについて、たいへん激しい不満を抱いているのは明らかだった。


「これでは私という人物が誤解されてしまう恐れがある! こんなに美少女なのに、むしろ奥ゆかしい魅力を持つのがこの私ではなかったか。見ろ、こんなに膝が出ている! このままではモデルとしてスカウトされてしまう! なぜ私にこのドレスが似合うと考えたのか、セーラ。詳しく述べろ」


「亜希、相変わらずめちゃくちゃ自己評価高いな。羨ましいくらいに……でもまあ、それについては……」

 セーラは口ごもり、俺を振り返った。非難するような目で俺を見ていた。

「センセイが、それにしろって」

「えっ」

 城ヶ峰は顎が外れそうなほど、大きく口を開いた。

「失礼しました! それなら話はぜんぜん変わってきます、光栄です! 師匠、意外と見る目ありますね! さきほどまで不機嫌でしたが、いま直りました。どうですか!」

「ああ、そのくらいが分相応ってやつだと思う」

 俺は全面的に肯定した。


「初心者用のデザインにした。城ヶ峰はヘボいから、まだハンデとかつける段階じゃない。はるかに遠い。おこがましい。印堂とセーラの場合は、そのくらい動きにくい方がちょうどいい練習になるんじゃないか。たぶん」

「えっ」

「練習?」

 城ヶ峰が顔を曇らせる一方で、印堂は素早く反応した。

「これから特訓するの?」

「そりゃそうだ。ちゃんと武装してきたな?」


 三人とも顔を見合わせると、互の腰のあたりに目をやった。パーティードレスを身につけてはいるが、同時に帯剣もしている。城ヶ峰なんかは、腰の側面に年季の入ったバックラーを留めていた。傍から見れば、かなり笑えるコスプレのような姿に見えるだろう。

「よし。この前は一対一で奇襲をかけるという実戦だったわけだが、やっぱりあれじゃ面白くなかっただろ?」

「うん」

「っていうか、面白さは別に求めてねーよ」

「なるほど。この前は、あまりにもこの私が活躍しすぎたのが問題ですか? なにしろあのときは凶悪な拳銃を所持したスーツの男を相手に、華麗な打撃を二度三度と――」


 三名ともに、おおむね予想したとおりの答えを返したが、俺は構わず続けることにした。城ヶ峰については聞くだけ時間の無駄だ。

「よって、もう少し刺激があった方がいいと、俺も考え直した」

 そもそも教師なんて俺はやったこともないから、どう教えるのがいいのか、手探りでやっていくしかない。要するに、俺が師匠から教わったやり方を、微妙にアレンジしながら試していく。

 今夜のやつは、俺がよくやらされた、実戦形式の鍛錬メニューの一つだった。


「多対一で、互いに敵意がある状態からの実戦をやる。これは非常にスリルがあるし、次から次へ色々な技を試せるからから面白い。ストリートで喧嘩相手を探すのは時間かかるだろ」

「……はい。あの」

 いつの間にか三名とも黙り込んでいたが、やがて城ヶ峰がゆっくりと挙手した。

「師匠、今夜はどちらへ向かうのですか? 社会科見学と伺っていたのですが」


「《嵐の柩》卿という」

 俺は視界の中にある、もっとも背の高いビルを指さした。冷たい夜空を背景に、ぎらつく光が煌々と灯っている。やっぱり事情を知らなければ、単なるオフィスビルに見えるだろう。

「あそこに、そいつの城がある。魔王としては、おそらくこの界隈で最強なんだろうな。とりあえず《琥珀の茨》とは格が違う。で、そいつが今夜、ちょっとしたパーティーをやるらしい」

 不可解な顔の三人を、俺は順番に眺めた。


「つまり、やることは簡単だ。俺たちで暴れて、パーティーを大いに盛り上げてやろうぜ」

「はい、師匠!」

 城ヶ峰の返事は、いつだってムカつくくらい清々しい。おそらく何も考えていないのだろう。あるいはマジで自分なら簡単なことだと思っているか――だとしたら、めちゃくちゃ恐ろしいやつだ。

 印堂は無表情のままビルを見上げていたし、セーラは見るからに青ざめて頬を引きつらせた。

 三人にとってちょうどいい訓練になりそうだ、と俺は思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます