初めての投稿(3)

「さて、みんな揃ったな」

 昼の十二時。

 全員が山頂へ着いたのを確認すると、豪田先生がメガホンを使って叫んだ。

「それではこれより、お待ちかねの弁当タイムだ。一時間後に下山を始めるから、それまで自由に過ごしてくれ。以上、解散!」

「ユリナ、一緒に弁当を食おうぜ」

「はい」

「えっと、どこかいい場所は……」

 と言いながら、キョロキョロと周囲を見回す。

 かなり広いのでスペースには困らないが、せっかくだから、人に邪魔されないような場所へ座りたい。

「よし、あそこで食おう」

 ちょうど椅子になりそうな、サイズの大きい石があったので、ユリナと一緒にそこへ座る。

 弁当を取り出す為にカバンを開けると、一緒にしまっていたETが目に入った。

「そうだ、アニマル・ビンゴの確認をしておくか。どれどれ、今の状況は……」

 ETのモニターを覗き込むと、せこい手を使っただけあって、早くもリーチになっている。

 アリ、ハエ、ケムシ、ダンゴムシが点灯しているが、意外なことにチョウチョがまだ出ていなかった。

「あー、惜しいなぁ。ユリナはどんな感じだ?」

「えっと、わたしは……」

 急いでETを確認するユリナ。

「わわっ、わたしもリーチです!」

「おっ、すごいじゃないか!」

「はい! 縦も横もリーチになっていて、後は真ん中の動物さえ出てきたら、一気にビンゴが完成します!」

「やったな! 帰りは行きと別の道を通るから、ビンゴになる可能性は高いぜ! 真ん中には何を書いたんだ? その動物さえ出てくれば……!」

 ユリナのETを横から覗き込むと、中央には堂々とこう書いてあった。


『クマ』


「ぶはっ」

 思わず吹き出してしまい、弁当に鼻水が入ってしまう。

「ちょ、お前、そんなイケナイ想像して! 今日は想像力で戦うワナビ戦じゃなくて、実際に出会いそうな動物を書くっていう……」

「そ、それはわかってます! でも『山に住んでる動物』って考えたら、一番最初にクマが浮かんできたので……」

「いや、気持ちはわかるけど、書かなくていいから! しかも真ん中に!」

「うう、そう言われても、もう変更できません……」

 ETを抱き締めながら、軽く涙目になるユリナ。

 ダメだ。

 彼女のビンゴを応援したいのはやまやまだが、ここは心を鬼にして完成を阻止しなければ。

 そう思いつつ弁当を食っていると、次第に空がどんより曇って、ついには小粒の雨が降ってきた。

「うわ、雨かよ」

 曇天を見上げているうちに、雨粒は、みるみる大きくなっていく。

「ユリナ、移動するぞ!」

「はいっ」

 と言って立ち上がったものの、雨宿りできそうな場所がない。

 俺達はかなりの距離を走って、だいぶ離れた場所にあった、大きな樹の下へ身を隠した。

「ちくしょう、いきなりだな」

 先程まで文句なしの青空だったのに、たった五分でこんな土砂降りになってしまうなんて、山の天気って本当に変わりやすいな。

 ちなみに今回は、Tシャツの色が濃いせいもあり、ユリナの胸は残念ながら透けていない。

 またあの光景を見たかった気もするが、こっそり楽しむのは本人にも申し訳ないし、今回は大人しく諦めるのがいいだろう。

「ん?」

 ハンドタオルで雨を拭いていると、リカルドが走って来るのが見えた。

 どうやら雨宿りの場所を探しているようだ。

 あまり助けたい相手ではないが、今朝はビンゴのアドバイスを貰ったし、ここは素直に声をかけてやろう。

「よう、リカルド」

「すみません、しばらく雨宿りしてよろしいですか?」

「いいぜ、ここに座れよ」

 快く承諾する俺。

 リカルドの白いポロシャツはびしょ濡れで、胸どころか乳首がモロ見えになっているが、それはまったくどうだっていい光景である。

「やれやれ、ひどい雨ですね」

 溜め息まじりにそう呟くと、リカルドはポケットから恐竜柄のハンカチを取り出して、濡れたETを丁寧に拭いた。

「そうだ、俺もETを拭かないと!」

「あ、わたしもっ」

「ああ、ETは防水仕様になっておりますので、放っておいても別に壊れたりはしませんよ。しかしまあ、念の為に。何しろわたくしのETは、一学年に一つしか存在しない、シャンパンゴールドですからね」

「そうかい、そりゃご苦労なこった」

 俺はリカルドのETを横目で覗いたが、ビンゴはまだ完成していないようだ。

「あれ? お前のアニマル・ビンゴ、一つも点灯してないじゃないか?」

「ええ、そうですね」

 俺の言葉にあっさりと頷くリカルド。

 優等生のコイツにしては意外だが、これは普段の憂さ晴らしをする、まさに絶好のチャンスと言えよう。

「ははは、だっせぇ! リカルド、お前って恐竜はやたら詳しいのに、現代の動物にはてんで疎いんだな。一つも当たらないなんて、どんな風に書いたんだよ?」

 そう言ってからかいながら、リカルドのETを確認すると。


『プテラノドン』

『イグアノドン』

『ステゴサウルス』

『スピノサウルス』

『トリケラトプス』


 ビンゴのマスに恐竜の名前が並んでいる。

 コイツ頭は大丈夫か。

「ちょ、リカルド! ユリナだけでなく、まさかお前まで……!」

「ええ。二十五個しかマス目がないので、これでもだいぶ絞ったのですが」

「バカ! そんなの完成するわけないだろ!」

「わかっていますとも。もし仮に完成したら、どんなに素敵でしょう」

「そうですね……」

「ユリナ、そこで同情するなっ!」

 ダメだ。

 リカルドは一応常識人だと思っていたのに、これでは圧倒的にツッコミ人員が足りない。

「お前、勝負捨てんなよ! 真面目にビンゴやろうぜ!」

 とリカルドをたしなめる俺だが、どうしても丸見え状態になった、乳首へ視線が向かってしまう。

 いや、別にまったく関心はないが、そこだけ色が違うから目立つのだ。

「とっ、とにかく増設メモリーはゲットできないな、確実に」

「別に構いませんとも。わたくしのゴールドETでしたら、すでに上限まで、メモリーを増設しておりますので」

「あ、そうなのか?」

「はい、中等部時代にビンゴで当たりました。これ以上あっても増設できませんので、それで今回は趣味に走ってみたのです」

「なるほどな」

 なんて俺達が会話しているうちに、ようやく雨も小降りになってきた。

「じーっ……」

 ふと気が付くと、ユリナが熱心にリカルドを見つめている。

 最初は透けた乳首を眺めているのかと思ったが、どうやらそうではなく、リカルドのETのストラップを見ているらしい。

 先端には恐竜のマスコットが付いているが、緑色の太った体型で、なかなか愛嬌が感じられるキャラクターだ。

「ん、どうなさいました?」

「その恐竜のマスコット、とってもカワイイですね」

 両目をキラキラ輝かせながら、リカルドの恐竜を見るユリナ。

「何のキャラですか? どこで買ったんですか?」

「特に何のキャラでもありません。わたくしが自分で作成しました」

「へー、すごい! 名前はあるんですか?」

「ええ、名前はリカルドンです」

 リカルドンって。

 いや、突っ込むのも面倒だし、俺は何も口出ししないぞ。

「リカルドン、カワイイなぁ。わたしも欲しいなぁ」

「よろしければ、お作りしましょうか?」

「わ、本当ですかっ?」

「はい。難しい物ではありませんので、そのくらいお安いご用ですよ。色は何色がいいでしょうか?」

 と言って爽やかに微笑むリカルド。

 なんだよ、女子にばっかり優しくして。

 俺には嫌味を言うくせに、恐竜マニアでナルシストでフェミニストなんて、本当におかしな野郎だ。

「アダチにも作りましょうか? ほら、何色がいいか決めなさい」

 おいおい、俺にも作ってくれるのか。

 意外に親切な一面もあるようだが、しかしそれはそれでおかしな野郎だ。

「ふふっ、嬉しいな! あ、でもやっぱり、一方的に作らせるなんて悪いですよね……」

「ユリナ、無理するな。さっきのは単なるお世辞で、本当はリカルドンなんか嫌いだし、押し付けられたら迷惑ですって、正直に言っていいんだぞ」

「ちっ、違います! リカルドンは本当にカワイイですっ」

「そうか、ユリナは優しいな」

「アダチ、そんな憎まれ口を叩くと、あなたのリカルドンに画びょうを封入しますよ?」

 リカルドがこちらを睨んでくるが、やはりどうしても、シャツが透けている点が気になる。

 コイツは俺の正面に座っているから、どの方角を向いたって、必ず視界へ入ってきてしまうのだ。

(ああ、どうして男の裸を見続けなくちゃならないんだ……?)

 俺はがっくり肩を落としたが、こんな風に後ろ向きな感情を持つのは、精神衛生にマイナスだろう。

 うん、そうだ。

 この状況を前向きに考える努力をしよう。

 上半身は透け透けの状態だが、下半身までモロ見えにならなくって、本当によかったじゃないか。

「リカルドンを作るのは手間ではありませんが、もし厚木さんが悪いと感じるなら、作成時の型紙と設計図を差し上げましょう。ご自分で作ってみるといいですよ」

「あ、そうですね! そうしますっ」

 確かにユリナは、絵本の執筆が趣味で手先が器用だから、リカルド本人より上手に作成できるかもしれない。

 部活は確か美術部だっけ?

 図書委員の仕事だってあるだろうに、部活動もするなんて真面目な少女だ。

「リカルド、お前は何部なんだ?」

 別にほとんど興味はないが、会話の流れで質問してみる。

「わたくしですか? それはもちろん、恐竜研究部ですよ」

「そりゃまた、地味な部活だな」

「地味な部活ではありません。部員数は五十名を超えます」

「文化部なのに? ずいぶん多いんだな」

 いや、ひょっとすると、リカルドのファンだろうか。

 真面目に恐竜を研究したい生徒が、普通に五十人もいるとは思えない。

 とにかくユリナもリカルドも、ちゃんと部活動をしているにも関わらず、ワナビ戦でもしっかり勝利できているわけだ。

(俺は何も部活をしていない上に、ワナビ戦でも、まだ一度も勝ってないんだよな)

 自己嫌悪に陥って視線をそらすと、雨がやんだのを喜んでいるのか、チョウチョが鮮やかに舞っている。

「あ、チョウチョですよ! 足立くん、ビンゴですねっ!」

「おや、そうなのですか? それはおめでとうございます」

「……ああ、サンキュー」

 そうだ。

 他人と比べて焦ったって仕方ないから、今は自分にできることを、ちょっとずつ積み重ねていくしかない。

「よし! 雨も上がったし、そろそろ行くか!」

 顔を上げて立ち上がると、そこには七色にうっすら輝く、綺麗な虹が浮かんでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます