初めての投稿(2)

 今日は遠足当日だ。

 集合場所はハイキング・コースの正面入口。

 少し早めにその場へ到着すると、ユリナが元気に駆け寄ってくる。

「足立くん、おはようございますっ」

「おっすユリナ、早いじゃないか」

「えへへ、楽しみで早く来ちゃいました」

 と言って照れ笑いしつつ、ペロリと舌を出すユリナ。

 うんうん、いい子だなぁ。

 態度や仕草だけではなく、今日の服装もまた可愛い。

 少し大きめの半袖Tシャツ、デニムのショートパンツ、足元は紺色のハイソックス。

 そう、今日は遠足だから全員が私服なのだ。

 ちなみに俺の格好は、え、どうでもいいって?

「前のワンピースも可愛かったけど、ユリナって、そういう活動的な服も似合うんだな」

「ええ、今日はハイキングですからね。それにその、あの白いワンピースは、ちょっと微妙な思い出もありますし……」

 そこで曖昧に言葉を切ると、ユリナは顔を赤く染め、両手で自分の胸を隠した。

 おっと、そうだな。

 あの白ワンピース透け透け事件は、俺には素敵な思い出だが、本人には残念な思い出に違いない。

 なんてユリナと喋っていると、後ろから無駄にテンションの高い、リカルドの声が聞こえてくる。

「おはようございます、アダチ! わたくしの私服をどうぞご覧なさい」

「…………」

 ここは素直に振り向いておくべきか、それとも、聞こえなかった振りをするべきか。

 かなり真剣に悩んだ結果、俺は仕方なく振り向いた。

 今ここで無視してもどうせ後で会うんだから、それなら、イヤな瞬間は早めに済ませておくべきだよな。

「よう、リカルド」

 あさっての方角を見ながら適当に挨拶。

「どうしたのです? ちゃんと私服姿のわたくしをご覧なさい」

「いや、お前の私服には興味ないから。何か着てればそれでいいよ」

 とはいえ目の前のリカルドは、イヤでも視界へ入ってしまう。

 真っ白なポロシャツ、ベージュ色のチノパンツ、スポーツブランドのスニーカー。

 マフラーと十字架のペンダントは普段と一緒で、その両アイテムは私服でも制服でも共通らしい。

「ふふふ、どうです、格好いいでしょう? もし格好いいと感じたならば、真似していただいて結構ですよ」

「そうだな。それでさユリナ、今日の弁当の件だけど……」

「あ、あの、リカルドくんを無視していいんですか? ちゃんと私服姿の感想を言ってあげないと……」

 などと話しているうちに集合時間になり、俺達の担任教師である豪田先生が現れた。

「よし、みんな揃ったな。今日のハイキングに関する注意事項だが、個人によってペースが違うだろうから、列は崩して自由に歩いてくれて構わない。十二時から山頂で弁当の時間をとるので、それまでには全員登り切ってくれよ」

 クラスメートから質問の声が上がった。

「豪田先生、アニマル・ビンゴについては……」

「おっと、そうだった。アニマル・ビンゴについて説明するから、各自ETを出して電源を入れるように。起動させたら『アニマル・ビンゴ』を選択してくれ」

 豪田先生に言われた通り、ETを取り出して電源オン。

「なんだ、コレ?」

 メニュー画面からアニマル・ビンゴを選択すると、ETのモニターに五列×五列のマスが表示された。

 どうやらビンゴの枠っぽいが、今はすべて空欄になっている。

「よし、全員起動させたな? それでは全部で二十五個ある空欄のマス目に、この山で出会いそうな動物を書き込むように。実際にその動物が出てきたらチェックを入れて、下山するまでにビンゴを完成させるのが目的だ」

「はい豪田先生、景品はあるんですか?」

「あるとも、ETの増設メモリー、1GBだ。先着順の配布ではなく、ビンゴを完成させた生徒全員に配るから、是非とも頑張ってくれよ」

 全員配布という言葉を聞いて、クラスメート達が盛り上がる。

「よーし、やってやるぜ!」

「おれ、今日のビンゴの為に、この前下見に来たんだ」

「ちょっと、それって反則じゃないか?」

「いいんだよ。下見は禁止なんて、ルールにないだろ」

 クラスの連中が浮き立つのも無理はなく、メモリーを増設したらETのパフォーマンスが飛躍的に向上するから、ワナビ戦で有利に戦えるのは間違いない。

 しかしこの山へは初めて来たし、ここで出会いそうな動物なんて、まったく見当すらつかないぞ。

(やっぱり俺って、想像力ないのか……?)

 一人で落ち込んでいると、リカルドが助言をくれた。

「別に哺乳類にこだわる必要はありませんよ。鳥でも昆虫でも爬虫類でも、とにかく広い意味で動物なら、何を書いたっていいのです」

「あ、そうなのか」

 それならどうにかマスを埋められそうだ。

「それと、普通のビンゴもそうですが、中央のマスは重要ですからね。必ずいる動物を記入した方がいいですよ」

「わかった、サンキュー」

 確かに中央はビンゴの肝だから、確実に出会う動物にしないとな。

 しばらく真剣に悩んだ末、俺はこの五匹の精鋭部隊に、勝負を賭けることにした。


『ハエ』

『ケムシ』

『アリ』

『チョウ』

『ダンゴムシ』


 夢の感じられないビンゴだが、今はロマン以上に、ETの増設メモリーが欲しい。

 微妙に罪悪感を覚えるが、すべて動物には違いないから、ルール違反ではないはずだ。

「完成、っと」

 残りのマスを適当に埋めてエンターを押すと、その瞬間、文字の色が反転して編集不可能に切り替わる。

 よしよし、今日はこのビンゴで勝負するぞ。

「足立くん、一緒に登りませんか?」

 ビンゴの入力が済んだ後、ユリナが話しかけてきた。

「ああ、もちろんだ」

「あ、でもわたしって足が遅いから、足立くんに迷惑をかけちゃうかも」

「構わないさ。時間は充分あるから、ゆっくりと登ろうぜ」

 ちなみに横目でリカルドを見ると、奴はまだ熱心に、ビンゴの入力作業を続けている。

 うん、声をかけられないうちに、先に出発してしまうのが得策だな。

「それにしても、ハイキング中に動物でビンゴっていう発想は、面白いよなぁ。さすがは文想学園ってところか?」

「そうですね。自然とキョロキョロして動物を探しちゃうし、普通に登山するより楽しい気分で歩けますよね」

 なんて話しながら山道を歩き出すと、早くも地面にアリの行列を発見した。

「よし、アリだ! 真ん中のマス目ゲット!」

「そっかぁ、アリでもよかったんだ。山の動物って部分を意識しすぎて、普通の虫は思いつきませんでした……」

 ユリナの呟きを聞きながら、さっそくETを取り出す俺。

「しかしコレ、画面を編集できないが、どうやってチェックするんだ?」

 その疑問には、通りすがりの同級生が答えてくれた。

「自分が書き込んだ動物に会ったら、カメラを起動して写真を撮るんだ。そうすりゃETが認識して、自動的にチェックが入るぜ」

「へえー」

 言われた通り写真を撮ると、アリと書いた真ん中のマスが、今撮った画像へ切り替わる。

 おお、なるほど。

 ビンゴを次々完成させていくと、文字のマスが写真に変わるから、アルバム代わりにもなるわけか。

 こんなハイテク機能があるなんて、さすが文想学園が誇るETである。

「それじゃ、気を取り直して、どんどん行こうぜ!」

「はいっ」

 その後、俺とユリナは二人っきりで、仲良くハイキング・コースを歩いた。

 心配したほど勾配もキツくないので、話しながら歩く余裕もあり、学校行事ではあるがデート気分だ。

「あっ、サルがいますよ!」

 山の中腹あたりまで登った頃、ユリナが茂みの中を指差した。

 その方角に目をやると、確かにサルが二匹いる。

「おー、サルだな! 俺、空いたマスに、一応サルも書いたんだ!」

「足立くん、絶好調ですねっ」

「へへっ、写真を撮るから、ちょっとだけ待ってくれな」

 ETのカメラモードを起動して、俺がシャッターを押した瞬間。

 片方のサルがもう一匹を背後から掴み、突然すごい勢いで下半身を振り始める。

(うおっ!)

 これはその、なんというか、交尾だよな。

 俺が動揺しているうちにETの自動認識が完了し、交尾中のサルの写真がビンゴマスに表示される。

 なんてこった。

 人に見せられないビンゴになってしまった。

(いや、それより、どうしよう……っ)

 俺はサルから目をそらし、空中に視線を彷徨わせた。

 男の友達と一緒なら盛り上がる状況だが、よりによって気になる女の子と二人だけなんて、ものすごく気まずい気分になってしまう。

 このピンチをどう乗り切る?

 俺達も負けていられないな、と明るく言って、前向きさをアピールするか?

 いや、それは前向きではあるが、女性にドン引きされるセリフだよな。

「…………」

 ユリナはどんな顔をしているだろうか。

 横目でチラリと盗み見ると、彼女はなんと脇目もふらずに、サルの交尾を観察している。

 い、意外と積極的なんだな……と感心していると、こんな信じられない言葉がユリナの口から飛び出した。

「足立くん、あれって何でしょうね? 後ろのおサルさんが、すごく激しい動きをしているけれど、ケンカでしょうか?」

「ケ、ケンカ?」

 いいえ、あれは仲良しの印です。

 というか、ちょっと待て。

 これだけリアルな光景を見ておきながら、ユリナには、どうやらその意味がわかっていないらしい。

「あっ、ケンカ終わったみたいですよ。二匹とも茂みの奥へ隠れちゃいました」

「あ、ああ……」

「ふえぇ、足立くん、どうしたんですか?」

「……いいや、どうもしないさ」

 俺があれほど気まずい思いをしたっていうのに、少しも動じていないとはさすが最強の天然少女。

 それにしたって、ユリナは交尾を知らないと思うと、逆に興奮してしまうのは何故なんだろうか。

(ああ……)

 天真爛漫なユリナに悶々としながら、俺達はそのままハイキングを続けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます