最弱のプライド(2)

 期末テスト当日。

 他教科の試験はすべて終わったが、「心ここにあらず」状態の俺は、答案に何を書いたか覚えていない。

 別に赤点だって構わないさ。

 いざとなったら、文想学園の姉妹校とやらへ、転学させてもらえばいいんだから。

 ひどく投げやりな気持ちで、最終科目・ワナビ戦のテスト会場である、いつもの体育館へと向かう。

 重い足取りのまま到着すると、その場にはアカネ先輩、それから葵先輩が待っていた。

「よう、足立」

「足立くん、いよいよね」

「アカネ先輩、それに葵先輩も!」

 こうして面と向かって話すのは、なんだか久し振りな感じがする。

 ドアドン事件やチョーク事件等、短期間で色々あったせいだろう。

「二人とも、見に来てくれたんですね!」

「もちろんよ」

「オレ達の学年のテストは、午前中に終わったからな」

 ああ、だから観客の中に、二年生の姿が多いわけか。

 ウチのクラスはリカルドがいるせいで、普段の放課後実技も見学客がいたりするが、今日はまた観客の人数が尋常ではない。

 遅く来たせいで体育館へ入れずに、外から見ている生徒もいるほどだ。

(俺、この雰囲気の中で負けるのか……?)

 まあしかし、俺にとっては憂鬱なだけだが、ギャラリーが周囲を取り囲むこの状況は、目立ちたがり屋のナルシストにはたまらないだろう。

「ふふふ、わたくしの名を呼びましたか?」

 俺の心の呟きを察知して(?)、颯爽と現れたのは、もはや説明不要な池田リカルド。

 普段からワナビ戦では生き生きしているが、期末テストの今日はまた、水を得た魚のように一段と張り切っている。

 何を召喚するつもりか知らないが、よっぽど深い自信があるのだろう。

「おい、大本命の登場だぜ……!」

 リカルドを見た観客が、途端にざわつき始める。

「見ろよ、シャンパンゴールドのETだ……!」

「ああ、今日も期待できるな……!」

「きゃー、リカルド様ーっ!」

 中には写真入りの団扇を振って応援する、中等部の女子生徒の集団も見受けられる。

 かわいそうに、中身が激しい変人だと知らずに、ルックスだけ見てリカルドに憧れているのだろう。

「しかし中等部時代から色々召喚してるから、アイツもそろそろネタ切れじゃないのか?」

「そうだよな。かなり自信がありそうな様子だが、今日は一体何を呼び出すつもりだ……?」

 確かにそれは気になってしまう。

 リカルドの最大の生き甲斐は、恐竜コレクションを増やすことだが、アイツは『ギガノトサウルス』『ティラノサウルス』等、強くて有名な恐竜をもう使い切っているはずなのだ。

「足立くん、どうしたの?」

 思わず考え込んでいると、アカネ先輩が尋ねてきた。

「何か考え事でも?」

「いえ、リカルドの召喚ですけど、一体何を呼び出すのかな……と思って」

 素直な疑問を口にする。

「もちろんあのリカルドですから、恐竜の種類なら、まだまだ知っていると思います。でも観客が名前を知らないようなマイナーな恐竜で、一学期のラストを飾ったりはしないような気がして……」

「それもそうね。確かにリカルドくんは、ワナビ戦への情熱が半端じゃないから、今日は絶対に派手なモンスターを召喚すると思うけど……」

 そんなこちらの会話が聞こえているのかいないのか、リカルド本人は目を閉じてただ静かに微笑んでいる。

 本当に毎回毎回思うんだが、一体どんな家に住んで何を食べたら、たった十五年間でこんな人格が形成される?

 そう考えているうちに全員が集まって、いつも通り豪田先生の説明が始まった。

「ついに今日は、ワナビ戦の期末テストだ」

 ゆっくりとクラス全員を見回す豪田先生。

「まず私がライオンを召喚するから、全力で立ち向かってきて欲しい。見事ライオンを倒した生徒は、そのまま攻撃のターゲットになって、他の生徒の相手をするように。その方式でバトルを続け、最後に残った生徒が一位だ。わかったかな?」

「はーい」

「それぞれ緊張もあるだろうが、どうかリラックスして、日頃の成果を発揮してくれよ」

 などと先生に前置きされようが、今この場所で、リラックスしている生徒は皆無。

 テストは高校生の一番の関心事だし、これだけ観客が多ければ、活躍したいという欲だって出てくる。

 たとえ池田リカルドでなくとも、気持ちが高ぶる方が当然なのだ。

「コホン。それでは出席番号……いや、今日は出席番号は関係なしに、希望者から順に立ち向かってきて欲しい。ああ、そうしよう。希望者はいるかな?」

 その言葉を聞いた俺は、心の中で感謝を述べた。

(豪田先生、ありがとう)

 以前はつらく感じた先生の気遣いが、今日は心の底から純粋にありがたい。

 俺は無言のまま、後ろへ下がった。

 実技が中盤くらいまで進み、観客が見学に飽きてきた頃に、目立たないようにそっと試合へ参加しよう。

「ふふふ、仕方がありませんね。他に希望者がいないなら、わたくしが参りましょう」

 長いマフラーをなびかせながら、観客の前へと進み出るリカルド。

 それにしたって、「仕方がありませんね」どころか、トップを飾りたくてしょうがないという表情だ。

「いきなり本命の登場か……!」

「シッ、静かに、入力が始まるぞ!」

「これは一瞬たりとも見逃せないな……!」

 リカルドが前へ進み出てETを構えると、その場は水を打ったように静まり返った。

「準備はいいな、池田?」

「もちろんです」

「それではこれより、ワナビ戦の期末テストを始める! 入力開始だ!」

「ふふふ、望むところです!」

 リカルドがキーボードに指を走らせると、その場に竜巻のような突風が巻き起こる。

 パリーンと響く鋭い音。

 竜巻による激しい風圧のせいで、体育館の窓ガラスが割れたのだ。

「くっ……」

「入力内容はなんだっ……?」

 同級生や背後にいる観客が、思わず身を守る姿勢を取る中、リカルドのETに入力内容が浮かび上がった。


・挑戦者 池田リカルド

『世界一強いドラゴン!』


「なっ」

 思わずそこにある光景を疑ったが、どうやら錯覚や見間違いではない。

 恐る恐る目を開けると煙はすでに消えており、ティラノサウルスにも引けを取らない巨大なドラゴンが、遥か天井の高さからこちらを見下ろしている。

「なんだと……!」

「恐竜一筋の池田リカルドが……!」

「ああ、空想上の生き物に手を出すなんて……!」

 一斉に頭上のドラゴンを見上げる観客達。

 その皮膚は硬いウロコで覆われて、入力した文章は完全に一緒ながら、俺の二次元ドラゴンとは格が違うのが一目でわかる。

「ふふふ、いかがでしょうか? わたくしのドラゴンは」

 冷静に言葉を発するリカルド。

「恐竜もそろそろネタが尽きたので、今回は架空の生物に挑戦しましたが、なかなか悪くない出来映えでしょう? わたくしの膨大な恐竜の知識に、ファンタジー要素をプラスしたこのドラゴンは、文字通り最強のモンスターです」

 でもそれ、文章は俺のパクリだぞ。

 なんて苦情を出す暇もなく、ドラゴンが噴き出した激しい炎によって、ライオンは気の毒なほどあっさりと勝負に敗れた。

 いや、これだけ力量差が大きいと、もはや勝負にすらなっていない。

「さあ、挑戦者はいませんか?」

 そう言ってリカルドが振り返った瞬間、ドラゴンの巨大な前脚が、リカルドの身体を乱暴に鷲づかみした。

「!」

 どうやら強すぎて暴走を始めたらしい。

 ドラゴンに空中で振り回されたリカルドが、その右手から、シャンパンゴールドのETを取り落とす。

 ETはそのままかなりの距離を落下して、激しい音と共に体育館の床へと激突した。

「まずいわ!」

 アカネ先輩が素早く駆け寄って、リカルドのETを拾い上げる。

 それから豪田先生がその後ろへ続き、俺も少し遅れてその場へ駆け寄った。

「赤根、早く文字を消すんだ!」

「ダメです、豪田先生! 落下の衝撃でETが壊れています!」

 アカネ先輩のその言葉通り、どこをどう操作しても、ETは少しも反応を返さない。

 液晶モニターには亀裂が走って、カーソルの点滅も停止している。

「タスクマネージャーを出せ! 【Ctrl】【Alt】【Delete】だ!」

「無理です、それも反応しません!」

「強制終了は? 電源長押し!」

「強制終了もできません! どうしよう、完全にフリーズしてる……!」

 その時、クラスメートの悲鳴が起こった。

「うわっ!」

「きゃーっ!」

 何事かと背後を振り向くと、体育館の入口が燃えている。

 どうやらドラゴンが吐いた炎が、壁に燃え移ってしまったらしい。

「出口を塞がれたわね! 早くドラゴンを消去しないと!」

「でもアカネ先輩、リカルドのETは完全にフリーズしてますよ! 電源も切れないし、こうして出口を塞がれた今は、分解しようにも道具を取りに行けないし……」

「大丈夫、方法はあるわ!」

 リカルドのETを手放すと、アカネ先輩は立ち上がった。

「モンスターを消す方法は二通りある。入力文字を消すか、ワナビ戦で他のモンスターに敗れるか、そのどちらかよ!」

「じゃあつまり、誰かがあのドラゴンを倒せば……」

「ええ、この状況を救える!」

 大きく頷くアカネ先輩。

 そのやり取りを聞いていた葵先輩が、天下布武の扇子を取り出して、その場の全員へ向けて大声で叫んだ。

「野郎ども、ドラゴンへ総攻撃だ! 勝ったヤツは文句なしに英雄だぜ!」

 さすがは葵先輩だ。

 それまで右往左往していたクラスメート、それに逃げ惑っていた観客までもが、一斉にETを使ってモンスターを召喚する。

 部外者の乱入で期末試験は滅茶苦茶だが、今はそんなの気にしている場合じゃない。

 とにかくドラゴンを倒さないと、この場にいる全員が危ないのだ。

「……あ」

 そんな中、じっと立ち尽くしたまま、召喚をしない生徒が一人だけいた。

 厚木ユリナだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます