第三章 ユリナの夢

ユリナの夢(1)

 入学後しばらく過ぎたが、俺の成績は相変わらずだ。

 リカルドを倒すどころか、豪田先生のライオンにも負け続け、ひたすら三流ギャグのような戦いを繰り返す日々。

 しかし今は少しだけ、その事実を忘れよう。

 何故って?

 これからアカネ先輩と屋上で待ち合わせ、二人きりでランチタイムを過ごすからだ。

「アカネ先輩、こんにちは!」

 全力ダッシュで屋上へ行くと、アカネ先輩はすでに来ていた。

 青い空。

 ふわふわ流れる白い雲。

 幸い他には誰もいないし、学校の一角とはいえ、まるでデート気分である。

「待たせちゃいました?」

「いいえ、あたしも今来たところよ。それにしても、ユリナちゃんが来られないのは残念ね」

「そうですね。図書委員の仕事が入ったとかで、本人もひどく残念がってました」

 この「屋上でお弁当を食べよう」企画、最初は三人の予定だったが、ユリナが直前に来られなくなったのだ。

 もちろんアカネ先輩と二人きりも嬉しいが、計画通りなら俺は両手に花だったわけで、次回は是非そういう状況も味わってみたい。

「ま、図書委員なら仕方ないわね。それじゃお弁当を食べましょう」

「ああ、アカネ先輩、直接座ったらスカートが汚れますよ。もしよかったらコレを地面に敷いてください」

 ここでサッとハンカチを差し出す俺。

 成績がパッとしない分、こういう細かい気遣いで、好感度を上げないとな。

「あら嬉しい、ありがとう。後で洗って返すわね」

「洗わなくても構いませんよ」

 これは遠慮ではなく本心だ。

 アカネ先輩が座ったハンカチ……、ムフフ。

 妄想を膨らませつつ、持参したコンビニ袋を取り出して、俺は食事を開始した。

「ちょっと待って、足立くんのお昼ご飯、まさかそれだけ?」

「え? はい」

 今日の昼飯はコンビニおにぎり(主食)、焼きそばパン(おかず)、ちょっと贅沢なスイートポテト(おやつ)。

 俺的には最高のフルコースだが、どこか問題があっただろうか。

「ご飯、焼きそば、パン、さつまいも、ぜーんぶ炭水化物じゃない! 肉や野菜も食べなきゃダメよ! 食事のバランスって大事なんだからね!」

「うっ、すみません……」

 ショボーン。

 せっかくハンカチを渡して好感度を上げたのに、栄養管理ができない男だと思われてしまったな。

「しょうがないわね、あたしの唐揚げを食べなさい」

「でもそれはアカネ先輩のお弁当で……」

「多めに作ったから問題ないわ」

「手料理ですか?」

「ええ、あたし料理は結構好きなの」

「…………」

 待て待て待て。

 昼飯の選択をミスったせいで、アカネ先輩の手料理が味わえるなんて、災い転じて福となりすぎだ。

「あら、抵抗する気? それなら無理やり食べさせちゃうから」

 こちらの沈黙を抵抗と誤解したらしく、アカネ先輩は唐揚げを箸でつまんで、俺の口元へゆっくりと近付けてくる。

 いわゆる、あーんだ。

 なんと俺は、憧れのアカネ先輩に、あーんされてしまうのだ。

(どうしよう、予習しないと!)

 大丈夫、流れは以下の通りである。

 まずは大きく口を開け、唐揚げの侵入を気配と目視で確認したら、口を閉じて咀嚼を開始。

 勢い余って、アカネ先輩の箸を噛み砕くなんて失敗は、絶対にNGだ。

「はい、あーん」

「はい、あー…………」

 悲劇はまさにその時だった。

 口を開けすぎて、アゴが外れてしまった俺は、あーんに失敗。

 初体験は痛いって聞くけど、あの噂は本当だったんだな。

「い、ひゃ、いひゃい!」

「え、ちょ、足立くん、どうしたの?」

 どうにかアカネ先輩を安心させたいが、あーんの途中でアゴが外れた時の対処方法なんて、俺が愛読している恋愛のハウツー本には少しも載っていなかった。

 そりゃそうだよ。

 そんな状況が想定された書籍があったら、いくらなんでも筆者の頭を疑うしかない。

 っていうかマジで痛いぞ、コレ。

(落ち着くんだ俺! 自慢のトークでこの状況を切り抜けろ! アゴが外れてトークできないけどな!)

 と、その時。

 いつの間にか現れた男子生徒が、アカネ先輩の唐揚げを横取りして、俺の代わりに食べてしまった。

 制服は短ランで、ボタンは全開、適当な腕まくり。

 髪は黒だが男のくせに長髪ポニテで、なんというか、時代を間違えたヤンキーみたいだ。

「ちょっと、あたしの唐揚げ返してよ!」

「いーじゃねーか、多めに作ってきたんだろ?」

「足立くんならいいけど、アンタにくれてやる分は、一つたりともないわっ!」

 どうやら二人は知り合いらしい。

 ようやく発話能力を取り戻した俺は、恐る恐るアカネ先輩に質問してみた。

「すみません、こちら様は……?」

「ああ、コイツはあおいよ。フルネームは葵喜一郎きいちろう。何の因果かあたしのパートナー」

「えっ、付き合ってるんですか?」

「バカを言うのはやめてちょうだい。この男はワナビ戦のパートナーよ」

 ふう、よかった。

 それにしても葵先輩か。

 さり気なく視線を上げると、相手と目が合ってしまった。

「よう、オメェが足立だな?」

「はい」

「アカネに聞かせてもらったが、オメェ、リカルドを倒す気なんだろ? だったらオレが協力してやる。なーに、任せとけよ」

 と言いながら、葵先輩は扇子を取り出して、パシッと開く。

 そこには達者な毛筆で「天下布武」と書いてあった。

「あっ、これ格好いいだろ? 天下統一フラグだぜっ!」

「いや、それはむしろ、部下に暗殺されるフラグじゃないかと……」

 なんかこの人、リカルドとは別の意味で、とっても付き合いにくそうだ。

 あまり親密になれそうもないし、協力の件は丁重にお断りしよう。

 そう思って相手を見ると、小脇に抱えているETが、俺の目に飛び込んでくる。

(……ん?)

 その色はゴールドだった。

 二度見しても三度見しても、間違いなくリカルドと一緒。

 一学年に一つしか存在しない、シャンパンゴールドのETだ。

「ちょ、それ、ゴールド……!」

「おうよ! どうせオメェも、オレのルックスを見て、アタマ悪そうとか思ったんだろ? 視線にモロ滲み出てたぜ。けどまあ、この反応の変化を見るのは、何度味わってもすっげえ快感だけどなァ」

「葵、調子に乗りすぎよ。アンタなんて、リカルドくんに負けた分際じゃない」

 その言葉を聞いた瞬間、葵先輩の顔色が変わる。

「うっせーな、ありゃわざとだ。後輩に花を持たせてやったのよ」

 うわ、言葉は割と冷静だけど、この人めちゃめちゃ怒ってるぞ。

 ゴールドETの持ち主ながら、性格は単純なのか、怒りが態度に溢れ出ている。

「リカルドに負けたって本当ですか?」

「ああ、足立くん、実はこんな事情があってね……」

 アカネ先輩の説明はこうだった。

 文想学園の文化祭では、各学年のゴールドET所有者による、ワナビ戦のエキシビション・マッチが開催される。

 去年のそのイベントで、当時高一だった葵先輩は、中三だったリカルドに敗北した。

 さらに恐ろしいことに、そのバトルの結果で修学旅行の予算配分が決まるので、負けた葵先輩は学年中から強烈なブーイングを浴びたらしい。

「優勝したリカルドくんの学年は、修学旅行が、アメリカ周遊一週間の旅だったわ」

「アカネ先輩達の学年は?」

「お台場周遊一日間の旅よ」

 一日間って、それ日帰りじゃないですか。

 いや、お台場はいい場所だけど、修学旅行で行くには近すぎだよな。

 日帰りじゃ枕投げもできないし、女子の部屋へだって侵入できないし、そうなったら俺も葵先輩を恨むだろう。

「とにかくだ! オレはリカルドが憎い、足立はリカルドを倒したい、オレ達の利害は完全に一致してるだろ? だから協力してやんよ。じゃあな」

「あっ、葵ってば待ちなさい! 唐揚げを盗んだ罪は重いわよ!」

 葵先輩が勝手に立ち去り、アカネ先輩がそれを追いかけ、俺は屋上に取り残された。

 楽しいランチタイムだったのに、途中でアゴが外れたあたりから、おかしな流れになっちまったな。

 まあしかし、二年生のトップ生徒が味方についたのは、リカルドを倒す上でかなりプラスに働きそうだ。

(それにつけても、ゴールドETの威光たるや……)

 まるで水戸黄門の印籠だな、なんて考えていると、ユリナが屋上へやって来た。

「あれ、ユリナじゃないか?」

「はい。委員会の仕事を済ませて、急いで走って来たんですが、アカネ先輩はどちらに?」

「もう帰っちまったぜ」

「ガーン……。わたしもランチしたかったのに、そんな間に合わなかったなんて」

 おやおや。

 そんなに真面目に落ち込むなんて、俺達と一緒のランチタイムを、よほど楽しみにしていたんだな。

 微笑ましい感情が、俺の頬を緩ませる。

「まあ、今日は仕方ないさ。昼飯は今度ゆっくり一緒に食おうぜ。な?」

「じゃ、じゃあ、明日とかどうでしょう?」

「へっ、明日は土曜日だけど?」

「はい。ですからその、学校の外で会いたいな、と思ったんです」

「…………」

「実はわたし、こっそり相談したい件があって。アカネ先輩にもいずれ言う予定なんですが、今はまだちょっと勇気が出ないので、まずは足立くんに聞いて欲しいんです。……迷惑でしょうか?」

 すがるような目。

 胸の前で合わせた両手。

 こうして至近距離へ近寄られると、俺の方がちょっと身長が高いので、セーラー服の隙間から服の中が覗き見える。

 いつまでもずっと見ていたい光景だ。

「わ、わかったよ」

 というわけで、俺は急な誘いを受けて、ユリナと外で会うことになった。

 ちょっと、コレ、大丈夫か?

 俺まさか、明日死んだりしないよな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます