第3話

 ゲーセンを出るともう既に外は暗くなっており、時計を見ると20時を過ぎていた。

 「仕方ない…。帰るか」

 リョウはひとつため息を吐いて歩き出した。

 「今日の晩飯は何にしようかな…」

 そんなことを呟きながら少し歩くと、リョウのすぐ左の道路を向こう側から走ってきた黒いワゴンが、急にバランスを崩し、すれ違って行った。

 「え?」

 リョウは反射的に振り返る。

 ワゴンは片側二車線の道路を猛スピードで蛇行しながら前の車に追突し、さっきまでいたゲーセンの入り口に突っ込んだ。

 激しくガラスが割れ、激しい音が耳に響く。女性が悲鳴を上げる。

 「…マジ?」

 リョウも走ってその現場に向かった。歩き出してすぐだったので、その惨状はすぐ目の前に広がり、リョウは息を呑んだ。

 ワゴンからは炎が上がり、通行人が何人か車に轢かれ倒れていた。

 リョウの手は震えていた。これほど凄惨な場面を生で見たことがなかったからだ。

 サラリーマンの男性が倒れた男子高校生に声をかけている。

 ケータイで何かを話している女性。

 その場で座り込む女子高生。

 車の運転席を開けようとする大柄な男。

 写真を撮りだした学生もいる。

 リョウはただ見ているだけで、あ然としていた。

 するとワゴンの後部座席のドアが開き、白い脚が伸びた。

 「大丈夫ですか!?」

 現場を取り囲んでいた男子学生の一人が駆け寄った。学生は車の中に身体を入れる。すると、何かを引っ張りあげた。

 学生が握っていたのは白く綺麗な腕だった。その腕に続いて黒いライダースーツのような服を着た、髪の長い女が車から出て来た。

 女は少しバランスを崩して学生にもたれかかる。学生と比較すると身長は女性にしては高い方だとわかった。学生は少し躊躇し、女の身体を抱き上げようとしたその瞬間、学生の身体が痙攣し、膝から崩れ落ちる。女は一人で立ち、咄嗟に学生が頭から倒れないように支えた。そしてゆっくりと寝かせる。

 「…止まらない…」

 女はそう独り言を言った。

 人が倒れ、炎が上がり、壊れた車、黒衣の女。まるで地獄に魔女が舞い降りたかのような不気味な光景に、リョウは恐怖を覚えた。

 中年の女性が女に近寄って声をかける。

 「大丈夫?怪我はない?」

 女性はハンカチで顔を拭いてあげようとした。女は遠慮するように女性の手を避けるが、女性は無理矢理女の手を取る。その瞬間に、女性も痙攣、糸の切れた人形のようにその場に倒れた。

 女は唖然として、女性に触れようとしたが手を引っ込める。

 「ごめんなさい…」

 また独り言を小さく言った。

 女はリョウの方を向いて歩き出した。ツカツカとこちらに向かってくる。顔を見ると、まだ少女だということが分かったが、誰もが美しいと言うだろう。そして、会ったことはないが貴族のような品があった。その脚はよく見ると裸足だ。

 「だ、大丈夫?」

 リョウは、すれ違おうとした瞬間に、少女の肩を掴んだ。

 「…私に構うなっ!」

 少女は声を荒げ、乱暴にそれを振りほどく。

 「…」

 少女は何故か驚愕した表情でこちらを見る。

 「…大丈夫…ですか?」

 リョウは恐る恐る聞く。

 「私に、近づくな」

 少女はそう言い置くと、そのまま歩いて行った。すれ違う時に少女の長い髪が、リョウの頬をくすぐって行った。

 リョウはしばらくその後ろ姿を見つめる…。

 少女の姿が段々と小さくなっていくのを見ながら、リョウは何かが引っかかった。

 「放っておけるわけないだろって…!」

 リョウは走り出した。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る