ネクラ勇者は仲間が欲しい/羽根川牧人

作者 ファンタジア文庫

84

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

主人公も三人(セラを入れれば四人)のヒロインも個性的で、誰が誰だか混乱することなく物語にのめり込めたわ。一人ずつ小分けにしてキャラ紹介してたのが要因ね。当たり前といえば当たり前だけど、これができてない作品があるから困るのよ。所々にギャグを散りばめたのも高評価。シリアス方面に舵を切らなかったおかげで安心して読めたわ。

★★★ Excellent!!!

勇者は、決して性格、容姿、行動すべてが完璧なんて誰が決めた!

むしろ僕らみたいな勇者だっているかもしれない、だからこそ親近感が湧き、それでながら、自分の信念を真っすぐ持っているからこそ、カッコよく見えるんじゃないかなあ、って思います。

しかし、ミーチカ可愛い。とても可愛い。ミーちゃん可愛い。

★★★ Excellent!!!

公式作品の中でも有数の面白さです。
勘違いものなのですが、勘違いしているのが主人公だく、登場人物同士のすれ違いが面白いです。
公式作品で面白いのに評価がなかなかされていないのを見ると、始まったばかりのサイトで、面白い作品でも読んでもらえにくいサイトであることを感じます。

★★★ Excellent!!!

ネクラでコミュニケーション能力が低く、その上妄想をしてはそれが口から漏れる残念な勇者。
でもきっと『何か』がある、そういう期待に見事応えてくれた一作です。上記の欠点があるからこそ、研鑽されたものがある。それを体現した2話後半の王道な展開にワクワクしました。
これから彼が紡ぐであろう物語に期待しています。

そしてヒロインになるであろう魔道士と女僧侶も、定番ながら一癖あるキャラクターで、主人公を含めた三人の掛け合いが楽しいです。
見た目通りの頭の足りなさが散見されるロリエルフ。外見こそ悩殺的だけど信仰してる神様共々(BL的な意味で)腐っている女僧侶。2話時点ではパーティーになっていませんし今後もどうなるかはわかりませんが、いい意味で主人公と一緒に馬鹿な事をしつつ英雄譚を築いてもらいたい所です。