竜歴852年12月 リン二度目の10歳 クリスマス/Christmas

「メリークリスマス!」

「わぁっ」


 祝いの声と共に出てきた真っ白なケーキに、十歳の姿をしたリンは瞳を輝かせた。

 生クリームで飾られたスポンジケーキの上に、ちょこんと乗ったイチゴ。長年の研究の末、ようやく作り出したショートケーキだ。


「これが、ケーキ……」


 ニーナとユウカも目を皿のようにして見つめている。

 存在自体は前々から知っていたらしい。


「いえ、食べてみるまではわからないわ」


 ケーキを切り分け銘々に配り終えると、ニーナは神妙な表情でフォークを手にした。


「いただきます」


 慎重にケーキを切り崩し、口に含む。途端、ニーナの表情が幸せに蕩けた。


「あっまーい!」

「おいしー!」


 ユウカとリンにも大好評である。うん。我ながら、素晴らしい出来だ。遠い前世の記憶にある市販品に比べても遜色のない……むしろ勝るほどの美味しさだ。


「まさか、ケーキが実在してたなんてね……」


 はぁ、と満足げな息をついて、ニーナが呟く。


「そういえばなんで皆ケーキを知ってたの?」

「あんたが話したんじゃないの」


 素朴な疑問を口にすると、ぎろりと睨まれた。


「あんた、酒を飲むと妙なことばっかり口にするのよ」


 うっ……酔っ払った時にそんな事を話してたのか。


「まさかチョコとか言うのも実在するんじゃないでしょうね」

「そのうち作りたいとは思ってるよ」

「もしかしてプリンも?」

「それはもう作れそうだなあ」

「じゃあ、サンタも!?」


 リンの質問に、私は答えに詰まる。

 下手にいると言ったら、精霊として実在してしまいかねない。


「目の前にいるじゃない」


 だから当たり前のように言うユウカに、私はびっくりした。


「せんせー、サンタなの?」

「そうだよ」


 ユウカは真顔で頷く。


「一年の始まりに生まれて、靴下に白いお菓子を入れてくれて、桜の花が好きで、お魚を空に泳がせ、雨の日が嫌いで、海遊びを考え、いつも空から見守ってくれて、月を愛で、人を寒さから守り、子供の成長を喜ぶ、真っ赤な姿のおじいさん。サンタさんでしょ」


 それは断じて私の知ってるサンタクロースじゃない。


 けれど……それはきっと、ヒイロ村の人たちが想像し作り上げた、サンタ像なんだろう。


「じゃあプレゼントも?」

「勿論、用意してあるさ」


 私は微笑みながら、三つ箱を取り出す。

 こんな準備までしてたんだから、言い訳しようもない。




 春が過ぎ、夏を超え、秋を経て、冬を迎え……

 そしてまた、春は来る。


 来年もまた、幸多からんことを。


 私はそう、願った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます