竜歴233年5月 ニーナ339歳 こどもの日/Children's Day

「何作ってるの、それ」

「魚だよ」

「いや、それは見ればわかるけど」


 大角鹿の皮をなめし、縫い合わせる私を見下ろして、ニーナは眉を寄せる。


「その魚を棒にくくりつけてるのは、何の魔法なの?」


 真剣な表情をして問う彼女に、私は吹き出しそうになった。


「そうだなぁ……子供を元気にする魔法かな」


 適当に答えながら、私は針を進めていく。


「ふぅん……」


 気のない相槌を打ちながら、ニーナは既に仕上がった布を捲りあげる。


「雑ねぇ」

「ニーナみたいに上手くはいかないよ」


 多分、ニーナが作ればもっとずっと上手に、しかも早く出来上がるんだろう。

 けれど私は彼女に助けを求めることはしなかったし、ニーナも手伝おうとは言い出さなかった。


 ただ色々と文句をつけながらも、私にアドバイスめいた言葉を投げつけてくるだけだ。


「……よし、出来た」


 最後に棒の先に吹き流し……長く伸びた紐状の布を取り付けて、完成。


「結局それは何なわけ?」

「鯉のぼり、だよ」


 訝しげに問うニーナに、私は笑みを浮かべてそう答えた。


 * * *


「風よ!」


 風を操る魔法は、私が唯一得意なものと言っても良いかも知れない。

 火はあまりに威力が強すぎて上手く制御できないし、水は相性が悪いのか一滴も出すことが出来ない。

 けれど風だけは、ほとんど思いのままに吹かせることが出来た。


 私の起こした風に校舎の屋根に取り付けた鯉のぼりが棚引き、宙を舞う。

 その光景に、子どもたちが歓声を上げた。


 鯉のぼりは男の子の出世と成長を願い、鯉の滝登りにあやかって作られた年中行事だ。

 うちの学校はどちらかというと女の子の方が多いけれど、まあその辺は異世界ということで大目に見てもらおう。


 ……まあどっちにしろ、いくら魔法が実在する世界だからといって、こんなものに効果はないだろうけれど。子どもたちが喜んでいるようだから、それでいい。


「先生、すごいね、あの蛇!」

「……一応、魚なんだけどね」


 子供の素直な感想に、私は苦笑する。とは言え私の作りも下手だし、寸胴の布の塊が蛇に見えてしまうのは仕方ない。


 そういえば、ニーナはよくあれが魚だってわかったな。


 気になって視線を向けると、ニーナは私を見て微笑んでいた。その微笑みは、私の視線に気付くとすぐに引っ込んで真顔に戻る。


「何?」

「別に」


 ニーナはにべもなく答え、鯉のぼりを見上げて言った。


「元気にする魔法、よく効くみたいね」


 ……私が子供扱いされてると気づいたのは、ずっと後のことだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます