掌編集「ひとめぐり/Circulation」

竜歴11年1月 アイ10歳 正月/New Year's Day

「ニナ、アイ。あけましておめでとう!」

「……なにそれ?」

「け、まして……おめで……と? です」


 年始の挨拶をする私をニナは不審そうな目で見据え、アイは覚えた始めたばかりの日本語で辿々しく答えてくれた。


「一年、っていうのはわかるだろ?」

「花が咲いて、葉が茂って、赤くなって、枯れ落ちて。また花が咲いたら、一年でしょ?」


 エルフらしいニナの例えに、私は頷く。


「うん。その一巡りの、最初の日が今日。一月一日、お正月っていうんだよ。そしてお正月の朝には、無事新しい一年を迎えられたことをお祝いして、あけましておめでとうと挨拶するんだ」

「ふーん……よくわかんないけど、じゃあ、アケマシテオメデトウ」


 あまり興味なさそうに聞きながらも、ニナは私の言葉を繰り返す。


「でもそれって何の意味があるの?」


 ニナの言葉に、私は返答に詰まった。暦というのは元々、農業を営むために発展してきたものだ。一年が何日なのか分かればあと何日で春が来るのかわかり、種をまくべき時期、作物を収穫するべき時期がわかる。


 けれど狩猟採集に頼る原始的な生活をする今では、あまり意味がない。せいぜい冬が近づいてきたら食料を備蓄しておくくらいだろうが、この辺りは気候も温暖で一年を通して食料は豊富に取れるから、そんな必要性もあまりなかった。


「ええと……そうだな……例えば私がニナに初めて出会ったのは、二月七日だから……今から一ヶ月と六日後。一月は三十四日あるから、あとちょうど四十日経ったら、出会って丸一年経ったってことがわかるね」


 苦し紛れにそんな説明をする。とはいえ、そんなことがわかったって……


「わ、わたしはっ!?」


 と思ったら、アイがものすごい勢いで食いついてきた。


「わたし、は、なんがち、ですか!?」

「なんがつ、ね。ええと……アイと会ったのは……」


 私は彼女と出会ってからの月日を指折り数え、頭の中で計算した。

 カレンダーもないから日付は普段意識しないが、竜の優れた記憶力なら簡単に算出できる。


「七月の終わり。七月三十四日だよ」

「なながち……さんじゅう、よ」


 アイはまるで宝物でも受け取ったかのように、嬉しそうに呟く。

 月が上手く言えないのも微笑ましい。


「じゃあ今日は誰と会った日なの?」


 ニナの鋭い指摘に、私はうっと呻く。

 一年という区切りを感じるために、私が適当に設定した日だ。

 とは言えまったくの無作為というわけでもなく、それは、つまり――


「この世界と、だよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます