day11:五月の蠅

2/13

彼女と別れるまで後47日


十一日目



バレンタイン前日。


朝起きて、仕事場に停めっぱなしだった車に、今の事務所を借りて三年経つのだが、三年目で初めて目にするものがあった。


駐禁切符の張り紙。


ああ、今、最悪な星周りにいるんだな。



予感はあった。

確かに、流れは悪い方向に物事は進んだ。


今日、彼女と会うことはできなかった。


夕方、一方的に、明日の予定だけが送られてきた。


ガッカリだった。

でも嬉しかった。


複雑なまま、心が壊れていくのがわかった。



今、この隣にいる子を抱きしめれたら、どんなに楽だろう。

可愛くないこの子。

夜帰り際、雨が止まないので車で家まで送った。

去り際、同情する先輩女子スタッフには「バイバイ」と言いドアを閉めた。

「やっぱり可愛くないな」と思った瞬間、運転席側を覗き込み、こちらに向かって手を振る。

その瞬間、「ああ、この子でもいいか・・・」と沁みてしまう。


逃げたくなる。


それくらい色々なものが怖い。



ちょっと似ている、この感覚。


君にあげた僕の言葉たちよ

成仏せよ

その体に解き放った愛しの僕の精液よ

お願いよ、取り返したいよ

かわいそう、かわいそうで泣きそう



あの頃ほど負に満ち溢れていないけれど、ちょっと似ている。


前の人に全く希望が見えなくなった時、ずっと考えていた。



こっちから別れるのは嫌だった。

だから、何かアクシデントでひょっこり死んでくれないかな、と真剣に思っていた。


そうすれば、目の前の幸せをつかむことに集中できる。



そして、その思いは実際の事故を引き起こした。


以前の自殺未遂を上回る決定的な事故である。


ある秋の昼下がり。


ケータイが鳴る。

発信元は近所の警察署から。


仕事柄、警察と調整することもあるので、何か書類や申請のトラブルなのか、とうんざりした気持ちで電話に出る。


しかし、結果はうんざりを超えるものだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます