day7:落堕

2/9

彼女と別れるまで後51日


七日目



自然と彼女を想う時がある。


彼女が好きなもの、喜びそうなものを見たり、喜びそうなシチュエーションの話をしている時、自然と顔が浮かぶ。


だから今、彼女が好きなもの全てが悲しい。


もしかしたら、一生ディズニーに行けないかもしれない。



昨日の話の続き。


あの秋まで、私には付き合っている人がいた。

歳は5つ上。


不思議な人だった。

心が弱い人だった。

嫌いなところがたくさんある人だった。


付き合って5年目のある日、その人は、私の目の前で死のうとした。


その数カ月前、その人のお腹の中には、命が宿っていたらしい。

その小さな命は、私の知らない間に天に帰っていっていた。


・・・らしい。


望んだというよりも、諦めの境地から取った軽率な行動だった。

心を病んでいたその人は、心も体も体調を崩しており、子を宿すための健全な状態ではとてもなかった。

私は、その不健全な人が嫌でしょうがなかった。

だから、その人が変わるキッカケがどこかないか、追い込まれた末に取った行動だった。


その人は深く傷つき、日に日に塞ぎ込んでいった。


そして、私も、日に日にその人が煩わしくなっていた。


ある夜、口論から、その人は薬を大量に服薬し、意識が混濁した状態で倒れた。


不思議と悲しくなかった。


心で思ったのはただひとつ。


「もう要らない、これ」


人間嫌いの振りして

本当に嫌いだったりして


今考えても、恐ろしい思考である。

でも覚えている。

そう思った。


このまま目の前でその人が死んでも、別にどうでもいいや、と真剣に思った。


心が壊れちゃったのか

それともそんな人間なのか、そもそも



その人は一命を取り止めた。


周りは必要以上に心配した。


でも、私にはもう関係なかった。

「どのタイミングで、捨てようかな」

それだけを考えていた時に、彼女は初めて男性と付き合う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます