第034話「バケツの中の恋愛脳」

金曜日、


本文:「嫌われたみたい、」


とうとう僕は、悩んだ末に「戸塚さん」にメールする、


ナンだか月曜に行き違いが有ってからずっと、僕は「平塚さん」に避けられ続けていた、

ナンだかよく分からない些細な事で、此の侭仲が悪くなってしまうのは、…厭だ、



差出人:「戸塚マドカ」

Re:「一週間か、結構重症だな、しょうがないな、私がリョウコと話してみようか?」


Re Re:「お願い出来る?」


Re Re Re:「して、何か見返りは有るのカナ、」


Re Re Re Re:「今度ケーキか何か奢るよ、」


Re Re Re Re Re:「We got a Deal!

じゃ、明日の土曜日デートな、時間と場所は後で連絡する、その時までにリョウコに話聞いといたげる、」







土曜日

鎌倉、雪ノ下、鶴岡八幡から遠く無いお洒落なケーキ屋さん、

「戸塚さん」はイト幸せそうにサヴァランを頬張りながら、…



マドカ:「要するに恥ずかしいんだって、」

シオン:「なんで?」


マドカ:「あんたが最近「肉欲丸出しの視線」でリョウコを追っかけ回してるから、」

シオン:「してないよ! 大体、肉欲って何だよ、」


マドカ:「草食系人畜無害属性だけが唯一あんたの取り柄だったのに、…なんか有ったの? 一つ屋根の下で同棲して急に女として意識しちゃったとか?」


シオン:「そうじゃないけど、…」


人工知能開発の事は口外できない訳で、…



マドカ:「ふーん、…シオンってさ、好きな子いるの、あ、藤沢さんと私は除いて、」

シオン:「戸塚さんも平塚さんも、友達としては好きだけど、恋人の好きとは、ちょっと違うかな、」


マドカ:「そんな事は聞いてない、」

シオン:「二人以外にプライベートな事を話したりする女の友達は居ないよ、」


あ、「アリア」が居たか、…



マドカ:「嘘だね、アンタ最近、部長秘書達と仲良くしてるだろ、知ってんぞ、」

シオン:「あれは、向こうから勝手に、…」


マドカ:「ほら出た、僕には責任有りません発言、結婚したら苦労しそう、…」


何で、こんなに責められる訳? 全部僕が悪いの??



マドカ:「じゃあさ、これ迄に誰かを好きになった事有る?」

シオン:「何でそんなこと聞くの?」


マドカ:「良いから言って味噌、」

シオン:「別に無いよ、」


マドカ:「告白された事とか?誘われた事とか?シオンならあるでしょう?」


最近も「痴女」に誕生会に来いと誘われて、…アレ以来僕はLINEを見ていない、



シオン:「あるけど、」

マドカ:「それで誰とも付き合わなかったの?」


僕は、人と付き合うのが苦手だ、と言うか、僕と関わる事で誰かが不幸になる事が怖くて、ずっと人と関わり合いになる事を避けてきた、



シオン:「…無いよ、」

マドカ:「…本当は男の方が好きとか?」


行成り、「戸塚さん」の眼差しが優しくなる、…



シオン:「それは無いよ、絶対、馬鹿じゃないの?」

マドカ:「あんたナギトと異常に仲良いじゃん、…お姉さんには隠さなくっても良いのよ、理解者だし、」


シオン:「僕の方が戸塚さんより年上だし、」

マドカ:「見た目も中身もお子ちゃまだけどねー、…」


マドカ:「要するにシオンは、恋する乙女心が理解できてないって事だよ、」

シオン:「どういう事さ?」


それで、「戸塚さん」、深い溜息一つ、…



マドカ:「分ったわ、もう一個言う事聞いてくれたら、私が何とかして上げる、」

シオン:「ナントカって?」


マドカ:「女同士の方が話し易い事もあるのよ、」

シオン:「そう、かな、…助かるかも、」


シオン:「それで、もう一個言う事聞くって、…ナニすれば良いの?」


それで「戸塚さん」、すっと席を立って、何故だか僕の隣に、…座り直す、

それで、ピッタリと身体を寄せて来て、…耳元で、



マドカ:「私と付き合って、」

シオン:「ええっっ?」


ミントの吐息が、僕の頬を、…撫でる、



マドカ:「リョウコの事、恋愛対象としては考えてないんでしょう?」

マドカ:「今、シオンは、好きな人居ないのよね、」


そうかな、そうだったっけ、…



シオン:「そうだけど、…でも、どうして?」

マドカ:「本当は気付いてたでしょ、私がシオンの事、…好きな事、」


シオン:「嘘だぁ、だって、戸塚さん「部長以上でないと駄目」とか言ってたじゃない、」

マドカ:「結婚と恋愛は、別よ、」


マドカ:「私だって、時々は切なくなったり、慰めて欲しくなる時あるもん、」


「戸塚さん」の華奢な掌が、僕の胸に、触れる、、…



シオン:「そうなの、そうなんだ、…」


「戸塚さん」のボリューミーな胸の膨らみが、容赦なく僕に、…当たってる、



マドカ:「あのね、私の家、此のすぐ近くなの、…今日は親も出掛けていて居ないわ、」

シオン:「へえ、…大変だねぇ、」


マドカ:「二人きりで、…もっと、お互いの事を、知り合いたい、」


それって、…?



マドカ:「シオンの事全部、教えて、…欲しいの、」

シオン:「僕、(経験ないし)、…そんな事急に言われても、…」


で、「戸塚さん」すっと元の席へもどる、



マドカ:「分った?」 

マドカ:「リョウコが「お花畑」の中でどんな妄想してるか知らないけど、大体そんな感じよ、」


僕は、真っ赤になった侭、…動悸が納まらない、



シオン:「嘘つき、」

マドカ:「何が?」


シオン:「平塚さんは戸塚さんみたいなエロじゃないし、」

マドカ:「女なんて中身は大体一緒に決まってるじゃない、」


シオン:「絶対戸塚さんが変なんだよ、」

マドカ:「やあね、折角分り易く教えて上げたのに、」


まだ、動悸が納まらない、…



マドカ:「リョウコはアンタの事が好きなのよ、意識してんの、それなのに肉欲丸出しで追っかけまわすから、恥ずかしがってんのよ、」


シオン:「肉欲って何だよ、…」

マドカ:「それで、どうすんの?」


シオン:「どうするって?」

マドカ:「リョウコと付き合うかどうかって聞いてんのよ、」


「戸塚さん」、自分で言ってて、顔が赤くなってる、



シオン:「無理だよ、この僕に出来ると思う?」

マドカ:「まあ、無理だよね、…」


その溜息は、一体何の溜息??



マドカ:「それなら、何であんな風に追っかけまわしてんの?」

シオン:「そんなつもりは無いんだけどなぁ、」


特命プロジェクトの件で、ついつい舞い上がっていたのは、…否めない、



マドカ:「いい? 女は追っかけてくるモノからは逃げる様に出来てんのよ、…ちょっと暫く距離取ってミ、そしたら落ち着くから、」


シオン:「戸塚さんは追っかけられんの好きじゃん、」

マドカ:「全然!…ちやほやされんのは好きだけど近づき過ぎてくんのは嫌よ、鬱陶しい!」


僕は「戸塚さん」を睨みつけて、…



シオン:「何時か、絶対やり返すから、」

マドカ:「良いわよ、返り討ちにして上げる、」


「 戸塚さん」は、長い睫毛の綺麗な目を細めながら、楽しそうに僕を見詰める、

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます