四礼 VS黒衣の騎士


――レンドゥルは黙って経緯に耳を傾けていた。



「なるほど、それで私の隠れ家に行き着いたと」


 想像と差異はないという様子で、彼は頷いてみせた。


 調査の段階で私達に出来ることは何もなかった。

 スタークス率いる『猫の手』が、見事にその正体と所在を特定してくれたのだ。


「ええ、優秀な連中でして。


 他に聴きたいことはありますか、黒騎士レンドゥル?」



――黒騎士レンドゥル。

 イリーナはとうとう彼をそう名指しした。


 正体を暴かれたレンドゥルはぼんやりと虚空を眺めたかと思えば。

 ニヤニヤと笑みを浮かべたりと心境が掴めない。


「ふははっ。いや、何だか気分が良くなって来ました。

 先程まではこれ以上なく不快だったのに。


 しかし、どういう風の吹き回しですかな。私の始末は他人に委ねたのでしょう?」


 当初の予定では、こうして黒騎士と対峙しているのは。

 インガ族の大戦士・マハルトーであるはずだった。


 しかし、方針は変更され。私達が直接出向くことにした。



 イリーナが質問に答える。


「自分にできないことを、専門家に依頼するのに疑問は持たなかったのですが。

 やりたくないという理由で押し付けるのは、ちょっと気が引けたもんで」


 そうした方が確実であったろうことは承知の上で。


 結局、イリーナはすべての決着を部外者に委ねることを良しとはしなかった。



「……出来ないことではないと?」


 引っかかるといった様子でレンドゥルが訊ねると、イリーナは意地悪く返答する。


「一度やったことなんで」


 手紙に添えた『右脚の調子はいかがですか?』という文言。


 それは、フォメルス討伐の際。

 立ち塞がったレンドゥルにイリーナが負わせた一撃を意図している。


 それにより彼は戦線を脱落し、全てを失うきっかけとなった。


 彼の人生を狂わせた一撃だ。



 その一言が逆鱗に触れたのか。

 レンドゥルは立ち上がり、私達は身構える。


「ぬおああっ!!」


 憤怒の勢いで彼は自らが座っていた椅子を掴みあげ、誰もいない後方に向かって放り投げた。


 壁に叩きつけられた衝撃で椅子は分解し、飛び散った。

 あれがこちらに向かって放られていれば、大怪我を免れなかったろう。


 怒り狂ったかと思えば、「ふふはっ」とレンドゥルは笑った。



「何が嬉しいかって、あなた方があのまま雲隠れをせずにこうやって姿を表してくれたことです。


 死んだと思い込んだ裏で、健在でいられたりしたら堪ったものではない」


 そう言って、ガンガンと床を踏み鳴らす。



「レンドゥル元騎士長。私たちは和解にきたのです」


 私が趣旨を告げると、老人は踏み鳴らしていた足を止め。

「和解ぃぃ?」と苦い表情を見せる。


「こちらの要求は、これ以上、我が周囲に危害を加えないでくれという一点です」


 それが如何に愚かな提案かは、私だって理解している。


 レンドゥルは一息ついて直立になると。

 側近が王を嗜めるように、清廉とした佇まいで言った。



「ティアン元女王陛下、それは聞けません。


 僭越ながら我が使命こそは、あなた方が不幸な結末を迎える様を見届けることなのです。

 それ以外はもはやどうでもいい。興味が無いのですよ。


 私が報われなくても良い。地位も、名声も、愛に溢れた生活もいりません。

 ただ、あなた方を不幸の底に叩き込みたい。それだけが切実な願いなのです」



 ただ、他人を不幸にしたいが為だけの人生。

 なんて不毛なのだろう。


 しかし、レンドゥルは真摯な面持ちで主張を続ける。


「公開処刑の報せを受けた時。私は、目的が果たされたのだと納得しようとしました。


 しかし、心は充たされず。怨念が私を苛み。

 気が狂わんばかりの日々を過ごしてきました。


 実感を得られなかったのには、現場にいなかったせいというのもありますが。

 どこかであなた方の死を疑っていたのでしょう。


 案の定、あなた方は姑息にも生き延びていた。


 私は感謝します。


 ありがとう。これでやりなおせる。この手でちゃんと、決着をつけられる。

 ありがとう。ありがとう。心から感謝しますとも」


 レンドゥルは感謝の言葉を連呼する。

 嬉しくは無い。ただ、彼の本気が伝わるのみだ。



「交渉は決裂だね……」


 活き活きとしだしたレンドゥルに。

 イリーナはうんざりとした様子で和解を断念した。


 和解に同意が得られなかったということは。

 戦争の開始だということ。



 レンドゥルは熱に浮かされて愛を語るように。

 それでいて、子供を寝かし付ける母親のような優しい声色で語る。


「そうだ、お二人を拘束して連れ帰ることにしましょう。

 そうすれば、最適な結末を心ゆくまで求めることが可能になります。


 どうすれば、もっとも不幸か。

 最高のバッドエンドか。


 共に追求していきましょう。

 ああ、素晴らしい。私はさながら人生の命題に出会った研究者のようです。


 なんてことだ。あなた方だけです。

 あなた方の存在だけが私の執着の全て!」


 盛り上がるレンドゥルにイリーナが訊ねる。


「生きたままの二人を担いで、隠れ家まで連れ去ることが可能とでも?」


 ここで殺すのならばともかく、二人を担いで移動するには彼は老いている。


 しかし、レンドゥルは問題ないと頷く。



「そろそろ、時間差で出発した私兵三十が、この店を包囲する頃です。


 人手には事欠かない。


 約束を違えて申し訳ない。

 罠だと確信していたものですから、過剰な戦力を投入してしまった。


 ほら、悠長に長話などしているから。もはや逃げ場はありませんな」


 上機嫌で勝利を宣言した。


 しかしイリーナは「そうですか」と呑気に相槌を打つと、忠告で返す。



「ところで最近は、この辺をインガ族の戦士達がうろついているそうですね。


 彼らは武装した集団が大好物なので。

 三十人程度ならば軽く平らげてしまっていることでしょう」


 当然、それは偶然などではない。こちらで手配したものだ。

 ただノコノコと姿を晒した訳ではない。


 レンドゥル以外はたどり着けないようになっている。


「約束の反故を気に病むことはありません。

 お察しの通り、これは罠だったのですから」


 やり返してやった。と、イリーナが調子に乗ったところに。

 レンドゥルのサーベルが襲い掛かる。



「危ないっ!?」私は叫んだ。


 斬撃はイリーナの顔面を中央から左にかけて頬をザックリと削り飛ばした。

 間に机が無かったら、頭部が無くなっていたかもしれない。


「痛ってぇ!? 全然見えてなかった!!」


 イリーナは後方に倒れ込んで、距離を取る。


 レンドゥルがサーベルを構えた。

 途端に手足のぎこちなさが解け、背筋が美しく伸びる。


 剣を持てばいつでも現役の姿を取り戻せる。

 それだけの修羅場を潜ってきたと主張する様だ。


「では仕方がない。貴様の手駒が救援に訪れるまで如何程か。

 できる限りの憂さ晴らしをさせて貰おう。


 五分か、十分か。三分もあれば全身の皮を綺麗に剥いで中身を抜き取ってやれるぞ」


 その威容は黒騎士のそれだった。



「切り替えはぇーっ!?」


 言ってイリーナは立ち上がる。


 レンドゥルは机に乗り上げ、駆け下り。イリーナに斬り掛る。

 彼女は下がって距離を取るが、鋭い踏み込みの突きが追い縋る。


「どうした! 決闘を所望ではないのか!」


 挑発するレンドゥル。


 イリーナは剣を抜かない。

 ただ身構えて、敵の出方を待ち構えている。


 剣を抜く動作に介入して、致命の一撃を加えることなど。

 黒騎士レンドゥルには容易いだろう。


 抜剣するにも、もっと距離をとる必要がある。



「いつまで逃げ切れるかな!!」


 イリーナを追い詰めようと踏み込んだレンドゥル。

 刹那、その表情が驚きに歪む。


「なんだとっ!?」


 イリーナは下がるどころか前進。

 突き出されたレンドゥルの利き腕を両手でガッチリと絡めとった。


「よっしゃ!」


 相手の回避を想定していたレンドゥルの理合に介入した、素晴らしい読みだ。


 剣を抜けば剣身分、間合いが広がる。

 その一歩分があれば、レンドゥルはイリーナの突進にも対応出来たかもしれない。


 あえて素手でいることで、半減した間合いを詰め。

 イリーナは敵の利き腕を封じることに成功したのだ。


 その攻防の意味を私が理解出来ているのは。

 事前に打ち合わせておいたとおりの展開だからだ。



「剣を封じたところで!!」


 レンドゥルがそれを振りほどきに掛かる。


 剣をお互いに構えて五分。

 掴み合いになって五分。


 利き腕の固定に失敗すれば、その剣で滅多刺しにされていた。


 一体一において、イリーナの行動はリスクに見合っておらず。

 それが、レンドゥルに付け入る隙を生じさせた。



――しかし、こちらは二人だ。


「今だっ!!」


 イリーナが叫ぶと同時。

 私は水差しを振りかぶり、イリーナと組み合うレンドゥルの頭部に思い切り叩き付けた。


 確かな手ごたえが前腕に伝わる。


「グオオッ!!」


 レンドゥルが衝撃に呻いた。しかし、致命打には至らない。

『爆破魔術』を行使せんと、自由な方の手をこちらへと振りあげる。



 私達にはある考えがあった――。


 黒騎士の持つ爆破魔術には、どんな戦士でも敗北の危険性がある。


 しかし、魔力の枯渇している私に対してそれは無効なのではないかと。

 そう想定した上で挑んでいた。


 残念ながら、そちらの読みは外れてしまう。


――パンッ。と、小気味よい破裂音がして私の頭が弾けた。


 頭部に釘を打ち付けられたような痛みを受け、つんのめって倒れる。



「ティアン!!」イリーナが悲鳴をあげた。


 弾けたのは魔力の欠片。

 魔術発動には不十分な。ほんの僅かな欠片の残留が、破裂したのだ。


 爆破の無効化には失敗だ。


 見込みの甘さは理解していた。

 それでも、私達はその僅かな可能性にすがる他に勝機を見いだせなかった。


 五分の決闘では勝ち目はない。

 イリーナの実力だけではレンドゥルに太刀打ちできない。


 

「残念だったな」


 レンドゥルはそう言ってイリーナの顔面を拳で殴打した。

 繰り返し、繰り返し、殴打する。


「痛い? 痛いかね? どうだ、痛いだろう?」


 この距離で手を離せば、それは死を意味する。


 イリーナは必死に腕にしがみつくが、次第に拘束は緩む。

 ついにレンドゥルは利き腕を引き抜くと、サーベルで二度イリーナを突いた。


 イリーナは両腕を犠牲にして急所を庇う。

 二撃ともが彼女の腕を貫通する。


「くああああッ!!」イリーナが痛みに呻く。


 辛うじて命を取り留めるが。

 下がろうとするイリーナに向けて『爆破魔術』を放たれた。


 炸裂音。


 イリーナの頭部が血を撒き散らし、身体は前のめりに崩れ落ちた。


 レンドゥルは油断なく。

 床に倒れ伏したイリーナにサーベルの切っ先を向け、その場で臨戦態勢を維持する。



――――静寂。


 乱闘の後、立っているのはたった一人。

 勝利を確信し、レンドゥルは切っ先をイリーナから外して笑う。


「ハハハハハハッ!! どうだね、楽しんでくれているかね!!

 私は楽しいッ!! こんなにも充実したことは永らく無かった!!


 ああ、今日はなんてすばらしいッ!」


 奇跡よ起これ。この願い天に届けと。

 レンドゥルが天を仰いで絶叫する。


「ああッ!! この時が、永遠に続くならばっ!!

 終わらない物語のように、ずっとずっと、お前達をいたぶり続けていられたならばッ!!


 私はどんなに幸福だろう!!


 この胸の高鳴りはどうだ!! これは青春だ!! 私は青春を取り戻しているぞ!!」


 胸に置いた手を空へと突き上げる。



「生理的に無理ッ!!」


 そう言ったのはイリーナ。

 何事もなかったかのように。スクと立ってレンドゥルの腹部を剣で貫いた。

 


「ヌゥオオオッ!!!」と、断末魔をあげ。同時にイリーナへと反撃を加える。


 イリーナは深追いせずに剣を引き抜くと、即座にレンドゥルの反撃から逃れた。


「なんッ……!! なんだなんだなんだ、何が起きたッ!?」


 油断を突かれたレンドゥルは驚きのあまり転倒。

 慌てて転がり、距離をとると膝を着いて臨戦態勢を維持する。


 爆破の威力が足りなかったのか、そんな表情でイリーナを見上げている。



「おじいちゃんが青春を感じるのは勝手だけど、だしに使われるのはゴメンだよ」


 そう言って、剣を構える彼女は健在だ。

 威力が足りていないどころかまったくの無傷なのだ。


 貫通されていた腕の傷も見当たらない。


 レンドゥルは呟く。「治癒魔術……か?」



 狙いであった爆破魔術の無効化には失敗した。

 しかしもう一つ、私達には期待していたことがある。


 そちらが本命、『魔力循環の回復』だ。


 体内魔力に直接干渉する術を受けた時。

 私の魔力循環にどのような影響が出るだろうか。


 それこそが黒騎士と相対した本当の目的だった。



 結果、爆破魔術を受けた私の身体は、凄まじい勢いで魔力の吸収を開始していた。


 血流を妨げていた血栓を取り除いたかのように。

 魔力の循環を妨げていた魔力の欠片。それが破裂、消滅したことで循環が再開。


 脱水症状に水を与えたかのように、急速に魔力を吸収し始めた。


 湧き上がるエネルギーに襟足がくすぐったいほどだ。



「ちょちょっ、ティアン?! 敵の傷も癒えてるみたいなんだけどっ!!」


 イリーナが非難の声をあげる。

 貫いたはずのレンドゥルの胴体の傷が塞がっているのだ。


「ごめんなさい! 魔力が過剰に流れ込んできて、調整が出来ないのよ!」


 そんなやりとりも、目的の達成にどこか嬉々とした響きを含んでいる。



――私の魔術が意図せず強化されている。


 そもそも、イリーナの傷を触れずに癒したことにも驚いたが。

 私の治癒術が一帯にまで及んでいる。


 二年前に彼女を死の淵から救った時。

 私は身の丈に合わない『再生魔術』を行使した。


 その時に無理やりこじ開けた結果、私の魔力ポテンシャルは大きく広がっていたのだ。


 その塩梅が把握出来ていない為、魔術の暴走を引き起こしていた。



「伊達に長らく絶食してなかったってことか……。

 凄いな。範囲内の怪我はみんな治っちゃうんじゃないか?」


 えぐり取られていた顔面の血をグイと拭って、イリーナは言った。

 傷はきれいに無くなっている。


「やったわイリーナ!」


「やったね、ティアン!」


 計画が結実したことに、私たちは会心の笑みを交わした。





  『ハッピーエンド』▶︎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます