二場 崩落


――私は暗闇の中にいる。


 まず視界がまったく無いことに気づく。

 続いて、この暗闇が夢のなかではなく現実であることを痛みで知った。


 これは、何――?


 上も下も判らない。

 身体はまるで壁に塗り込まれでもした様に微動だにしない。


 未知への恐怖に鼓動がはやくなり、心臓にかかる負荷の痛みに生存を自覚する。


 生きている。それだけは確かだ。

 


 どういう状況なのだろうか。私は感覚を研ぎ澄ます。


 額に押し付けられる硬い感触。

 充満する砂埃が口内をざらつかせ、眼球を痛めつけた。


 どうやら床に押し付けられているのだ。そう判断できた。


 上からはどれ程の重量が掛かっているのか、身じろぎ一つ出来はしない。

 あらゆる感覚が不自由で、果たして五体無事なのかすらも知覚できない。


 四肢が失われているのではとの錯覚に怯えたりする。



 耳鳴りの残響が記憶を呼び起こした――。


 そうか、礼拝堂が爆発で崩落したんだ。


 私は今、礼拝堂の瓦礫の下に埋もれている。そう推察する。

 自分の呼吸音を聞ける程度には落ち着きを取り戻せてきた。



 レイクリブは無事だろうか?



「――!?」


 生暖かい感触が首筋を伝って、心臓が跳ねた。


「……何?」


 上から流れ落ちてきた液体が、私を伝って床へと流れ落ちている。


 雨だとか、漏水だとかでは無い。


 生温い。


 その匂いには覚えがある。



 血液だ――。



 私では無い。頭部や背面にそれに足る痛みは無いからだ。

 そこでようやく思い当たるのだ。


「レイクリブ! レイクリブ!」


 私にのしかかっているものは人間だ。

 崩落物から私を護って緩衝材になったレイクリブだ。


 返事は無い。気を失ってしまっているのか。

 背中越しにようやく微かな呼吸を確認できた。まだ、生きている。


 なのに、恐怖は膨れ上がるばかり。


 私の肌を流れ落ちていく生温い感触が止まらない。

 出血が続いているという感触が止まらない。


 やがて尽きてしまう。その想像を拭えない。


「お願いっ!! 返事をしてください!!」


 返答どころか微塵の反応も無い。



「誰かっ!! 誰かいませんかっ!!」


 私は張り上げられる限りの音を喉の奥からかき集め、絞り出した。

 圧迫された身体は悔しい程に空気を取り込まず。


 音を、生み出してくれない。


 砂を吸い込んで咽ぶ。苦痛に呻く。

 それでも、人を呼び続けた。



 どれくらい叫び続けただろう。悲嘆に暮れる私の耳に、ようやく声が届く――。


「嘘だろ。ここに誰かいるぞ!」


 頭上から男性の声が下りてくる。

 私は居場所を特定させるべく発声した。


「此処です! どなたか存じませんが、どうか助けてください!」


 良かった。人がいてくれた。


 背に感じるレイクリブの息吹は微かだ。でも、まだ間に合う。


 きっと、間に合う。


 しかし、安堵した私の耳に届いたのは想定外の言葉だった。



「――これは、無理だな」


「……えっ?」


 彼は『無理』だと言った。不可能を示すその言葉に私は絶望する。

 しかし、私を慄かせたのはその内容よりもむしろ、その冷淡な口調だった。


「いや、とても持ち上がらないよ。こんなの」


 それは事実なのかもしれない。それでもそれを容認はできない。

 レイクリブの生命は風前の灯なのだ。


「そんな、お願いします。どうか、人が死にそうなんです!」


 声の限りに懇願する。



「だってさ。お前、手伝う?」


 男は連れらしき人物に声をかけた。

 もう一人が「ええ?」と声を上げる。


 少なくとも男性が二人、そこにはいる様子だ。


 大人の男が二人もいるのだ。

 やって出来ないことなど無いのではないだろうか。


 私は返答に期待し、耳をそばだてる。


 助けて。どうか、お願い――――。



「やだよ。汚れるし、手とか切るかもしれないじゃん」


「だよなぁ……。やっぱり、ちょっと無理だわ」


 彼らは、それが可能かどうか試す素振りさえも見せない。

 それが何故なのか、私には解らなかった。


 試しもせずに無理と断じたのだ。


「どうして……!?」


 この間にも、レイクリブの血液が私の表面を流れ落ちていく。

 命がこぼれ落ち、冷たい地面に吸われていく。


「助けを呼べませんか! 近くに兵士達がいるはずなんです!」


 護衛部隊の兵士たちが礼拝堂の周囲を警戒していたはずだ。



「んん? いないよ、そんなの」


 何故、護衛兵達は来ないのだろう。

 爆発に巻き込まれてしまったのだろうか。


「でなければ、他の誰かを……!」


「さっきからアレやれコレやれって、ムカつくなあ!」


「!!?」


 男が不快感も顕わな声を出した。

 私は焦った。このまま立ち去られでもしたら、お終いだ。


「……不適切な言動があったなら謝ります。でも、一刻を争うんです」


「知らないよ。俺達には関係ないだろ」


 私は混乱していた。

 どんなに訴えかけても、彼らには響かない。


「爆音に驚いて見に来ただけだもんな」


「そうだよ、面倒臭いことはゴメンだよ」


「自分でやれって話だよな」


「できねーだろ。ハハハッ」


 何が起きているの?

 彼らは同じ国の人間なの?

 言葉は通じている?


 酸欠からか、あるいは怪我により高熱が出ているのか、意識が朦朧としてきていた。



「もう行こうぜ」


 男が連れに対して退散を促す。


「じゃあ、元気でな。可哀想なお嬢さん」


「待って!! 行かないで、待ってください!!」


 私は必死に呼び止める。


「助けてください!! どうか、助けてください!! お願いします!!」


 どうしたら、一体どうしたならば、助力を得られるだろう。


 身を挺して私を護った。この誇り高い騎士を救うことができるだろう。



「なんだろうな。お嬢さんさぁ、あんまり世の中舐めないほうが良いよ?」


「そうそう。いつでも人が助けてくれると思うなら、とんだ甘ちゃんだよ」


 世の中を舐めている? 私が、私の基準が間違っているのか。

 彼らが、世間の基準だというのだろうか。


 私は周囲の優しい人たちに甘やかされてきただけで、世界はそうじゃない。


 誰も、手を差し伸べてはくれない――。



「……ごめんなさい。私が間違っていたのですね? 大変、失礼をいたしました」


 私は彼らに対して謝罪を述べた。そして、懇願する。


「それでも今度だけ、どうか一度で良いのです。この無力で無知な愚か者に、お力添え頂けないでしょうか。

 どうか、どうかお願いします。助けてください……。お願いですから……ッ!」


 地面に顔をこすりつけて、祈った。

 どうか、神様。私たちをお救いください。


 私の必死の懇願は、立ち去りかけていた男たちの足を引き留めた。


「もしかしてあんた、偉い人だろ? なんか、人に命令して当たり前って態度だもんな」


 命令をしているつもりなど毛頭なかった。


 しかし、願いに従わせようという行為があったのは確かだ。

 それが傲慢だと指摘されているのかもしれない。


「偉い人なら恩を売っておいても良いかもな」


 男はそう言った。


 素性を明かせば、手を貸して貰えるだろうか。それならそうしよう。


「私はティアン。アシュハ国女王です」


 私は素性を打ち明けた。





  『女王と民と』▶︎

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます