第12話 恋愛禁止

「なんで君たちは、同じストラップをしているのかな?」


僕は佐々木ときらりちゃんに問いかけた。


===

みんなの視線が佐々木のケータイに集まる。


「それはあれだよ。こないだのゼミ合宿でみんなで買ったんだ」

佐々木はこともなげにいった。

小学生レベルの言い訳なのでは、と誰もが思っただろう。


「その言い訳は流石に無理があるんじゃないか?」

僕は、そのまま口にして佐々木に聞いた。

その言い訳をそのまま信じるのは難しい。


「ほんとだよねぇ、みんな?」

佐々木はそういって自分の研究室のメンバーに声をかけた。


「「はい!」」

元気のいい返事が周りから聞こえてきた。

この研究室は理系では珍しく、女子からも人気があるので、男女比率半々くらいの割合なので、男子も女子もそう返事をしていた。


そしてみんながそのストラップをつけているケータイを見せてくれた。


「どんだけ仲良し研究室なんだ・・・」

僕は、笑った。理系の・・・特に情報系の研究室は一日中プログラミングするため、研究室にいる時間が長く、だいたい仲がいいけれども、この研究室はその中でも特別だろう。


「すごいですね!」

美少女警官高崎くんもその話を聞いて笑っていた。


「ということは、私と佐鳥先生が同じストラップつけていてもいいってことですね!」

そう満面の笑みで答えていた。


「そういう冗談は、佐々木の前ではやめてね・・・めんどくさいから・・・」

僕はそう言って高崎くんを制す。


「あ、君たちやっぱりそういう関係なの??」

佐々木を目を輝かせて聞いてきた。

ほら・・・めんどくさくなった。


「はい!そういう関係というかこれから関係というか!」

高崎くんは、笑顔で佐々木にそう答えた。


「ついに、佐鳥にも春が来たか!うんうん!いいと思うよ!佐鳥はなかなかいいやつだ!僕が保証するよ!」

テレビによく出ている佐々木は眩しい笑顔でそう答えた。


「ですよね!私もそうじゃないかって思ってたんです!!」

高崎くんも眩しい笑顔でそう言った。


「君たちね・・・業務中にそういう冗談はやめた方がいいよ・・・?」

僕は二人に向かってそう言った。


「なに言ってるんだ、仕事中にもユーモアは必要だぞ!そこから出てくるアイデアに価値があるんだよ!」

佐々木はふざけつつも現代的なメディアアートの研究者らしいことを言った。


「そうですよ!だいたい警察は恋愛禁止じゃありませんよ!アイドルじゃないですし!」

高崎くんは笑って言った。


「あ、そうか恋愛禁止のアイドルがおじさんと同じストラップをつけていることが問題なのか!」

そこでやっと佐々木はことの重大さに気が付いたようだった。そう、今回の事件はアイドルのきらりちゃんがファンを裏切ったとして襲われそうになったというものだ。


「やっと気が付いたか・・・」

僕は呆れながら佐々木にいう。そう、それが全ての原因なのだ。


「うーん、そうか」

佐々木はそう言って、少し考え事をして、口を開いた。


「ところで、瞳の中を拡大したところで、顔ならまだしもストラップまで見えるのかな?」

佐々木は現状のスマホの解像度から計算してたどり着いたであろう疑問を口にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます