第14話 心の仮面編(1)

ジュンペイは、結局この日、一滴も体にアルコールを入れずに家に帰った。彼が家のドアを開け玄関に入ると、ユキが二日酔いに効果のあるドリンクを手渡してくれた。



「いゃ~、すっかり出来上がっちゃったよ。助かるわ。ユキ、ありがとな!」



ジュンペイの心は動揺どうようし、体の中がアルコールフリーだということをすっかり忘れてしまっている。ユキが彼をこばんだ日以来、なんとなく、家の中には重たい空気がただよっていた。



「先にお風呂に入る?」



ユキは明るい口調で言った。



「そうだね、酔って頭がボ~っとするから、軽くシャワーだけでも浴びようかな」



どういうわけか、ジュンペイの顔が少し赤く火照ほてっている。



「ごめん。酔っぱらってるのに、湯船につかるのは危ないよね」



「別にあやまることじゃないだろ。あがったら、録画しておいたドラマでも見ようぜ」



ジュンペイは、優しい口調で言った。



「うん、そうだね!」



二人は、心に仮面を被っているような感覚を覚えていた。




それから二ヶ月程が経ち、お互いに態度には出さないが、その事が逆にみぞを深めていくことになった。



「行ってらっしゃい! 気をつけてね」



「おう、行ってきます!」



ドアを閉めた後、ジュンペイは深いタメ息をつき、会社へと向かった。



出勤すると、会社では周りの人に迷惑かけられないと、明るく振る舞っていた。彼はパソコンを起動し、キーボードを打ち始めた。少し離れた席に座るヤナセの耳には、ジュンペイの打つキーボードの音から、数ヶ月前のような軽快けいかいなリズムには聴こえていなかった。



お昼時になり、ヤナセはジュンペイを昼食に誘おうと、席を立った。彼の近くまで来たところで、オフィスの中に不穏ふおんな空気が流れた。



「タカオカさん! あなたやる気あるの!

ちゃんと指示したとおりのことやってちょうだい!」



怒鳴り声が聞こえ、オフィスにいる人全員が、声のする方に視線を向けた。



「申し訳ございません! すぐに作成し直してきます」



アヤは頭を下げ、作成した資料を持ち、自分の席へと戻った。



「タカオカさん、厄介やっかいな人に目つけられちまったな」



ヤナセは、ジュンペイに向かって心配そうな口調で言った。



「タカオカさんは、ミスなく迅速じんそくに、しっかり仕事しているんですよ」



ジュンペイは、怒りを押し殺すようにヤナセに返した。



「おつぼねさん、じゃなくてシバタの野郎、最近タカオカさんに対して、陰でも色々と嫌がらせみたいなことしているらしいな」



ヤナセが言う。



「アイツのせいで、今までに何人の女性従業員が辞めていったと思っているんですか」



ジュンペイが言う。



「あ~ムカつく」



コンビで言う。



シバタは席に戻り、パソコンに向かって資料を手直ししているアヤの横に立った。すると、椅子に座っているアヤを上から見下ろすように、腕組をしてにらみつけている。



「バカじゃないの!」



シバタは、吐き捨てるように言った。



「えっ?」



アヤは作業の手を止め、ひきつった表情でおそる恐るシバタの顔を見上げた。




















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます