第12話 風向きの変わる予感編(3)

「今から、好きになるきっかけになった出来事があり、そのことを話します。ただ、少し胡散臭うさんくさい話しだと思いますけど、ホントの事ですからね」



「恋のキッカケなんて、後になってみると胡散臭いもんだ。続き行こうぜ」



「夏休みが始まって、一週間ほど経った時だったと思います。その日、僕は友達と二人で遊んでいました。そして、タカオカさんでも誘うかって話しになり連絡を入れたら、『今から美容室で髪を切るところ』だと言われました。終わってから会おうということになったんですが、その美容室が近くにあるということで、友達と僕は、店の中で待たせてもらうことにしました」



「美容室からどう恋に発展するんだ?」



ヤナセは、髪を切った後、雰囲気が変わった姿を見てれてしまった。というたぐいの内容だと確信した。が、気付かないふりをし、その後が気になるふりをした。



「店の中に入ると、ちょうどタカオカさんはカットしてる最中でした。しばらくすると、一緒に待ってた友達が悪ふざけだと思うんですけど、窓の方を指さして『ここ、七階だよな? なっ、なんで…… ちっ、“チワワ”が、“チワワ”が飛んでる! って叫んだんです」



「面白い友達だな」



ヤナセはそう言いつつ、予想外の展開に話しが進んだことで、輝きが戻った。



「タカオカさんと僕は、その友達の性格をよく分かっていましたので、いつものあれかって感じで、気にもとめませんでした。ただ、美容師さんが反応しちゃいまして。窓の方に背を向けてカットしてたんですが、『タロマルなのか!?』って言うと、慌てて後ろを振り返ったんです」



「まさか」



「たぶんヤナセさんの思っている、その『まさか』が起こってしまったんです。学校じゅうの憧れだったタカオカアヤの、“ツルツルツヤツヤキューティクルストレートロングヘアー”を、あやまってバッサリと……」



「ホントか、そりゃあ大変なことだな」



「友人と僕は、その光景を目の当たりにし椅子いすから立ちあがると、ただ呆然ぼうぜんと立ち尽くしていることしか出来ませんでした。美容師さんは、凍りついた表情をし、鏡越しにタカオカさんの顔を見ていました」



「タカオカさんはどうなったんだ!?」



ヤナセは、事が今起こってしまったかのような口振りである。



「当のタカオカさんは、青ざめた顔をした美容師さんの方に振り向きました。そして、優しく笑顔で『ショートカットに変更してくれますか? 可愛くして下さいね』って、嫌な顔ひとつせずに言ったんです。ミスした美容師さんを責めることはしませんでした。その時、恋に落ちました」



「髪は女の命っていうしな。まして、当時高校生だろ。それで、そんな気遣いが出来るなんてな。その後はどうなったんだ?」



「その後は、今まで通り友達として接し、恋心は隠していました。でも、高校生の頃といえば、思春期真っ盛りですよね。本人や周りには気付かれたくないけど、少しでも格好良く見られたいと思いまして。タカオカさんが近くに居る時は、必ずズボンのポケットに手を入れて、『かったりぃ~』みたいな感じで振る舞っていました。それが精一杯でした」



「分かるぞ、その気持ち」



ヤナセは、豪快に笑いながらそう言うと、ジョッキに残ったビールを飲み干した。









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます