第7話 新婚生活編(3)

ジュンペイは、カミングアウトする時のような深刻そうな口調ではない。



「一度も無いっていうのは、“あれ”のことか?」



「はい。たぶん、“あれ”のことだと思います」



動揺どうようしたヤナセは、手に持っていた枝豆を皮ごと食べた。気付く様子なくみ続ける。



「……マズゥ、うわ皮! って、そんなことはどうでもいいんだ。それより……大丈夫なのか?」



「大丈夫なのかって、やっぱり、おかしなことだと思いますか?」



「いやっ、夫婦には色々な形があると思うから、おかしなことだとは思わないよ」



ヤナセは、この話題には深く切り込まず、ここで止めておこうとした。しかし……



「……あのよ、人のプライベートな事に口出しするのは、あまり望ましいことだとは思わないんだが。でもよ……気になるんだ! 気になってきかずにはいられないんだ! サクラギ、カミさんとは上手くいってるのか!?」



ヤナセは、ありったけの興味をジュンペイに投げ掛けた。



「まぁ、“あれ”は無いんですけど、楽しくやってますよ。でも、ヤナセさんは正直、変だと思いますか?」



ジュンペイは、ユキと出会ってからの約一年。“あれ”のことについては、疑問をいだきながらもずっと目をつぶってきた。しかし、改めてこの場でヤナセに問われると、彼は『変だと思いますか?』の一言に救いを求め、先輩に問いの答えを求めた。



「ちょっと待ってくれ。少し考える時間をくれ」



そう言うとヤナセは腕組みをし、目を閉じたっきり黙り込んでしまった。



「……ヤナセさん? これってもしかして、何回も再放送されている、あの人気アニメの再現ですか?」



ヤナセは集中している為か、ジュンペイの問いにも微動びどうだにしない。そして、客が一人帰り、ドアが閉まったと同時に彼は目を開いた。



「さっきも言ったと思うけど、夫婦の数だけ色々な形があると思うんだ。これはオレ個人の考え方だけど、例えばコンビニに買い物に行って、レジの横にある肉まんを注文したとする。そしたら店員のお兄さんが『肉まんですね」って答えるところを、『肉まんでござるな』って接客する。つまりそういうことだと思うんだ」



ジュンペイは、ヤナセが何を言いたいのかがよく分からなかった。ヤナセもまた、自分が何を言っているのかよく分からなかった。



「色々と心配してくれてありがとうございます。帰ったら、今日はめの姿勢でいこうかと思います」



「そうだよ! その意気いきだよ」



「ところで、ヤナセさんは結婚して今年で六年目でしたっけ? 奥さんとの“あれ”はどうなんですか?」



うちは、最近は御無沙汰ごぶさた気味だな。カミさんとは、付き合っている期間を含めたら十年以上になるからな。珍しいことではないんじゃないか」



「付き合っている時期、新婚の頃はどうだったんですか?」



「そりゃ~、もう、ヤナセざるさ」



ヤナセは恥ずかしげもなく真顔まがおで答えた。



今日の仕事帰りの一杯は、いつもよりも少しだけ深い話しとなった。



























  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます