第5話 新婚生活編(1)

二人が公園を後にしたあの日から、まもなく一年が経とうとしていた。ジュンペイは、ユキの明るい音色ねいろで目を覚ました。



ねむてぇ~、かったりぃ~」



ジュンペイは、ネガティブな姿勢で寝室から起きてくると、居間にあるダイニングテーブルの椅子へと腰掛けた。そして、ユキが朝食を運んでくるまでの間、コーヒーを飲みつつ、スポーツ新聞に目を通す。



「……今年も『マウンテンズ』の優勝は厳しいかな。四番の『アンダーソン』がしっかりしないからダメなんだよ。バットを短く持ちすぎなんだよな……」



なにやらジュンペイは、贔屓ひいきのチームに対し、監督気分でダメ出しをしているみたいである。素人しろうとに毛が生えたような知識で、険しい顔をしながらブツブツと口走っている。そうこうしていると、ユキの「出来たよ~」の言葉とともに、ジュンペイは新聞から目を離し、キッチンから朝食を運んでくる彼女のほうに目線を移した。



「……えっ?」



出来上がった料理の入ったお皿を持ち、こちらへ向かってくるユキの姿を見て、ジュンペイは強い違和感を感じた。



「えっ、アメリカ? えっ……くっ、『黒船くろふね』が来たぞぉ~!!」



ジョンペイは近づいてくる違和感を見て、思わずさけび声をあげた。



「ジョンちゃん、どうしたのいきなり? 舞台の稽古けいこでもしてるみたい」



ユキは不思議そうにジュンペイを見て、手に持った、料理の入ったお皿をダイニングテーブルの上に置いた。ジュンペイはメニューの中の一品、『目玉焼き』を凝視している。



「残りは今持ってくるね」



ユキはそう言うと、その場を離れようとした。



「ちょっと待て、この『目玉焼き』何があったんだ?」



「何があったって……何が?」



二人の『目玉焼き』に対する価値観が一致しない。



「いや、この『目玉焼き』の黄身に刺さってるのって、アメリカのはただよな。お子様ランチ? 普通は『目玉焼き』に添えたりはしないよな?」



「この旗のこと? だって、なんかさびしいでしょ」



「……なるほど! そういうことね」



ジュンペイは、ユキの言っていることが、なんとなく理解出来た。彼女が残りのメニューを持ってくると、二人は朝食を取った。



美味うまい!」



ジュンペイは、『目玉焼き』の件でユキが気分を害してしまったのではないかと心配になり、何か気のきいたことを言わなければとネタを探した。だが、何も思い浮かべることが出来ず、焦った彼は、ちょうどミルクを飲み終えた後に、何も考えずに口走った。



「ありがとう。って言っても、コップに|注そそ》いだだけだよ」



「それは違うぞ! たくさんある銘柄めいがらからこの一本を選んだ、ユキの目利めききに対しての『美味い』だよ」



ジュンペイは必死にごまかした。



その後、食事を終えると、ジュンペイは身支度みじたくをし、家を出て会社へと向かった。














  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます