神殺しのロンギヌス

作者 七四六明

27

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


ミーリが神様相手に闘う意味と意義。
それは、本編を通して見つけて欲しいです。

闘いを重ねて得るものと喪うもの、闘いを通して見えてくるもの。
どんな苦境でも決して諦めることのない彼の姿勢は見習いたいものです。

引き込まれ、迫力のある戦闘シーンや出逢いと別れを重ねて成長していく彼ら……ミーリ達の行く先がとても気になって仕方のない作品です。

★★★ Excellent!!!

神霊武装と呼ばれる武器で神と戦う少年少女たち。それぞれが悩み、不安、そして深刻な事情を持ちながら日夜神と戦っている……。
そんな時代で、皆に、神にも愛される少年、ミーリもパートナーと共に戦い続ける。
ただ、強くなるために。
強くなって、一人の女性を倒すために。

全くもってその戦闘、心理描写は秀逸としか言えない。
また、深い事情や想いをそれぞれのキャラクターが持ちながら、濃すぎず、ストーリーを邪魔してこないのにも好感を持てる。
主人公が俗に言うハーレム状態であるにも関わらず、全く不快感を抱かせないのは不思議であり、それもまた魅力のひとつだ。
正直カクヨムのなかでもっと評価を受けてよい一作であると思う。


最新話まで読ませてもらってます。
これからも、執筆頑張ってください!

★★ Very Good!!

まだ読み始めてばかりで、追いつけていないのですが、要所要所に用いられるフレーズがお気に入りのものばかりなので非常にうれしいですね。
異能ファンタジーとしての定石を踏まえてやってるなあと思いつつ、そうだよこれやりたかったよ!って思いながらワクワクして読めています。
これからも更新待ってます!

★★★ Excellent!!!

神が人を襲う世界。
人の姿と意思を持つ武器と共に神々と戦う英雄を育てる対神学園のエースであるミーリ・ウートガルドの物語。
個性的な神霊武装達がとても魅力的です。
共にいつもは飄々と日々を過ごし、時に勇壮に戦う。

神というのは祟るもので時に狂気と隣り合わせの存在。
畏れるべきな身近な存在。
そんなことを思い出します。
それに近付いた者もやはり狂気に近付く。
狂える神々と自分自身に主人公はどのような意思で立ち向かっていくのか?
今後も楽しみにしております。

私は神に会う準備はできている。私と会見するという厳しい試練への準備が神の側でできているかどうかは別問題だが。
ウィンストン・チャーチル

I am ready to meet my Maker. Whether my Maker is prepared for the great ordeal of meeting me is another matter.
Winston Churchill