第98話 レベルの問題

 朝7時起床!


 やっぱりそばに誰か好きな人が居ると思うと、落ち着いてよく眠れる。

 

 ミカはまだ眠っているようだ。

 本来なら俺は朝飯はパン一枚とかなんだけど、ミカが居るし、ちゃんとした朝ごはんにしよう。


 俺が朝ごはんを作っている最中、ミカはおそらく匂いで起きた。

 眠い目を可愛くこすりながら、俺の元へと来る。



「おはおー、あゆむー」

「おはよう。ミカ。もう少しでご飯ができるよ! 席についてまっててね」

「う~ん。わかった」


 

 今日の朝食は目玉焼きメイン。

 焼き方にもこだわった、目玉焼きだよ!

 俺はそれらを机に並べていく。



「じゃ、たべよう」

「うん、いただきます」



 まずミカが目玉焼きを食べる。

 その瞬間、目がカッと開かれてこう言った。



「おいしい!」

「でしょ?」

「うん、美味しすぎて目が覚めたわ。それと、もう一つその衝撃で思い出したことがあるの」

「なに?」

「おい、有夢め、私をよくも置いていってくれたな! 罰としてお肉一枚奪ってやるぅ」



 そう言ってミカは俺の薄切りお肉一枚を持って行ってしまった。


 

「ボクのお肉がーっ」

「ふーん、私はその何倍も悲しかったんだからね、このくらい辛抱してよね」

「うん。ごめんね」

「ホント…寂しかったんだから」



 そうしんみりした顔になった。でも、実際、ミカは俺が死んで、どのくらい悲しんだんだろう?

 反対の立場だったら、立ち直るのに2ヶ月はかかるかも。



「でも、ボク達、いまこうして一緒にいるじゃん」

「うんっ!」


 

 俺らは朝ごはんを食べ終わり、着替えたら、今後の話をすることにする。

 俺がこさえた服もよく似合っている。可愛いよミカ。



「ねぇ、ミカ。ミカって何レベ?」

「1なのよ、それが」

「え、本当に?」

「うん。アリムは181なんでしょ?」

「うーん、そこはイマイチなんだよね」

「どういうこと?」

「ステータスを最後にちゃんと確認したのが、大分前でね。その間にSランクモンスターを2体も倒してるから…」



 ミカは驚いた顔でいった。



「すごいレベルになってるんじゃない?」

「うん」

「どうやってそこまで?」


 

 俺はダンジョンを何周もしたことを教えた。



「……さすが、周りの男子からレベル上げの鬼って言われてただけあるわ…」

「だろ」

「ゲームだけじゃなくて勉強もしなさいっての」

「もうあまり勉強は必要ないよ? この世界」

「はぁ……」



 ミカは呆れた顔でこう続けた。



「でもね、私もこの世界で生きてくために、レベル上げなきゃいけないと思ってるの。ねぇ、アリム、レベル上げ手伝って?」

「うん、いいよ。丁度つい最近ダンジョン見つけたからね」

「やった! ありがとう。でもその前に冒険者登録しなくちゃね」



 俺は腕を組み、その考えを否定した。



「いや、Xランクはパーティを組めないから、ボクとパーティ組めないよ? 2年後まで」

「え、でも試験を受ければFランクになれるんでしょ?」

「うん、でもレベル15は超えてないと、あの試験、中々難しいと思うよ」

「えっ…どうしよ」



 ミカは困っているようだ。だが、俺には考えがある。



「ボク、いい考えあるんだ」

「へぇ、どんなの?」

「僕が魔物をギリギリまで弱めて、ミカがとどめを刺す。するとミカに経験値がはいる」

「なかなかメジャーなやり方ね」

「うん、そうだよ。さぁ、ミカ。早速行こうか」

「ダンジョンに?」



 残念ながらダンジョンではない。

 ダンジョンはサクサク進めたいから、その前に他の場所でレベル上げするのだ。



「違うよ。いい場所があるんだ」

「さすがアリムね。レベル上げの鬼」

「うん、だから一旦、この中に入って?」



 俺はマジックルームを取り出した。



「なんで?」

「マジックルームってわかる?」

「うん、まぁ」

「マジックルームに入った状態だと、マジックポーチで生きた生物を持ち運びできるんだ」

「え、大丈夫なの? なんでそんなことわかるの?」



 まぁ、ミカの質問はもっともだ。

 だが、俺はアレだぞ。



「ほら、ボク、アイテムマスターあるし」

「……そうね。なんでもありね、それ」

 



 そう言って、ミカはマジックルームの中に入った。

 さてと、魔の海峡に行って、Aランク魔物でも倒しますか。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます