第83話 フィストアイアン

 私は二人から色んなことを教えてもらった。冒険者のことや魔物のこと、王都のこと、その他様々な基本知識を教えて貰った。

 どうやら、この世界で暮らしていくには冒険者になるのが一番。そう、私は判断した。



「ありがとうございます、えーっと…」

「あぁっ!? 名乗るのがまだだったかぁっ! オレは ラハンド っつー者ダゼェっ! オレら冒険者パーティ、[フィストアイアン]のリーダー兼こいつらの親代わりだっ! よろしくなっ」

「俺はゴッグ。今料理してるのが、双子の妹のマーゴさ、よろしくね。ミカちゃん」

「よろしくお願いします。ラハンドさん、ゴッグさん」

「おうヨォォっ!」



 本当にいい人達と出会えた。ここ3日間で一番運がいい。

 この世界で生きていける確率がぐーーんと上がったよ。

 ところで、この人達は何しにこの森にいるのだろう? 聞いてみた。



「あぁ、それはな、調査だよ、調査。この森に、国が道を通す予定なんだが…ほら、魔物がわんさか居るだろう? 1週間でどのくらいの魔物と遭遇するかの調査さぁ」



 調査か。国からの仕事だよね。大変そう。それほど、この人達は実力があるんだろうけどね。

 さっきの話では…Aランクだったっけ。


 そうだ、私はどうしたらいいんだろう?

 このままついていっていいのかな?



「そうなんですか。あの……私はどうしたら…」

「ミカはよぉぅ、とりあえずはオレらと一緒に居ろよぉっ! 一人でいたら死んじまう。あと4日間、この調査につきあってくれよな。王都に着いてから、これからのことを考えようぜ」

「はい、 ありがとうございます」


 

 王都にも連れてってくれるらしい。本当に助かる。感謝してもしきれないよ。

 


「ご飯ができたよっ」



 お昼ご飯ができたみたい。この世界に来てから初めてのまともな食事。美味しいといいなぁ。

 マーゴさんは、お皿にシチューのような物をよそって私に手渡してくれた。



「召し上がれ、ミカちゃん」

「頂きます、マーゴさん」



 そのシチューのような物を一口すする。

 美味しい。本当に美味しい。

 まともに食事ができるのが、こんなに幸せだなんて思ってもみなかった。



「美味しいです! とっても」

「そう? エヘヘヘヘ、もっと褒めて褒めて? ラハンドさんはどう?」

「あぁ、うまいぜ。相変わらずな」

「そう! じゃあ私と結婚s…」

「いや、だからしねぇっての」

「ふぇぇぇぇん……」



 なるほど、マーゴちゃんはラハンドさんに恋してるのね。

 まぁ、ラハンドさん、自分が親代わりだとか言ってたし、そのつもりはないんじゃないのかな。

 

 私はすぐに、ごちそうされたシチューとパンを食べ終わってしまった。



「おいしかったです! ごちそうさまでした。マーゴさん」

「うんうん、おいしいって一言が一番だよぉ~、お兄ちゃんはどう?」

「うまいよ、いつもどうり」

「そう、よかったっ」

 


 全員食べ終わった後、調査をラハンドさん達は再開した。

 私は一緒についていく。


 歩きながらマーゴちゃんは、私に弓の扱いを教えてくれた。

 この世界の弓は普通に矢で打つこともできるらしいんだけど、MPを矢の代わりにして放つこともできるんだって! エンチャント…とか言ってたっけ?

 

 マーゴちゃんは私に、一個弓をくれた。

 誕生日に新しい弓をラハンドさんに買ってもらったから、前に使ってたのをくれたんだ。


 ……しばらく、MPを切らさないように気をつけながら練習してたら、頭の中に突然メッセージが送られてきた。



【SK1 「弓技★」の段階が一段階すすみました】



 おおっ! やったぁー! 

 私はそのことをマーゴちゃんに伝える。



「えっ! 上がったのやったね!」

「はい!」

「でも、そろそろMPが危ないでしょ? MP切れると力抜けちゃうから気をつけてね?」

「はい、程々にしておきます」



 次に道中、ゴッグ君から魔法について教わった。この世界の魔法は、属性+技の名前 が魔法の中心らしい。例えば、私がいまできるのはウォーターボールと、ファイヤーボール。そしてその次の段階がエミッション、キャノン、そして最後にマーチレスなんだって。

 あとは回復魔法や補助魔法だったり、スキル固有の魔法だったりするんのだとか。


 あと、魔法使いは普通、杖が主な持ち物らしいんだけど、ゴッグさんは横笛。

 これで魔法の威力を高めてるんだって。



 しばらくまた、森の中を歩いて行くと、あの

顔がある木の魔物と遭遇。

 私はあの木に叩かれて痛い思いをしている。

 だから、とっさに構えちゃう。


 そのようすをみて、マーゴちゃんは微笑みながらこう言った。



「あははは、そんなに構える必要ないよ? ミカちゃん。 あの魔物はトレント。ランクDの魔物だよっ、ラハンドさんだと、あの程度の魔物は瞬殺なんだから、見てて見てて!」



 そう言われたので私はラハンドさんを見る。

 少しあのトレントはトラウマになりつつあるんだけど……Dランク、下から3番目のランク。


 私、こんなのに怯えてて、やっていけるかな?


 ラハンドさんはトレントに近づいていく。

 でもあの人、剣も弓も、杖もない。

 メリケンサックみたいなのしてるから、多分、拳で戦うのかな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます