第82話 スキンヘッド

 

 「______嬢ちゃん_____おい______」



 誰かが私を呼ぶ声がする。

 誰だろう。眠らせて欲しいな、このまま。

 身体を揺すぶらされている感覚がある。



「おい______嬢ちゃん_____起きろ_____」



 わかった、わかったわよ。

 起きればいいんでしょ?

 起きれば……。


 私は重い瞼をこじ開ける。



「うわぁ…よかったぁ…」

「一体、どうなる事かと…」

「おい、嬢ちゃん、わかるか? 意識はあるか?」



 そうだ、私、死にかけてたんだった。危ない危ない。

 目の前にいるのは…地球にいた時の私と同い年位の、男の子と女の子と………厳つい顔をした、顔に刺青がある、スキンヘッドのおじさん。

 完全に危ないタイプのやつ…。


 私は悲鳴の一つでもあげたかったが、身体が思うように動かない。それに、どうやら私を助けてくれたみたいだし、悲鳴あげたら失礼だよね。

 

 なんとか首だけ動かせたので、首を縦に振ってみた。頭がズキズキする。我慢しないと吐きそうなくらい吐き気も酷い。



「あからさまに調子悪そうだよな……。なぁ、嬢ちゃん、まさかこの辺りの木の葉っぱとか食ってねぇよな?」

「え? まさか…あれ、毒よ?」

「でも、ここら辺にはそれぐらいしか口に入れれそうな物はないよね。多分、食べちゃったんじゃないかな、荷物も何もないみたいだし」



 あの葉っぱ毒だったのね。道理で。

 それでも、口に入れれるものはあれぐらいしかないって…最悪の森じゃない。


 私は食べたことを伝えるために、再度、首を縦に振った。



「あぁっ! やっぱり食べちゃったのね!」

「ラハンドさん、毒消し薬ある?」

「あるに決まってるじゃねぇか。冒険者は絶対持ってるっての。おら嬢ちゃん、口を開けな」



 毒消し…私は言葉に従い、口を開けた。

 その口から、歪な形のフラスコに入っている液体を流しこまれる。

 少し身体が楽になったよ。少しだけ。



「ありゃ? あんまし聞いてないっぽいぜ?」

「………大量に摂取したのかも。もう1~2本飲ませてみよう」

「そ、そうだね。私は、温かいお湯を用意するね」



 私の口に、さらに2本分の解毒薬が流しこまれる。

 なんということだろうか。さっきまでの症状、全てが嘘みたいだ。

 私は上半身を起こし、御礼を言った。



「………ありがとうございます。おかげで楽になりました」

「そうか、そうか、よかったなぁ…」

「ほっ…」

「はい、温かいスープだよ! これ飲んで一旦落ち着いてね!」


 

 私は女の子からコップを受け取り、スープをすする。美味しい。温かい…。あぁ、涙が出そう。



「ありがとうございます……」

「おい嬢ちゃん、起きてすぐで悪いんだが、色々聞きたいことが有る。いいか?」

「はい」


 

 まぁ、当然か。森の中で人が倒れてるなんて、滅多にない状況だもんね。

 冒険者って、言ってたし、なにかの調査とか、お宝ハンティングにこの森に来たのかも。

 ラハンドと呼ばれていた、スキンヘッドの、見た目によらず親切なおじさん……いや、まだおじさんって歳でもなさそうな人の、質問に答えることにした。



「まず……嬢ちゃん、名前は?」

「私は……ミカっていいます」

「そうか、歳は?」

「12歳です」

「親はどうしたんだ?」



 この手の質問には、記憶をなくしたみたいに答えるしかないよね。

 まさか、地球からだなんて言えないし。



「…………わかりません」

「じゃあ、どっから来た?」

「…………わかりません」

「ここがどこかわかるか?」

「…………わかりません」

「……そうか、覚えてることはどこまでだ?」



 とりあえず、この世界に来てからあったこと話せばいいかな?



「……突然、森の中に居て…魔物から逃げて…気分悪くなって…倒れて…」

「で、俺らと出会った…と」

「はい」

「そうか………」



 ここで少し黙ってから、すこし聞き辛いことを聞くような顔になった。



「嬢ちゃん……本当は……失礼かもしれねぇが、今は致し方ねぇ、ステータス……レベルを教えてくれ」

「失礼……ですか?」

「ん…あぁ、そのことも忘れてるのか? こりゃ大変だなぁ…冒険者とか、スキルとかはわかるか?」

「スキルはわかりますが、冒険者はわかんないです」

「こりゃ、ステータスで確認できるものしかわからないってみていいな。で、レベルは?」

「1です…」



 そう言うと、彼ら3人は驚愕の顔で固まっていた。そして、可愛いらしい女の子がこう言う。



「ねぇ? ミカちゃん。ここがどんなところかわかる?」

「いえ…」

「ここはね? DランクからAランクの魔物までウヨウヨいる森なんだよ? レベル1なんかで入ったら、まず………」



 そういって、言葉を止めた。次は若干童顔の、可愛い顔の男の子が話す。



「本当に、よくここまで生き延びたね」

「はい、必死に魔物から逃げましたから」



 そこまで言ったあと、私のお腹がなってしまった……。うぅ、恥ずかしいょ…。

 ラハンドとかいうスキンヘッドがこう言った。



「…はっはっはっはっはっ…!! いやいや、嬢ちゃんアレだもんな、葉っぱしか今まで食べて無いんだもんな、そりゃぁ腹も減るってもんだよナァァァァっ! おい、マーゴ、昼飯だ、昼飯を作ってくれ! 食料、この娘の分もあるか?」

「うん! あるよ! 多めに持ってきたからね」

「じゃあ、頼んだゼェェっ!」

「うん!


 

 ご飯ご馳走になることになっちゃった。ありがたいよ。

 それまで、男二人が冒険者とか魔物とかの説明をしてくれるみたい。

 お言葉に甘えよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます