第39話 宴


 村の中央かまのどかなはずただった村ではなく、完全にお祭りモード。

 沢山の料理と村の人々の活気で村が満ち溢れている。



「あぁっ!英雄様たちだぁ~~!」



 その子供の声を合図に、村からは



「英雄様っ~!」

「ありがとうございます、ありがとうございます」

「いんやー、すごいべ」

「きゃー!アリムちゃん可愛い!」



 様々な歓声が聞こえてきた。



「皆の衆! しずかにするのじゃ!」



 そんなジーゼフさんの一声でその歓声はおさまった。

 おさまったのを確認すると、ジーゼフさんは話し始める。



「ルイン殿、オルゴ殿、リロ殿、ミュリ殿……そしてアリムちゃん。この村を、命懸けで救ってくださり、本当にありがとうございましたっ!」

「「「「ありがとうございました!」」」」



 村人全員からの……感謝。

 ルインさんはにっこり笑い、オルゴさんは照れくさそうにし、リロさん、ミュリさんは微笑んでいる。助けた甲斐があるってものなのだろう。



「ふむ……こういうのも、また良いものですな」

「うっはwwwテラ賑やかwww」



 と、商人さんと御者さんは言う。

 そして、ガーベラさんが一声をあげる。



「さぁ、皆で宴を楽しみましょう!」



 それを合図に宴がはじまる。みーんな、飲めや歌えの大騒ぎ。

 酒を飲み、料理を食べ、踊りを踊り歌を歌う。

 途中、商人さんによる、灰騎犬解体ショーや御者さんによる1発芸もあった。


 俺のところには村の子供たちが集まる。



「明日っ……行っちゃうんでしょ?」

「その髪飾りつけたアリムちゃんかわいー!」

「また、いつでも村にこいよな!」

「竹とんぼ、ありがとー!」



と口々に言ってくる。俺は天使の微笑みで、



「またねっ、皆っ!」



といってみる。

 あれ、男子、みんなホッペ赤いぞ? どうしたんだ、男子そろって風邪か?


 そんな子供達はよそに、俺はふと、ジーゼフさんの方を見ると、なにやら商人さんと話し込み、オロオロしていた。どうしたんだろうか。



「あ……アリムちゃんかね。実はな、いま商人さんと金銭的な話をしていてな。まぁ、いつもどうりの村の取引の方はなんら問題ないんじゃが、宴用の肉が足りなくてのぅ……。買いたいんじゃが、いま、在庫がないと……」



 しょーがねーなー。

 俺の秘蔵の、小ドラゴンの肉、もといチャイルドラゴンの肉を分けてやるか。

 そのことを話すと、



「え?手持ちにアリムちゃんは肉があると……?いいのかのぅ……悪いのぅ」



 と村長は申し訳なさそうに言った。

 俺はポーチから8~10匹分のチャイルドラゴンの肉を取り出す。

 それに反応したのが商人さん。



「チャイルドラゴンの肉っ!? なんであんなに。あれだけで50000ベルだ!」




 とか言ってたけど気にしない。ついでに真・料理を持っている俺が調理してやるよ。

 この肉を全て使って「ローストドラゴン」をつくる。さぁ、みんなの感想は?




「プリティーなおにゃの子の手料理wwwテラ嬉しすwww…………いや、いくらなんでも美味すぎだろ、ワロエナイ」

「これは……!? お肉の焼き加減とソースの旨味がなんたらかんたら……」

「うめぇ、うめぇよこれ……なんだよ……」

「王様にお仕えする料理長の料理と同じ味がするっ!……グレートポーションといい、あのマジックバックといい、あの娘は本当に何者……?」「アリムちゃん………君は……一体?」



 ルインさん、商人さんが俺のこと怪しがっている。さっきまでふざけてた、御者さんまで、なんか言ってる。

 うーん、また調子のっちゃったかな?

まぁ、明日にはここには居ないし、いいよね?別にさ。


 しばらく、こうして楽しんでるとガーベラさんに呼ばれた。倉庫らしき小屋の前に。



「料理、この世のものとは思えないほど美味しかったわ。アリムちゃん、貴女、本当に何者なのかしらね」

「わかん…ないです」

「いいえ、貴女はアリムよ。アリムちゃん。アリムちゃんはアリムちゃんなの。……って、そんな話しをしに呼んだんじゃなくてね?薬草よ、薬草。そのバック、無限に入るんだったら、村の薬草は全部持って行って構わないわ」

「……! え、全部…ですか?村の分は?」



 そんなに渡しちゃって、大丈夫なのだろうか?



「大丈夫、グレートポーションを普通の水3滴ぐらい垂らすだけで、それはポーションになるの。

つまり、貴女がくれたグレートポーションでここにある薬草よりもポーションを作ることができるのよ?だから、きにしないで?」

「はい……わかりました。頂きます」



 ポーチで小屋の中の全ての薬草を一瞬で吸い込んだ。



「ありがとうございますっ!」

「さぁ、宴に戻りましょうか」

「はい」



  ガーベラさんが倉庫から出ようとする。

 俺はこの瞬間にSの全てを集約させて、2本のグレートポーションをガーベラさんにわからない一瞬のあいだに倉庫に置いた。

 『つかってください』と書き置きを残して。


 ……この日、真夜中まで宴は続いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます